--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.17 懐かしのカエル
さて、最近オモチャばかり購入しています。
年なのでしょうか??
最近の30代~40代をターゲットにしたメーカーの策略に見事にハマっているのでしょうか??

出会いは、とある近所の電気店でした。
仕事が忙しく、夏休みなのにどこにも連れて行ってやれていないムスメの為に、オモチャを見に行った時のことです。
ムスメが大はしゃぎでオモチャを選んでいるのに少し飽きて、クルマのコーナーへ行き、最近のオモチャは凄いなぁ~と感心しながらブラブラ見ていると、

「奴はそこに居たっ!!!!」

20070817220134.jpg



ショッキングピンクの箱に身を包み、当時のままの姿で・・・・。

そう、「マイティーフロッグ」

まっ、いわゆるラジコンです。
昭和40年代後半~50年代前半の方々にはお馴染み。
当時は、ファミコン派とラジコン派に分かれ、ワタシは散々親にねだってファミコンを買ってもらっていたので、とてもラジコンまで買ってもらうコトはできませんでした。
当時、おぼろげな記憶で、プロポ等フルセットで30,000円近くしたと思います。
廉価版の「グラスホッパー」「ホーネット」等は5,000円~10,000円安く、なんとかお年玉貯金で頑張れば手が届いたのですが、マイティーフロッグのあのフォルムに憧れ、妥協もできず、そのうち年が過ぎいつしか忘れ去られていました・・・。

で、昔あこがれて手が届かなかったものの、失った若さの代わりに財力を手にしたワタシ。
モチロン、「重要文化財」を見過ごすこともできずに、カード払いにて購入。


今回購入したのは、「タムテックギア」という廉価版ではなく、オリジナルです。
いちおう、タムテックギアもサイズ、価格共にかなり考えましたが、やはりフロント周りのデザインがオリジナルとは段違い。
どうせならとオリジナルを購入。
まぁ、どうせ2~3回遊んだらオブジェになるのはわかっていましたので、やはり性能よりも見た目重視で・・・・・。
しかも今回購入したのは1/10サイズならがも「完成品」
プロポなどもすべてセットになっており、「充電させるだけで、スグに遊べる」モデルでした。
・・・・というのも、組み立ては何の問題もないのですが、問題は塗装。
ワタシは、クルマ等でもたいがいのメンテナンスなどはできるのですが、塗装がニガテ。
(要は、雑なB型全開です。)
なので、この「塗装済み」がワタシの背中を「ポンッ」と一押し。
しかも、なにやらキャンペーン中で、「純正チューンナップモーター」(2000円弱相当)もついてきましたので、早速モーターは交換。

で、今、充電中にこの記事を書いています。

さぁ、明日は早起きして「Myフロッグ」の熱い走りを楽しんできます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。