--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.28 Targus ウルトラ ミニマウス
以前、Logicoolのマウスをご紹介しましたが、あれは自宅用で、とても外では使えません(大きすぎて) 外で現在使っているマウスは「Targus ウルトラ ミニマウス」です。 「ウルトラミニ」の名のごとく、本当に小さいです。 以前、メーカーなどは忘れましたが「世界一小さいマウス」という商品名のマウスがありましたが、それと同じぐらいの大きさです。 しかも、光学式。 ワタシがこのマウスを選んだ理由は、 ①小さい ②コードが巻き取り式である ③スクロールホイールが「クリクリ」している です。 ③はチョット微妙な表現ですが、ワタシの中でマウス選びの大きなポイントです。 スクロールホイールは、製品によっては何の抵抗もなくスルスル回るものもありますが、アレではどうも使いづらくて・・・。 やはり、クリクリ(グリグリ)感は必須です。 前に書きましたがLogicoolのあのマウスの小さいのが出るまでは、この系統で頑張ります。 011400000103.jpg
スポンサーサイト
2006.02.27 ステキなHP作れます
最近、すっかりHPといえば「ブログ」というほどブログが定着してきましたね。 しかし、まだまだHPを作りたい方は多いかと思います。 しかし、「カンタンにできるHP」みたいな本などは世の中にたくさんありますが、実は意外と難しかったりします。 また、「HP作成ソフト」も数ありますが、ワタシ的には、いまひとつ「カッコよくない」サイトしか作れません。 そこで、オススメなのが、デジタルステージ「ID for WebLife」というソフトです。 コレも、HP作成ソフトなのですが、FLASHをふんだんに使ったコンテンツがカンタンに(普通のページなら日本語(HPの内容)を打ち込むだけ)作成することができます。 写真集なども、ブログではありえないほどにカッコいいサイトがカンタンに作れます。 一度、メーカーサイトをのぞいて見れば、「カッコよさ」がお分かりかと。 ID.jpg
2006.02.26 ノートPCオススメソフト
ワタシは、いろんなソフトをインストールします。
それで、皆さんもご経験のとおり、Windowsが駄々をこねて動かなくなります。
それで、再度最初からすべてインストールするのですが、定番ソフトのインストールにはいつも苦労します。
第1に、ソフトのインストールに時間がかかる。
第2に、ソフトがどこにあるかわからない。

なので、今は「(株)アーク情報システム CD革命Virtual」シリーズを利用しています。

コレは、CDをHDDドライブ内に「イメージ」として保存でき、「仮想ドライブ」(実際には接続されている訳ではないが、仮想に通常のドライブのように表示されるドライブ)にて再生できるようになるソフトウェアです。



ワタシは、これで定番ソフトは片っ端からイメージ化しておき、ここからインストールをしています。

メリットは、
①早い:CDドライブより明らかに短時間にインストールできます。
②HDD上に整理して保存していますので、いつでもカンタンに取り出せます。

また、USBのHDDにすべてのソフトを持ち歩けますので、外出先で急に必要になった場合(たとえば、ヘルプファイルや年賀状ソフトの素材集など)も、スグにインストールできます。

この便利さは、一度使うと病みつきです。

cdv9pro.jpg

2006.02.25 道に迷ったら??
最近は、ケータイでもナビができる機種が多くなってきました。
 しかし、まだまだ検索機能、地図などに不満があります。 そこで、ワタシが昔から利用しているのは「アルプス社のプロアトラスシリーズ」です。
最新バージョンは、「プロアトラスSV2」で、従来バージョンから検索機能等が拡張されています。 また、前バージョン(プロアトラスSV)から地図がビットマップからベクターに変わり、HDDにインストールする際の容量も大幅にダウンしています。 (前バージョンでは、フルインストールで約9GB
だったのが、今バージョンでは7GBほどになっています)

何がオススメかというと、やはり「地図がキレイ」というのが最大のポイントです。 また、住所でピンポイント検索ができますので、初めてのところに行く際には、かなり活用できます。
ワタシも、客先へ訪問する際にはこの地図の画像をPDAに取り込んで迷わず行くことができます。 旅行の際にも最近はナビを購入したので出番は少ないですが、市販の地図だと自宅から遠いところはかなり大きい(尺度が大きい)地図しかない場合が多いので、詳細部分はプリントして持参していました。 距離や時間なども、概算ですが出すことができます。 難点は、このバージョンからベクター方式に地図が変わり、非常にソフトが重くなってしまっています。 少しぐらいの容量は気にしないので、全バージョンにスピードになることを次バージョンに期待です。
モバイルノートをお持ちの方、どうでしょう??

 atlus.jpg
2006.02.24 耳よりなはなし
iPod, PSP, ノートパソコン等があり、どこでも音楽が聴ける環境があります。
それぞれ、付属のヘッドフォンなどがありますが、コレまたどうもダメ・・・。 そこで、ヘッドフォンを新調することにしました。
今回選んだ製品は、オーディオテクニカ製の「ATH-EM7」という耳かけ式のヘッドフォンです。 いい点としては、 ①見た目(アルミがカッコいい!!) ②布巻式のコードになっていて、丈夫&からみにくい ③標準のコードが短く、延長コードつき  コレが意外と重要で、iPodなどのリモコンつきのオーディオで使う場合には標準のコードで使い、PSPやパソコンなど直接本体に接続するタイプのものには延長コードをプラスして使うことで、無駄なく利用できます。 肝心の音質としては、非常にクリアな音質で期待以上です。 高音から低音まで非常にソースに忠実といったイメージでしょうか? あとは、付属のポーチが意外に使えます。 難点としては、耳かけ式としては標準なのでしょうが、ややフィット感が薄い(圧着力)ぐらいでしょうか? コレは、どの耳かけ式のヘッドフォンでも共通ですが、ワタシ的には、もうチョットぴったり感が欲しいところです。 ヘッドフォンとしてはやや効果な部類に入りますが、非常に満足感の高い商品でした。
東芝製ポータブルDVDプレイヤーがなんと398円!!

詳しくみてみると、サイトに登録した人で、「抽選」のようですが、チャンスはあります。

とりあえず、申し込んでみました。

また、当選したらブログでレポートします。



2006.02.22 Sony USBスピーカー SRS-T10PC
Sony USBスピーカー SRS-T10PC
ソニーのUSB接続スピーカーです。
 ワタシは、客先でプレゼンすることが多かったのですが、その際に音声付きファイルを再生することが多くなってきました。 ノートPC内蔵のスピーカーでは、さすがにプレゼンでは使えないので、外部接続のスピーカーを探すことにしました。 スピーカーも、数百円のものから数万円のものまで非常にランナップが広いのですが、今回はモバイル性にこだわって探してみました。 この製品は、USB接続のみで、電源もUSBから供給されますので、本体のみを持ち歩けばOKで非常に快適です。 また、USBケーブルも本体裏側に収納できるようになっており、「さすがにソニー」という感じです。 肝心の音質はそこそこというところで、特に不満はありません。 実売、5,000円程度での性能としては、まずまずというところでしょう。 出張時などは、パソコンに映画などを取り込んでおき、このスピーカーと組み合わせて余暇を活用しています。 A4サイズ以上などのPCでは、スピーカーにもこだわったものがありますが、それ以外のノートPCでは映画などは見れたものではありません。 あとは、本体デザインが秀逸で、所有欲もバッチリ満足させてくれます。 色も、白、黒、紫と3種類ありパソコンとのコーディネートもバッチリです。 他のUSB接続スピーカーには無い「所有欲」を満たしてくれる逸品です。 SRS-T10PC_W.jpg
Louis Vuittonのシステム手帳 アジェンダMM です。

ワタシは、仕事のメモなどは昔から手帳です。
仕事の議事録など、正式な文書はパソコンで打つのですが、出先などどうしても手帳の出番は少なくありません。
スケジュール管理などは、パソコン、PDAにて行っているので、基本的にメモ帳で十分です。

しかし、手帳も凝りだすと様々なメーカーから色々な製品が出ており悩むこと数ヶ月・・。
ようやく、たどり着いたのが、この手帳です。

理由は、
1.丈夫である。
2.カッコイイ
の2点だけなのですが・・・。

ワタシは、以前からLouis Vuitton(モノグラム)の愛好者ではありますが、理由として
1.丈夫
2.汚れてもそれが「味」となる
3.価格が乱高下しない
というものがあります。
1.2については、様々な製品でもありますが、ヴィトン製品は値崩れが非常におきにくく、某オークションサイト等でも「ボロボロやん・・・」というカバンなどが未だに数万円するなど異常ともいえる状況です。

さて、実際のモノですが、中にはシステム手帳としての一通りのモノが入っております。
しかし、ココがまた難点!!
スケジュール帳部分などは毎年中身を入れ替えれるのですが、中身だけで10,000円ほどのビックプライス!!
まぁ、ワタシは中は市販の安いメモ帳しか使わないのですが・・・・。
さすがに、ヴィトン!!

まぁ、手帳などは実用性一辺倒でも良いのですが、タマには「贅沢」としてもいいのではないでしょうか??

20060216104051.jpeg

2006.02.20 モバイル用LANケーブル
モバイルシリーズ第2弾!! 今回は、LANケーブルです。 出張の際、最近は「インターネット接続ができるホテル」を第1優先(狭い・汚いは2の次です。)で確保するのですが、その際にLANケーブルが必要となります。 また、客先等でも打ち合わせスペースにHUBなどを設置してくれているところもあり、打ち合わせ中でもメールの受信などが可能です。 そこで、この「PLANEX UTP-RL5E」ですが、ご覧の通り巻き取り式のLANケーブルです。 長さは1.5Mで通常利用には十分な長さで、非常にコンパクトです。 前回ご紹介の電源ケーブル等、非常に多くのものを持ち歩き、あらゆるところで仕事をしなければならないワタシには必需品です。 DSC01556.jpg
2006.02.19 モバイル用(?)マルチタップ
ワタシは、普段は仕事でノートPCを利用しているのですが、客先などでの電源確保が一大事なのです。

最近は、仕事でノートPCを利用する方が増えてきて、打ち合わせで5人も集まろうものなら数台のノートPCが勢ぞろい。
打ち合わせ時間も長時間に及ぶことが多いもので、それぞれ電源の取り合いになります。

その際に、マルチタップ(タコ足コンセント)があれば良いのですが、場所によっては全く無い場合もあります。

そこで、ワタシは自前で持ち歩くのですが、基本的にマルチタップは大きいものが多く、「モバイル用」と書いてあるのはせいぜい線を本体に巻きつける程度のものがほとんど・・。

それで、ふと電気店で見かけたのが、このマルチタップ。

本体は非常に小型で、線も1Mぐらいと非常にコンパクト。
そのくせ、表に2個、裏に1個と3個に電源を分配できるのです。

かなり昔に購入したのでメーカー、購入先などは不明ですが、かなりオススメの逸品です。

DSC01554.jpg

2006.02.18 オーディオスイッチ
FAS-01AN」という製品です。 コレは、PCにスピーカーを接続されている方用のモノですが、 機能としては、スピーカーとヘッドホンの2つをスイッチひとつで切り替えるコトができるものです。 (マイクも切り替えができますのが、ワタシはマイクを使わないので、レビューからは外します。)
何が便利かというと、デスクトップPCの場合、本体は机の下などに格納してしまうので、深夜などヘッドホンを使う場合に、イチイチ机の下にもぐらないといけないのですが、それがコレのおかげでスイッチひとつで切り替えるコトができますので、非常に便利です。 また、本体にマイク・スピーカーそれぞれの音量調整ボリュームがあり、コレもまた便利。 価格も安いので、是非お試しあれ。 20060216095414.jpg
2006.02.17 Logicool MX1000 Laser Cordless Mouse
またまたPCシリーズ(?) 今回は、マウスです。 ワタシは、元々はノートPCをメインに使っており、マウスは小さいモノがイチバン!! と考えていました。 ノートPCの際は、モバイル性を考えて小さなモノを今でも利用しているのですが、デスクトップPC利用を機に、「多機能マウス」を購入してみました。
Logicool MX1000 Laser Cordless Mouse
何故、このマウスになったかと言うと、
1.今までの光学式(赤外線)ではなく、レーザーを使っている  (なんか、カッコイイから・・)
2.持った感じが手にしっくりとくる。
3.ホイールの感じ(クリクリ感)が素敵 4.充電式である ぐらいでしょうか?

実際に使ってみると、確かにレーザーを使っていて高精度であるという謳い文句の通り、非常に繊細な動きにも対応しています。 また、クレードル式で充電できるのは非常に便利です。 以前、ワイヤレスで電池式を使っていたのですが、結構消耗が激しかったので(そのマウスがダメだったのかも知れませんが。) このマウスは、見やすいところに電池のレベルメーターがついており、コレもまた便利!!。 電池寿命も通常利用で軽く1週間以上持ちますので、非常にGood!! コードレスとしては、クレードル(充電台+レシーバー)が見える範囲にあれば、快適に操作できます。 多機能ボタンはあまり使用頻度は高くないですが、使ってみると結構便利です。 インターネット閲覧ぐらいであれば、キーボードを使わずに軽くこなせますし、PhotoShopなどのソフト利用時にはかなり威力を発揮します。 先にご紹介した「Griffin PowerMate」を併用すると、 右手にマウス、左手に「PowerMate」。 コレで、かなりの作業を行うことができ、非常に快適です。 ただ、問題は、ノートPCの際に多機能ボタンが無いので、不便で・・・。
Logicoolさん。 このマウスの小型版を出してくれないでしょうか・・・・。 (さすがに、クレードルと持ち運ぶのは便利が悪いので。) 20060216094808.jpg
2006.02.16 ウサギ
今日、我が家に新しい家族が増えました。

「ウサギ」です。
ホーランドロップという種類で、タレ耳がポイントです。

ワタシは、全く興味が無かったのですが、ヨメがある日突然「ウサギを飼う!!」と宣言。
泣く泣くペットショップを駆けずり回ること4日間14件!!。
そこでようやくめぐり合ったのがウチのウサギ。

ヨメ、子供の喜ぶ姿をみて「やれやれ・・・・」とひと段落。

と、ウチに来てみればコレがまた意外とカワイイ!!。

ワタシが抱いても大人しく抱かれており、非常にカワイイのです。

ウサギというと、飼うのが大変そうですが、犬や猫と違って、
・散歩に連れて行く必要が無い。
・吠えない
ので、1人暮らしの方でも十分に飼うことができます。
要は、ハムスターとほぼ同じ手間で飼うことができます。

必要なものと言えば、
・ケージ(かご)
・ヒーター
・餌入れ
・餌、水
このぐらいで十分に飼うことができます。

この種の「ミニウサギ」系は、人に慣れるらしく、また大きくなっても猫程度の大きさなので、マンションなどでも十分に飼うことができます。
また、インターネット等で様々なサイトがあり、飼い方なども記載されていますが、
・温度管理(冬はヒーター、夏はファン)をしてやる。
・餌はほどほどに。
ぐらいを気をつけるだけですので、ペット初心者でも飼う事ができます。

ただ、生き物ですので、くれぐれも「衝動買い」だけはならさないように・・。





DSC01553.jpg

2006.02.15 送料節約術
ワタシもよく某オークションサイトを利用します。

その際に、意外とネックなのが「送料」です。
オークションをはじめてスグの頃は、安い商品に飛びついて、1000円程度の商品に1500円の送料を払ったコトもあります。

最近では、郵便局のEpack500(エックスパック500)をよく利用しますが、コレは、郵便局で500円で専用封筒を購入すると、その封筒にはいるだけの荷物が全国どこでも500円。
また、荷物の追跡サービスがあり、HPにて今荷物がドコを配達されているのかがわかり、非常に便利です。

今回、それを更に上回るサービスが、
「物流工作 250EXPRESS」
です。
これは、同様のシステムがなんと「250円!!!」
衝撃の価格です。
しかも、専用封筒の容量が14リットル(ペットボトル7本?)と大容量で、超概算ですが、エックスパックの約3倍の量のものがおくれます。
また、

翌日配送
ネット追跡サービス

等、サービスも十分。

東京←→大阪間でしか利用できないのですが、適合する場合は大変オトクなサービスだと思います。

是非、ご利用あれ。



2006.02.15 たっぷりベイクドチーズケーキ
「ネットで3ヶ月で1,500個完売!!」
のキャッチフレーズに思わずゲット!!。

チーズケーキです。
基本的に、チーズケーキと言えば「レア」派なワタシ。
HPのコメントを見ると、甘さはさほどではなく、こってりチーズとのことで、とりあえず食べてみることに。

「ンマァイ!!」

なかなかのお味です。
チーズがこってりなのに、それほどクドくなく美味しく食べれます。
どこかへお招きされた際などにもチーズケーキなので、基本的には万人受けするので良いと思います。
コロシ文句は「ネットで3ヶ月で1,500個完売!!」で受けること間違いなしでしょう。

送料がかかるので、一度に思い切って2~3個注文した方がオトク感があるのではと思います。

ご注文はコチラ



2006.02.14 Sony XYZ
カーナビです。

このページで紹介しているものが、少しパソコン関連に偏りつつあったので、チョット違うものを。(元々、パソコン専門ページではありませんので。)

SonyのXYZ(ジーゼット)77というモデルです。
このナビの特徴としては、クルマと接続するカーステーション(まぁ、平たくいうと「台」ですね)と本体が分かれるということです。
ワタシは、大阪市在住なのですが、大阪市といえば「窃盗」
・・・残念なのですが、クルマの窃盗・車上荒らしの件数が堂々全国一のところですので、カーナビつけたまま駐車しておくなんて、オチオチ寝てられやしません。
そこで、このナビだと、使わないときは本体を外して家または目立たないところに隠しておけるのです。

また、現在我が家にはクルマが2台あるのですが、先ほどの「台」(カーステーション)だけ2台購入すれば、どちらのクルマにもカンタンに載せかえることができます。
カーステーションを買わなくても、付属のシガーライターケーブルを使えば、「簡易ナビ」として、どんなクルマにも載せることができます。
何故、「簡易」かと言うと、ご存知かと思いますが、現在市販されているナビのほとんどはGPS+自立航法の仕組みを利用してます。XYZではカーステーションに自立航行ユニットなどがついており、シガーライターだけだとGPSのみになってしまうからです。
GPSだけでは、トンネルなどに入ったときや、駐車場などの建物の中ではGPS電波を受信することができず、更にGPS特有のズレがあるので、正確な位置を表示させることができません。
なので、通常利用するのであれば、カーステーションの増設をオススメします。

肝心のナビの性能はというと、30GBのHDDナビとして、標準的な機能だと思います。
地図はキレイだし、今居るところの近くにある施設(コンビニ、駐車場、ガソリンスタンド等)を検索することもできますし、ジャンル分けもされています。
なので、カーナビマニアでなければ、十分に満足できます。
また、東京・大阪の市街地では「3Dマップ」が表示され、
3Dで描かれたホントの町並みとほぼ一緒(ちゃんとビルも同じです)に再現されており、ヒジョーにカッコイイ!!。
ただし、実用性はあまりありませんので、デートの時などでしか威力を発揮しないでしょう・・・。

また、パソコンをお持ちであれば、動画・音楽なども付属のAVステーション(USBでパソコンに接続する台)、ソフトでカンタンに転送する事ができます。
ただ、転送に関しては音楽はソニーのソフトを利用しなければいけないので、iTunesなどを使っていると、音楽データを2重に持たなければならないので、チョット不便。

危険地域(?)やクルマを複数台お持ちの方、どうでしょう??

※メーカーHPを見ると、「生産終了」の文字が・・・・
 新しいモデルが出る訳では無さそうなので、在庫のみらしいいです。
 お悩みの方はお急ぎ下さい。







NV-XYZ77.jpg

2006.02.13 Griffin PowerMate
今回は、GriffinのPowerMateというモノです。 コレは、見た目は「巨大なスイッチ??」というモノですが、 [1]押す(クリック) [2]回す [3]押しながら回す の3種類の操作が可能で、付属ソフトウェアの設定でアプリケーションごとの設定が記憶できるスグレものです。 ワタシが購入した理由として、秀逸なデザイン!。 とても、パソコンの周辺機器には見えません。 アルミの質感がとてもよく出ていて、触った感じも非常に「金属っぽい」感じでGOOD!!。 また、下部にLEDが組み込まれており、待機時にはボワ~っと光り、コレまたカッコイイ!!。 ダイヤルを回した感じは、中級以上のオーディオのボリュームスイッチのような感じで「スゥ~~~」と回り、いい感じです。 最近の多機能マウスと組み合わせると、基本的な作業はキーボードレスでできるようになり、非常に快適。 単体でできるコトは少ないですが、キーボード・マウスと組み合わせるコトで、非常に快適な操作環境を作ることができます。 power_mate.jpg
2006.02.12 Let's Noteのチョットいい話
PanasonicのLet's Noteについて、第1回目として記事を書きましたが、その際の利点として「ACアダプタが小さい」と書きました。
しかし、折角バッテリーが最大9時間(実際5時間程度でしょうが)持つパソコンだと、持ち運び時にアダプタを持たなくてもいいような気がします。

そこで、調べてみると、IBMのACアダプタで利用できるものがありました。
Inputが100-240V~1.0A-0.55A
Outputが16V-2.2Aの規格のものならば流用できそうです。
モチロン、接続口は同じ形(抜け防止処理がありませんが、問題ないです)です。

ちなみに、純正の規格は
Inputが100-240V~0.9A-0.5A
Outputが16V-2.5A

このぐらいの差なら、「誤差」レベルと言えると思います。

実際、ワタシは数ヶ月利用していますが、なにも問題ありません。(ただ、保障はできませんのでお使いになられるかたは自己責任にてお願い致します)

問題としては、Let's Noteの純正アダプタの約2倍のサイズがあることですが、職場に放置しているだけなので、全く問題はありません。
やはり、いくら小さいとはいえ、少しでも荷物を減らすのは大事だと思います。

ワタシは、某オークションサイトにて、入手したので、3,500円程度だったと思います。
純正が10,000円することを考えると、リーズナブルであると言えます。

みなさんも、「モバイラー」(チョット古い?)として、普段の荷物を少しでも減らせないかと努力されているでしょう。

ご参考になれば。

2006.02.11 JBL Creature
JBLのスピーカーです。 名前がCreature(クリーチャー)といい、日本語では「生き物、動物」という変わった名前のスピーカー。 その名の通り、個性的なカタチが目を引き購入したのですが、15,000円程度の価格帯のスピーカーとしては、音質はかなりいいほうです。 構成は、2.1Chのスピーカーですが、高音、低音共に音質はさすがにJBLの名を冠しているだけのコトはあります。 色も、白・黒・赤の3種類あり、インテリア的な要素もバッチリ!! また、ツイーターに音量調整ボタンがついており、操作性もまずまずというところです。 また、左右のツイーターの下にはLEDランプが組み込まれており、電源を入れると水色の光がオシャレに光ります。 ただひとつ、不満な点は、電源がウーファーの後ろにあり、やや使いづらい点ですが、通常スピーカーの電源は切らないのでしょうね。(チョット、地球・家計にキビシイ!!) パソコン、iPodなどのスピーカーにピッタリだと思います。 JBL.jpg
2006.02.10 Canon 「千万単位」(HS-1200TU)
「電卓です」 みなさん、一家に一台はあるこの製品。 モチロン、各種色々あります。 つい先日、パソコンショップで特価品を散策していてみつけたこの一品!。 電卓業界(?)では珍しく漢字で「千万単位」という商品。 「なんじゃコリャ??」と手にとって見ると、キーに[億][万][千]という謎のキーが・・・・。 よくよく見てみると、通常の電卓では、10000と入力するのに[1]を1回押して、[0]を4回 押すのが通常ですが、この電卓だと[1]を1回、[万]を1回押すだけ。 コレが、1億なら [1]+[0]+[0]+[0]+[0]+[0]+[0]+[0]+[0] が!! [1]+[億] で!!! !!! コリャ、ビックリ!!! そして、レジへ直行!!! この機能は、メモリー機能とスイッチで切りかえれるのですが、メモリーキー[RM][M±][M=]などのキーの使い方を知らないワタシにとっては常に「億千万」モード固定!! ただ、不満なのは[億]ボタンを押して計算できる日が来るのだろうかという点ぐらいでしょうか・・・・・
しかも、今回はじめてCanonが電卓を作っていることを知りました。

 hs-1200tu.jpg


さて、第2回目のキーボードシリーズ。
1回目は勢いで書きましたが、やはりキーボードの魅力(?)を文字で表すと非常に少ない・・。 ・・・とまぁ書いてしまったものは仕方が無い(?)ので、2回目を。

 FILCO FKB108Z/NB 「ZERO」という名前がついたキーボードです。
FILCOというメーカーは、昔からメカニカルキーボードを多数販売しているメーカー(モチロンほかの種類のキーボードもあります)で、昔から気になっていたのですが、打感が少し重く、いまひとつ購入に踏み切れませんでした。

しかし、今回購入した理由として、 「かな表記が無い」モデルが存在!!!!!。

また、マニアックな話ですが、日本語キーボードには、通常かな打ちをされる方用に「かな」がキートップに印刷されています。 しかし、コレがまた見た目的にイケてないのです・・・。 じゃぁ、英語キーボード使えばいいじゃない?? とお思いでしょうが、 (英語キーボードとは??  英語圏で使われているキーボードで、簡単に違いを述べると [\][半角/全角][変換]など、日本語入力以外に必要の無いキーが無いキーボードです。)
英語キーボードは、やはり日本語関連のキーが面倒で、使う気になりません。

そこで、この「FKB108Z」は、日本語キーボードでありながら、キートップにひらがな
表記が無く、 非常にカッコイイのです!!!!!!!!!

また、打感自体は少し重めでワタシには辛いのですが、そんな小さなコトは気にならない(無理やり我慢する)ほどのカッコ良さです。
もちろん、打感には十人十色の好みがありますので、この打感が気に入れば、

「ベストオブキーボード」

の座に着くことは間違いないでしょう。 (ワタシも購入してまだ間もないので、馴染んでくればベストに昇格する可能性は十分です)
あと、特筆すべきとしては、
・[Caps]などのランプ(右上にあります)がブルーのランプでカッコイイ ・キーボード自体がコンパクト(キーピッチは通常です)ですので、持ち運びに便利
・モチロンUSB,PS2とどの形式のパソコンにも使えます。
 ・接続するケーブルをまとめるマジックテープが付属(コレが以外と便利です)

 と、キーボードを持ち運ぶ機会が多いワタシには、至れり尽くせりのキーボードなのです。 惜しくらむは、もう少しタッチが軽ければ・・・・・。 (FILCOさん、お願いします。 次の製品でタッチが軽ければ、即3個(通常用、持ち運び用、保管用)買いますので。) とはいえ、一度店頭で触ってみてタッチが気に入れば、即買い間違いない製品でしょう。 みなさんも、キーボードはパソコンライフで一番接していることが多いものです。 一度、店頭のキーボード売り場を覗いて見られればどうでしょう???

  FKB108MJB_01.jpg
ワタシは、キーボードマニアです・・・・・。

あまりピンとこられない方が多いでしょうが、パソコンにとって一番重要な要素はCPUでもメモリでもハードディスクでもなく「キーボード」なのです。

現在、ワタシのところには、パソコンが2台(デスクトップとノート)に対してキーボードが9台!!
全て、「メカニカルキーボード」です。

ココで、キーボードマニアでない皆様の為に、マメ知識を。
キーボードには、大きく4種類の仕組みがあり、
メカニカル式  字の通り、キーの内部が機械(バネなど)で構成されており、  
 キーを押すと「カチカチ」と鳴ります。
メンブレン式  中にフィルムがあり、軽い力でキーを押すことができ、
 多くのキーボードが採用している形式です。
導電ゴム式  ラバー(ゴム)のスイッチで、分かりやすく言うと、
 「リモコンのスイッチ」的な押し心地です。
静電容量式  メンブレン式・導電ゴム式と違いは分かりづらいのですが、
 「高級キーボード」によく使われる  形式ですが、上の2つに比べてタッチが
 非常に良い(抽象的でスミマセン。)キーボードが多いです。

更に、メーカーがそれぞれタッチなどを工夫しており、 現在でも数十種類のキーボードが店頭に 並んでいます。

とはいえ、「キーボード」なので、すべて機能は同じです。
 ワタシは、なんといっても「メカニカル式」で、ノートPCでも長文を打つ場合などは、
キーボードを接続して利用しています。
(ノートPCのキーボードだと、タイプのスピードが遅くなってしまうので・・)
 ・・・と、長々と前説が長くなってしまいましたが、ワタシの所有するキーボードコレクションはすべてメカニカル式のキーボードです。
ベストオブキーボードは、型番は不明ですが、キーボードマニア界でも有名な

「IBMキーボード」なのですが、ワタシも1本所有していますが、
一般的(入手など)ではないので、今回は2回に分けて現在購入できるキーボードをご紹介します。
1本目はBUFFALO(メルコ)の「BKBC-MJ109/BK」です。
 打感は、カチカチと非常に軽いタッチでの入力ができます。
加えて、USB・PS2形式とどんなPCにも接続できるのが魅力です。
キータッチが軽いので、長文を打った後の疲れも少ないです。
難点はとくにありません。 まぁ、キーボードの紹介なんて、こんなぐらいしかないのですが・・・・。
とりあえず、コレがワタシの現在の「メインキーボード」です。 2回目が不安な内容・・・・。

bkbc-mj109_set.jpg
2006.02.10 ARTISAN&ARTIST カメラバッグ(WCAM-3500)
ARTISAN&ARTIST(アルティザン&アーティスト)というブランドのカメラバッグ(WCAM-3500)です。 ワタシは、カメラ(一眼レフ)を所有していますが、カメラバッグについては色々試してみました。 コレは、現在最もお気に入りのバッグです。 一番のお気に入りはデザインで、バッグの本体のデザインはモチロン、中の緩衝材も目が覚めるような赤でバッグの黒とのコントラストがバッチリ!!。 一目惚れ(衝動買い)でした。 機能的には、カメラバッグは、バッグ自体が重いことが多いのですが、このバッグは軽量な部類にはいります。 収納力は、カメラ・交換レンズ1本・バッテリーなどで、約半分ぐらいです。 更に前のポケットにも色々収納できます。 デザインは先ほど触れましたが「カメラバッグ」に見えないのがポイントです。 どうも、いままで目にしたカメラバッグは「いかにも」的なデザインなものが多く、便利ではあるのでしょうが、「カッコ悪い」ものが多いです。その点、このバッグは緩衝材を外せば普通のバッグとしても使えるぐらいのデザインだと思います。 また、カメラバッグとしてではなく、ノートPC等の壊れやすいものを入れるのにピッタリです。 当面、カメラバッグは「ARTISAN&ARTIST」指名一本買いになりそうです。WCAM-3500.jpg
2006.02.10 Panasonic Let's Note R4
記念すべき第1回は、最近特にお気に入りのパソコン。 その名も「Panasonic Let's Note R4」!! ワタシは、これまで6台ぐらいのノートパソコンを所有してきましたが、すべてソニーのVAIOシリーズでした。 理由は「カッコイイから」 ノートパソコンは、持ち歩くものなので、やっぱり高いお金を出して買うものは「カッコイイ」が最優先でした。 対して、Panasonic Let's Note R4を購入した理由は、「便利だから」です。 ・軽い(999g) ・バッテリーが長持ち(最大9時間) ・静か(ファンレス) ・頑丈 という、「Let's Note」シリーズに代表されるスペックはモチロンですが、ワタシの視点でさらにスバラシイところは、 ・ACアダプタまで軽い、小さい ・[Ctrl]キーと[Fn]キーの配置を変更できる この点を更にプラスできます。 ノートPCをお使いの方はご存知でしょうが、購入時に意外と気にせずに後で後悔する点として、ファンの音があります。 コレは、なかなか店頭では気づかないのですが、ウチに帰って電源を入れると「フォ~ン」とスゴイ音が鳴ると「なんじゃコリャ~!!!」となります。 また、アダプタのサイズも重要で、「モバイルノート」として、本体のサイズは小さいクセにアダプタがデッカイものも多数あります。 あと、ノートパソコン特有のキーとして、「ファンクションキー[Fn]」というキーがあります。 (スピーカーや、スリープモードの制御に利用) コレがまた難点です。 ワタシは、ブラインドタッチですが、そうすると、よく使う[Ctrl]キーは、絶対に「左下の端」なのです。 ノートPCでは、この位置に[Fn]キーがあり、非常に間違えやすいのです。 「Let's Note」もそうなのですが、このパソコンのスゴイところは、設定で[Ctrl]キーと[Fn]キーの配置を変更できるんです!!! コレは、目からウロコの機能で、この機能がワタシの背中をポンと押しました。 「やるねPanasonic さすが世界の松下」です。 あと、最後にデザインですが、個人的には気に入らないのですが、案外(失礼)女性に人気があり、 「カワイイ」と評判です。 「女性受けがいい」 コレも、ノートPCには重要な要素です。 さぁ、ミンナで「Let's Note!!!!」 ・・・お寒いオチで・・・・・・。DSC01542.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。