--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.29 自在チューブを改造
さて、昨日購入した
BOSCH(ボッシュ) バッテリーエアポンプ PAG 14.4V 
ですが、結構便利です。
しかし、ワタシの所有するバイクの前輪は、バルブが垂直になっている&ホイールが小さい(ビックスクーター)ので、エアポンプ付属の「自在チューブ」では空気を入れるコトができません。
DSC00044.jpg


で、自作してみました。
すべて、ホームセンターの「エアーツール」のコーナーにて見つけることができました。
あと、お決まりですがこの手順にて作成されたものおよび手順にて発生したすべての損害(本体の破損、使用中のなにがしらの破損による怪我等)に対しては自己責任にてお願い致します。

○必要なモノ(予算1,500円~2,500円程度※エアーチャックの値段がほとんどです)
   [1]エアーチャック
DSC00049.jpg

DSC00050.jpg
DSC00054.jpg

  まぁ、コレが無いと始まりませんね。
  先端がバー状になっていたり、角度がついていたり数種類ありますので、
  用途に応じて選択して下さい。
  ワタシは、イチバン安い&汎用性ありそうな短いタイプを購入しました。

 [2]ホース
  コレも必需品ですね。
  空気用(エアーツール用)の耐圧ホースを選択しましょう。
  長さは、お好みでいいですが、外径・内径は差し込むものによってサイズがマチマチです。
  ※自信が無い方は、必ずホームセンターの店員さんに確認を取ってから購入しましょう。
  ※確認を取らない場合は、返品・交換等ができません。
DSC00064.jpg

[3]ホース継手
  コレは、サイズ指定です。
  このサイズ(に近いもの)でないと、PAG14.4Vにささらないので、このサイズ±0.5mm以内のもの(ならたぶん接続できますが、保証はできません)ならOKかと思います。
  不安な方は、本体付属の自在チューブの外径を測って同じサイズのものを購入して下さい。
  DSC00060.jpg
  ちなみに、ワタシが購入したもののサイズです。
  サイズ:1/8
     全長:40mm
       外径:7mm
       内径:4mm
     メーカー:トラスコ中山株式会社
  型番:ホース継手 #1 HW-101

[4]ホースバンド
  結構な空気圧ですので、安全の為にホースバンドで固定しようと思います。
  エアツールコーナーにお好みのサイズが無い場合は、水道コーナーでも
  いくつかあるのでチェックしてみて下さい。
  購入するホースにあわせてサイズを選んでください。
  DSC00067.jpg


○作成前に
 必要なモノを購入したら、寸法間違いなどのチェックの為に次のことをチェックしましょう
   [1]ホースにエアーチャックが接続できそうか?
   ※実際に一度接続すると抜けないので、軽く接続してみて下さい。
    少しキツいぐらいがベストですが、スカスカ又は全然入らない状態で無ければ
    okでしょう。
 [2]ホースに継手が接続できるか?
   [1]と同じです。
  [3]継手がキッチリ本体に接続できるか?

 以上をチェックして問題無ければ次の工程に進みます。
 問題があった方は、残念ですが、ホームセンターへ逆戻りです。
 事前に店員さんに確認が取れている方は返品交渉、頑張ってください。

○さて作成
[1]ホースの切断
  お好みの長さにスパッと切断して下さい。
  DSC00069.jpg

[2]エアバルブ装着
 ※先にホースバンドを通してから
  エアバルブを差込み、ホースバンドを締め付けます。
  DSC00077.jpg
 ※本来、根元まで入るべきなのですが、私の購入したホース・エアバルブの組み合わせが
  悪く、少ししか入りませんでした。
  まぁ、ホースバンドのところまでは入ったのでヨシとします。

[3]継手装着
 ※ここでも、先にホースバンドを通すのを忘れないように。
  エアバルブのところでは、逆から入れればヨカッタですが、今度ミスすると
  ホースバンドのサイズによっては取り返しがつきません。
DSC00073.jpg

[4]完成
 たった、コレだけで完成です。
 実際、モノを選ぶ時間の方が長かったです。
 DSC00075.jpg

さて、実際に使ってみましたが、特に問題なくスムーズに使えます。
本体付属の自在チューブでは、すべてねじ込み式ですので面倒ですが、今回自作したものは押し付けるだけのタイプですので、非常にカンタンです。
ただ、注意点としては、押し込むタイプのものは使用後もホース内に空気が圧力がかかったまま保持されています。
使用が終わったら本体から外しておいた方が、余計な負荷がかからなくて良さそうです。
コレで、クルマ・バイクの空気入れもスゴく楽になりました。

次は、同じモノの自転車版を作りたいと思います。
また、この記事を読まれた方で自作された方、参考までにトラックバックorコメント頂ければ幸いです。
ワタシの2号機の参考とさせて頂きます。
スポンサーサイト
2007.07.28 BOSCH PAG 14.4V
さて、久々(?)に電動工具を購入しました。

今回購入したのは、
BOSCH(ボッシュ) バッテリーエアポンプ PAG 14.4V です。

コレは、いわゆる「電動空気入れ」で、今まではシガーライターに接続して入れる空気入れ(ホームセンター等で3,000円程度)のものを利用していましたが、なにぶんコードがあるぶん動きに制限されていたものが、コードレスで使えるようになり、非常に便利です。

「空気圧」には、皆さん意外と無頓着ですが、走り屋さんでなくても空気圧は非常に重要です。
適正な空気圧でないと、燃費も低減しますし、モチロンタイヤにも悪影響。
寒暖の差にも非常に敏感に変化しますので、2週間~1ヶ月ごとに1度ぐらいは点検・調整が必要です。
イチバンわかりやすいのが自転車でしょうか??
ワタシも普段は自転車通勤者ですので、ペダルが重くなったと思ったら、マメに空気を入れています。
ただ、コレがシュコシュコ入れるのがヒジョーに大変。
しかし、この商品は、チョット高い。
ワタシが購入したもの送料込みで14,000円程度。
決して安いとは言えませんが、まぁ電動工具好きなんで・・・・。
適正(使用頻度と楽さ加減)価格は7,000円程度なんでしょうね・・・・。
あとは、天下のBOSCHのブランド料を含めても8,000円程度なら、誰にでもおススメできるのですが・・・。

さて、商品紹介に戻りますが、アダプターも多種付属しており、
・自転車
・バイク
・車
・ゴムボート、プール、浮き輪など
・ボール
等、通常の空気を入れるものならたいていのものには利用できます。

また、本体に液晶空気圧表示パネルがあり、空気圧も適正に管理できます。

他のページでもイロイロ皆さん感想がありますが、「動作音が大きい」と皆さん言われてますね。
ワタシも同感ですが、いままで使っていたシガーライター接続のものと、同じぐらいで特に不満ではありません。(モチロン、深夜は使わない方が良いでしょうが。)

ただ、1点問題が発生しています。
ワタシの所有するバイクは、前輪のエアバルブが垂直になっているもので、コレがどうしても接続するコトができません。

「コマッタ・・・・」

で、イロイロHPを探してみると、この「自在チューブ」を改造されている方々もいらっしゃいます。
(残念なコトに、レシピ(材料・方法)が記載されていないのがチョット辛い・・)

なので、ワタシもチョット改造してみたいと思います。

また、できましたら報告したいと思います。

とりあえず、上記欠点はありますが、便利なモノで、おススメです。

2007.07.28 プロアトラスSV3
さて、久々のソフトの購入。

今回は、「プロアトラスSV3」を購入しました。
このソフトは、今までずっと使っていたものなので、特に地図が新しくなった以外は違和感を感じず使えます。
最近は、GoogleMap等無料で利用できる地図サービスがありますが、やはり
[1]地図がキレイ
[2]オフラインでも使える
[3]印刷機能等がある
と、パッケージソフトの魅力はあります。

今回は、
[1]白地図が使える
[2]地図の切り出し機能がパワーアップ
[3]統計情報(グラフ)を地図に埋め込める
等の機能も増えており、なかなか使えそうです。

まぁ、問題といえば、いつものコトですが、インストールに非常に時間がかかるコトぐらいでしょうか・・・・・。

あとは、遂に我が家が地図(住み始めて6年間、ずっと元工場跡だったので、工場になっていましたので・・)に掲載されているのがヒジョーに嬉しかったりします。
2007.07.16 復活!!
fon
さて、先日来ワタシのサイトが不具合が発生しておりましたが、なんとか解決しました。

現象:GoogleMapが表示されない。
エラー: a has no properties
ソースファイル: http://www.google.com/intl/ja_ALL/mapfiles/83/maps2.api/main.js
行: 322
原因:enableDragging();をCallすると、発生していた。

というトコロまでは掴み、上記を外すことでとりあえず復旧しました。
しかし、何故突然に動作しなくなったのでしょう??
謎は深まるばかりです。

で、イロイロ調べてみたら、どうも「setCenter」等で地図を表示する前に「enableDragging」を実行するとエラーが発生するようで、GoogleMapの内部仕様が若干変わってしまったようです・・・・。

んんんん。

まぁ、とりあえず復帰してヨカッタ。 (^.^)

「enableDragging」はデフォルトで設定されているので設定されていない方々が多いでしょうが、逆のドラッグ不可にする「disableInfoWindow」も同様かと思いますので、もしこの記事にて原因が究明された方がいらっしゃれば幸いです。

頑張れGoogleMap。でも、仕様は変えないでネ。
2007.07.16 GoogleMapが動かなくなった・・
fon
さて、ワタシの運営しているサイトにて突如GoogleMapが動かなく(表示されなく)なってしまいました。

原因は、
・データ
・サイト
・Google
のいずれかも特定できていない状況で非常に困ってます。

とりあえず、原因っぽいトコロはエラーコンソール(FireFox)で、
エラー: a has no properties
ソースファイル: http://www.google.com/intl/ja_ALL/mapfiles/83/maps2.api/main.js
行: 322

と表示されているぐらい??

んんん・・・。
コレを鵜呑みにすれば、GoogleMapのエラーなんですが、他のサイトは問題なさそうなところを見ると、データ等の問題のような気もします。

コマッタ・・・・。(~_~)

とりあえず、原因だけでも特定しないコトには・・・。
2007.07.12 スタイラス
さて、今回はスタイラスを購入しました。

・・・と関係ない話ですが、実はこの記事も元はem-oneで書いていました。
しかし、記事を書くのとファイルのアップロードまでは順調だったのですが、実際に写真を記事に貼り付けようとしても、上手くいかず、しかも記事を保存しようとすると、保存もできない・・。
[保存]ボタン押下後に、なぜか全く応答が無い・・・。
という訳で、パソコンから再度書くハメに・・・・・。

んんんん・・・・・・・・。
頑張れ!!em-one(っていうか、Opera)
em-oneには、標準でIEとOperaがついていて、それぞれに一長一短。
しかし、やはりサイトの再現力(PCと同じように表示ができる)では、Operaが一歩リード。
なので、最近はもっぱらOperaでページを見ています。
しかし、やっぱり再現力には不満が残ります。
・レイアウトが崩れる
・PCと同じような機能が微妙に使えない
等々。
今後の改善を切に願います。

さて、本題に戻りますが、購入したのは「ティアドロップスタイラス」というモノで、こんなんです。
070712-220705.jpg
070712-220751.jpg
一見、キーホルダーのようですが、実は先端がスタイラス。

選定の理由は、
1.なんかカッコいい
2.ペンタイプだと、ケースに入らない
という理由で購入。
スタイラスとしては、異常ともいえる3,000円弱の大枚をはたいての購入です。

使用感ですが、やはり字を書く(文字認識)には不向きですが、通常のタップとしては思っていたよりも、ずっと使いやすいです。
まぁ、よく考えれば先の尖った(鋭利ではない)キーホルダーやストラップで代用できそうな気が・・・・。
(ワタシのem-oneはどうせ液晶保護シート張ってるし、問題ないような気が・・・・)
まぁ、その辺の疑問は置いといて、デザイン、機能共になかなかの一品です。

コレで、使い辛い純正ストラップの出番はなくなりました。

2007.07.09 とりあえず付属品
とりあえず、em-oneと同時購入したアイテムです。

1.充電&通信ケーブル

リトラクタブルケーブル・デュアル for EM・ONE(S01SH)


という代物。
要は、巻き取り式のケーブルで、充電&通信(PCよりモデムとして利用またはem-oneとPCの同期時に利用)を行うためのものです。
とりあえず、標準のACアダプタ、ケーブルを持ち歩くことを考えると、1/3以下にはなるので、満足しています。

2.液晶保護シート
 同じくMIYAVIX製のコチラです。
 先にも書きましたが、コレで保護してくれるんですが、その代わりに手書き文字認識が使い辛くなっているような気がします。

3.スタイタス(タッチペン)
 先に書きましたが、純正のスタイタスが全く使い物にならないので、急遽購入しました。
 メーカー不明品です。(忘れただけ??)
 ただ、今回耳寄りな話を聞きました。
 スタイタスは、PDAの市場衰退?につき、ドンドン品物が少なくなっています。

 「しかし!!!」

 NINTENDO DSが世間では大流行。
 もちろん、ご存知のとおり、タッチペンを使うモノ。
 で、DS用のタッチペンがかなり沢山出回っています。
 今回、残念ながら、すべての商品に「NINTENDO DS」とDSのロゴが入っていたので
 購入しませんでしたが、かなり安い&使い勝手が良さそう&商品が多いので選べるといいことだらけです。
 是非、皆さんも一度ご覧になって下さい。

とりあえず、購入した3品のレビューでした。
2007.07.08 遂に購入
さて、遂にem-oneを購入しました。

さて、先日の予告どおり、昨日はヨドバシカメラに早朝からGO!!。

で、店員のオネーチャンにイロイロ確認。
①2年契約で、終了後には「年とく」契約はできるのか?
 OK
②2年契約での途中解約ペナルティーは?
  残月数×2,000円(以前お伝えしたとおりです)
③解約時に、em-oneはどうなるのか?
 あらゆる無線(無線LAN,Bluetooth等)の機能が使えなくなる・・。
 もちろん、ワンセグも見れません。
まぁ、③以外は納得していた(③も知ってはいましたが、本体の代金も支払っている以上、かなり気に入りませんが・・・・・・)

で、遂にゲットしました。
契約プランは「2年」で、以前に試算をお伝えしているように、1年以上利用すれば、途中解約でも総支払い金額はお得になります。

で、まずは、ファーストインプレッション
iPodの様な(?)箱を開けて、早速使ってみます。
とりあえず、良いところは皆さんレポートされていますので、あえて悪いところを中心に。
(ご購入の際に、ご検討下さい)
○良いところ
 ①通信速度でしょう。
  詳しい速度はまだ見方がわかりませんが、かなり高速です。
  ケータイ、PHS等とは次元が異なるスピードに大満足です。
 ②ハード
   薄い、軽い。そしてカッコいい。
   モンク無しです。
○悪いところ
 ①電源ボタン
  非常に引っかかりが悪く、使いづらい・・・。
  毎回使うものだけに、もうチョットなんとかならないものでしょうか・・・。
  表はカッコいいのに、裏のボタン等が非常に安っぽい&押しにくい・・。
  どうせなら、キーボードにも電源ボタン付けてくれればいいのに・・・。
 ②スタイタス(タッチペン)
  コレが非常にヒドイ。
  なんか、「プラモデルのランナー????」と思えるほど、ただの「プラスチック片」
  まぁ、本体の薄さの為、仕方ないのでしょうが、細さと弱さの為、全く使う気が起きません。
  とりあえず、スタイタスは市販品を購入しました。
 ③タッチ感
  保護フィルムを張ったのも影響しているかも知れませんが、チョット感度が鈍い。
  手書き文字認識はかなり使いづらいです。
  もうチョットしたら、保護フィルム剥がして使ってみようかな???
 ④Windows Mobile
  「コレ言っちゃオシマイ」とは思いますが、ワタシは昔Zaulusを使っていて、その
  印象からいうと、
      [1]動作のモッサリ感
    イチイチ、引っかかりのある動作感
      [2]Windowsなのに・・・。
    とりあえず、アプリケーションが勝手に終了しない。
    (右上の閉じるボタンを押しても終了はせずに、別途終了させる必要がある)
    なんか、イチイチタスクマネージャーのバッタモンみたいなので切り替える意味が
    あるのか??(だったら、もっと操作カンタンにして!!!)と思いながら・・・。
  [3]メーラー、IE、スケジュール
   んんんんん・・・・・・・・・。
   機能が悪い。
   しかも、WindowsのOutlookが前提になっている(使ってる人が要るのか??)
   ので、ワタシはブラウザ(Firefox)メーラー(Becky)共に、全く互換性がありません。

  と、このOS自体の使い方?が良くわかっていない部分がありますので、今後は
  慣れ&ソフトウェア導入でなんとか使っていきたいと思います。

  とりあえず、今はなんとか使えるように環境、ソフトを探しているトコロ。
  今後、イロイロ掲載していきたいと思います。
2007.07.06 em-one
以前から気になっていて、最近チョット落ち着いていたのですが、e-mobileがやってくれました。

「ライトデータプラン」

ワタシは、em-oneの購入に躊躇していた理由が
①あまり使わない時があるので、毎月6,000円はチョット痛い。
②WillcomのW-ZERO3の後継機待ち
③通話エリアがまだ狭い
とあったのですが、以前②のWillcomのW-ZERO3の後継機は「es」の後継と知り消滅。
で、①の理由が消失。

んんんんんんんんんんんんんん・・・・・。

とりあえず、明日ヨドバシカメラ来襲は決定です。

80%以上、購入しそうな感じ。

では、とりあえず明日行ってきます。

2007.07.01 SP+メーカー
久々にソフトのご紹介です。

その名も「SP+メーカー」といいます。
コレは、何をするものかというと、
・Windows XP
・Windows 2000
・Windows Server 2000
・Office 2003
・Offine OneNote 2003
・Office Project 2003
・Office VISIO 2003
・Office XP
・Office 2000
と、これらのインストールCDの「最新版」を作成してくれるものです。

「最新版」といってもピンと来ないかも知れませんが、Windowsを新規にインストールすると、まず始めにWindowsUpdateが必要です。
これらが、ある程度まとまると「サービスパック」として、WinodwsXPであれば、現在サービスパック2(SP2)という形で提供されますが、それ以降もドンドン最新になっていきます。
で、再インストールの度にこれらのWindowsUpdateを繰り返して実行するのも結構な手間と時間がかかります。
そこで、あらかじめこの「SP+メーカー」にて最新版のWindows、Officeのセットアップディスクを作成しておくと、「あら不思議」普通にインストールするだけで、最新の状態(上記SP+メーカーでディスクを作成した時点)にてインストールされます。
まぁ、一般の方には不要かもしれませんが、Windowsをインストールしてから最新版にするまでは、既存のセキュリティーホールも存在してしまうことになりますので、精神衛生上にも宜しいかと思います。
また、全部込みの状態でなくても、「サービスパックだけ」のCDなども作成することができますので、ソフトウェア管理者の方々、マニアの方々(?)等、複数のPCを更新する必要があるかたにも便利かと思われます。

「転ばぬ先の杖」とまでは行きませんが、素晴らしいツールです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。