--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.21 Airmac Express
久々の更新です。 最近、金欠で、何も買えませんでした。 久々の更新は、AppleAirmac Expressです。 ウチは、かなり前から無線LAN環境(NEC製ルーター)で快適だったのですが、仕事先やら、ホテルやらでのインターネット利用はモチロン有線でした。 それで、どこにでも持ち運べる無線LANルーターを物色していたのですが、そこで見つけたのがlinksys製のWRT54GC-JPという製品(http://www.linksys.co.jp/)。
で、色々店を回ったのですが、どこにも置いていない・・。 (ネットショップ上ではあるのですが、こういった製品はやはり実物を見ないことには。)
それで、暫くあきらめムードだったのですが、数日後、ふらっと入ったヨドバシカメラでAirmac Expressが眼中に。 「しまったぁ~!!!!!!」 Airmac Expressについては、発売時に色々チェックしていたのですが、スッカリ忘れてしまっていました。 その瞬間、いつもの通り「在庫ありますか??」で即効ゲット!!。
機能的には、linksysの方が優れているのでしょうが、やはりApple。 デザインが違います。 (性能は、今回の目的では常設ではないので、そんなに必要なかったので)
価格差は5,000円程度ありましたが、
①USBポートがあり、プリンタサーバーにもなる。
②アナログジャックがあり、スピーカーを指せばiTunesから音楽が無線で鳴る
 といった点もあり、大満足です。 実際の無線LANルーターとしての性能は、「思ったより広範囲に電波が飛ぶ」というのが感想です。 他社製と比較はできていないので、曖昧な表現ですが、基本的な利用に全く問題はありません。
もちろん、Windowsのみの環境でも全く問題なく使えます。 一般的(私が今まで触った製品)と違うのは、
①有線ポートが存在しない。
②設定ソフトがブラウザでなく、ソフトウェアをインストールする方式
ぐらいでしょうか?
設定ソフトさえインストールすれば、あとは通常の無線LANと同じように使うことができます。 ワタシとしては、 ・WEPパスワード(128Bit) ・MACアドレスフィルタリング が使えればOKだったので、セキュリティー的にもOKです。

「ただし!!」

問題が1点。 それは、ログの出力です。 通常の無線ルーターでは、ブラウザ上でログが出るのですが、この製品は、syslog(Linux系のログフォーマット)対応とのことで、ログを受信する端末が必要です。 更に、Windowsでsyslog受信ソフトはあるのですが、設定が全く分からない・・・。 とりあえず、放置です。 場所によって、不正アクセスなどがどの程度あるのかを調べる為、ログはかなり必要なので、チョット痛い・・。 なんとか、最近のログだけでもいいので、サクッと見れる方法は無いものでしょうか??? まぁ、その点さえ除けば、見た目もバッチリで所有感は十分に満たされる製品でしょう。 サブ無線ルーターとしては、120点の製品です。 これで、会社でも(みなさん、許可は取ってくださいね。)、ホテルでもドコでも無線LANです。 Airmac Extream
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。