--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.04 MacbookでHDMI出力
最近、メインマシンをWindowsからMacに変更しました。
(とはいえ、MacにはしっかりWindowsがBootCampで入っていますが・・・・)

今回はMacbookPro(ノート)を購入したので、これまで使用していた液晶ディスプレイが余ってしまいました。
そこで、デュアルモニタにすべく、
[1]D-Sub
[2]DVI
[3]HDMI
でドレで接続しようかと悩み、今回はHDMIで接続しようと決めました。
理由は、最近はモニターでもHDMIがついているものが多いのと、
「テレビにつなげる」という点で、HDMIにしてみました。

で、Macには「ミニディスプレイポート」という端子があり、そこから変換しないとApple系のモニターには接続できないので、別途変換ケーブルが必要になります。

今回購入したのはコチラ
admdpmhf_img.jpg

aavara社製の「ミニDisplayPort to HDMI 変換ケーブル」という用途がスグわかる商品名のものです。

対応は
MacBook Pro
MacBook Air
Mac Mini
iMac
Mac Pro
と各種対応していますが、注意点が一つ。
この製品自体が新しくなっているようで、新型は音声出力に対応しているという点です。
ワタシの場合は今回はPCのモニタに接続するので特に必須ではありませんが、
テレビに出力する際にはやはり音声出力があった方がいいです。
しかも、型番等では見分けがつきにくいので、購入時には注意が必要です。
型番、製品の見た目(マークの有無)等がありますが、
ワタシはパッケージのマークをみて購入しました。
aaafdfd.jpg
(上記写真の赤いシール)

あとは、モチロン別途HDMIケーブルが必要なのですが、意外な事実に気がつきました。
AppleからHDMIケーブルが発売されているのです。
(AppleからMiniDisplayPortから変換するアダプタは無いのに・・・)
それはいいとして、価格が安いのです。
Appleから出ているのは1.8mのものだけなのですが、一般の製品より500円ぐらい安いのです。
しかも、見た目的にはApple製品のクオリティ。
購入しようとしたのですが、残念ながら在庫切れ。
また、探して購入しようと思います。

最後になりますが、BootCamp上のWindows7でもちゃんとHDMI出力できました。
スポンサーサイト
2010.09.11 REGZA 42Z8000 HDD交換
さて、我が家の「REGZA 42Z8000」も購入して1年が経とうとしています。

そんな中、今年の「猛暑」
REGZAの最大(?)の特徴である「外付けHDD」がエライことになってました。

「触れないぐらい暑くなっていました・・・・」

問題点は次の3点かと考えています。
・FANナシのHDDケースを使っていた
・HDDは7,200回転モデル
・REGZAの上部(棚)に設置していた。

今回気づいたのですが、REGZA本体も結構暑いんですね・・。
REGZAから出る「熱気」がHDDをさらに熱くしていた模様。

まだ、なんとか認識していますが、時々HDDが認識しなくなります。
とりあえず、HDDを交換しなければ・・・。

2010.08.13 目の疲れ、眼精疲労にiSee360
ワタシは仕事で常にパソコンの前に居ます。
加えて、プライベートでもiPhone, iPad等を使っているので、
「起きている時間の8割ぐらいは画面を見ている」と言っても過言ではありません。

最近、目の疲れからか、肩こり、頭痛に悩まされています。

そこでおススメなのが
花王から発売されている、蒸気で目を温める「めぐりズム蒸気でホットアイマスク」
eye_mask.jpg
コレは非常によくできています。

ココ1年ぐらいは週に1~2度ぐらいの割合で寝る前につけてそのまま寝ています。
内容的には「目につけるカイロ」で10~15分ぐらい「じわ~~~~」と暖かく、
使用後は目の周りに汗をかくぐらいで気持ちいいです。
翌日はかなり調子がいいので、ホントに効果大ですね。

ただ、毎日使うにはチョット高い・・。

なので、思い切ってコレを買ってみました。
eyem-03.jpg

breoというメーカーの「iSee 360」という製品です。
同じような製品でOSIM社製 iCare 200という製品もあったのですが、
機能的には似たようなもの(でもOSIM製がオリジナルっぽい??)だったので、
価格が安かったコチラにしました。
(比較時はiSee360は10,000円ぐらい、iCare 200は15,000円ぐらい)
iSee 360とiCare 200の比較ですが、
■iSee 360の方が良い点
 ・価格が安い
 ・見た目がカッコいい
 ・絶対に使わない(笑)ヒーリングミュージック機能付き??
■iCare 200
 ・固定するベルトが高価そう
 ・オリジナルっぽい(完全に主観)
というトコロでしょうか??

iSee360は
・加圧(エア)
・振動(バイブ)
・温熱
という3つの機能を組み合わせて目をマッサージしてくれます。

見た目的には、「ヘッドマウントディスプレイ」みたいですね・・・。
外での使用はチョット気がひけマス。

さて、実際に使ってみてですが、
・加圧:イタイぐらいの力加減です。思ったより気持ちいいです
・振動:あまり意味がなさそう・・
・温熱:チョット温度が低いカモ??
ということで、個人的にはメインの「温熱」がチョット弱いです。
できれば、めぐりズムぐらいのパフォーマンスは欲しかったのですが、
「ほんのり温か」ぐらいでしたので、チョット残念。

あと、サイズ的には「写真で見た目より大きい」と思ってもらえればOKです。
コードもエアーが通るのでかなり太め。
普段持ち歩くのはチョットつらいでしょう。
動作音は、加圧(エアー)を使わなければほとんどしません。
(振動は携帯のバイブと同じような音量)
動作は単三電池4本なので、eneloop等が使えて経済的です。

最後にイケてないところを既出も含めて。
・説明書:英語なので分からない・・・(まぁ、慣れれば感覚で使えますが)
・温熱が弱い
・携帯にはチョット大きい
・動作中は写真のように前面のLEDが光るのですが、自分では見えないので不要

まぁ、こんな感じですので
普段:iSee 360
疲れたとき:めぐりズム蒸気でホットアイマスク
と併用するのがよさそうです・・・。

できれば、温熱のみでコンパクト、廉価のものが出てくれるといいのですが・・。
(恐らく、サイズの大半は加圧のためのメカが詰まってそうなので・・)

是非、お試しアレ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。