--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ワタシのサイトでも、公衆無線LANの位置検索を作っていますが、
こういうサービスをやっていると、
・住所から座標を調べたい(ジオコーディング[Geocooding])
・座標から住所を調べたい(リバースジオコーディング?)
と、イロイロ欲しい機能が出てきます。

「住所から座標を調べたい」については、サービス(無料なものもある)が多いのですが、逆に座標から住所を調べる方法にイロイロ困ります。
FON APの位置情報なども、座標のみで実際の住所は使い物にならないもので・・・・・。

なので、我流ですが、作成しました。
FoneroSerch リバースジオコーディングサービス

とりあえず、「自分が必要だったので」というのがメインの目的ですが、折角なので、公開します。

ただ、1点問題が・・。
「データ量が莫大すぎて、まだ全部入っていません・・・・」


このサービスには、「街区レベル位置参照情報」を利用しているのですが、
昨日からコツコツ北は北海道から順次データを入れていっていますが、なにぶんデータが巨大。

「15,705,800」件

もあります。
テキストのCSVで2GBほどあります・・・・。

しかも、ワタシが契約しているレンタルサーバーはセキュリティーの都合上、外部プログラムの接続は許可されていません。
しかも、インポートできるファイルの最大サイズも決められていますので、コツコツ「手作業」でインポートしていっています。

来週末ぐらい目標でコツコツデータを入れていっていますので、もし宜しければご活用下さい。
また、Webシステム、XMLの知識も殆ど無く、勢いで作成しておりますので、アドバイス等大歓迎です!!。

あとは、コレだけのデータを放り込んでレンタルサーバーの業者に怒られないかが不安です・・・・。
スポンサーサイト
2008.02.28 iPhone・iPod touch用SDKいよいよ登場
iPhone・iPod touch用SDKが3月6日にいよいよ登場しそうです。

アメリカのイベント「iPhone Software Roadmap」が3月6日にあるようで、そこでの発表が非常に濃厚らしいです。
(・・・というか、確定でしょうね。)

いよいよ、公式(?)にアプリをインストールできる日が近いですね。
あと、気になっているのはSDKの環境が日本語対応されているかどうかですね。
(大丈夫だとは思いますが。)
再来週ぐらいには、日本でもSDKの情報がイロイロ出てきそうで楽しみです。
2008.02.27 IMPULグリルの怪
さて、現在納車待ちのキューブ キュービックですが、納車前にイロイロパーツを揃えていっています。

で、今回の目玉となるのが「IMPUL」(インパル)製のフロントグリルです。

普段、街を走っていると、ホント沢山のキューブ、キューブキュービックを見かけます。
で、少しでも見た目を変えようとイロイロ物色していましたが、やはりフロントグリルが効果的そうだったので、注文しました。

しかし高い・・・・。
でも、カッコいい!!
Z11_QX1_CUBIC_MC2_H.jpg


モチロン、予算的にフルエアロはムリなので、今回はグリルのみの購入です。

さて、ここからがタイヘンでした。

IMPULグリルについて、取り付け後の画像などはよくUPされていますが、実際に注文する際に、IMPULのHPが少し不親切なせいもあり、イロイロ悩みました。

まず、オークションで探すのですが、キューブ(キューブ キュービック含む)のIMPULグリルには3種類のタイプが存在します。
[1]2002.10~2005.5:ABS製
[2]2002.5~2006.12:ABS製
[3]2007.1~現行モデル:FRP製
コレに、「塗装済み」「未塗装」が存在します。
※異なる年式のものでは、取り付け部分の形状やグリル自体の形状も違うようで、「ポン付け」はできない(自分で加工できる人は別ですが・・・・)ので注意しましょう。

で、まずは本体ですが、オークションで「後期式」と銘打ってタマタマ出品されていたので思わず購入しそうになりましたが、親切に説明書の画像がありよく見ると「ABS製」の文字が・・・。
たぶん、出品者の方が購入した時点では「後期」だったのでしょうが、その後に更にモデルチェンジされ、「中期」になってしまったんでしょうね・・・・。
アブナイアブナイ・・・・。

で、中古の物色は諦めて、今度は新品でネット検索。
モチロン、定価では買えませんので、1円でも安いところを物色してようやく購入!!!。

で、更にトラブル発生!!!。

注文したショップからメールで
「塗装色を教えて下さい・・・」とのコト。

ん~~~~~~~。
とりあえず、IMPULのHPの写真を送り、「この色」と言ってみたんですが、「トラブルの元になりますので、色番号を教えてください・・・」とのコト。
で、IMPULに電話してみたところ、一度目はよく知らないオネーちゃんだったらしく、純正色と同じく
[1]KYO:ダイヤモンドシルバー
[2]QX1:ホワイトパール
[3]KH3:スーパーブラック
しか無いとの回答。(※この情報は、アトで訂正するので最後までお読み下さい)
で、更に聞いてみてHPの色は何色ですか?と聞いてみたところ
「あくまでサンプルですので・・・・」との回答・・・・・。

「おかしい、絶対におかしい」
だって、CUBEのデザインからすると、グリルのみが白でスグ横のライトが元々の色なんて、絶対にヘンです。

しかし、IMPULの回答だったので、悩みに悩んで今度は日産に電話してみました。
しかし、グリルの色番号なんて、管理してないようでわからないようです。
(今も、調べてくれています。しかし、残念ながらもういらないの・・・
 ゴメンね・・・。日産の親切なおにーちゃん。。)

で、もしかしたら「無塗装」が「あの色」かと思い、再度IMPULへ電話したところ、

「遂にわかりました!!!」

コレがホントの情報です。
[1]KYO:ダイヤモンドシルバー
[2]QX1:ホワイトパール
[3]KH3:スーパーブラック
[4]純正グリル色
の4色あるそうです。


[4]純正グリル色については、色番号などはないらしく、「純正グリル色」といって注文すれば良いらしいです。

ワタシも、モチロン「純正グリル色」での注文です。

あとは、注文の際に
[1]クルマの年式(上記3タイプありますので)
[2]タイプ(Riderなどは対応していません。)
[3]色(上記4タイプから)
を指定しましょう。

・・・という訳で、日々パーツが届く毎日で、クルマはいつ納車されるコトやら・・。
まぁ、一安心です。

皆さんもIMPULグリルを注文される際には、自信をもって「純正グリル色」といいましょう。

よく考えると、最初のインパルのオネーちゃんは、エアロ(フロントスポイラー等)とゴチャゴチャになって言ったんでしょうね・・・・・。
2008.02.27 収監されてみました
さて、iPod Touchのファームウェア 1.1.4が公開されましたね。

それで、気まぐれですが「収監」されてみました。

1.1.2のJailbreak済みのiPod TouchからiTunesで1.1.4にアップグレード。
ついでに、「Software Upgrade」も購入しました。
今までは、1.1.2のiPhone版アプリだったのですが、それぞれバージョンアップされていますね。
1.1.3の各種不具合も一通り修正されてそう(イチバン重要だったBSキー連打でSafariが落ちるのは修正されていました)だったもので、「そろそろ頃合か?」と思い、「収監」されました。

○Mail
コレがイチバン大きかったです。
 今まで、GMailアカウントを使っていたのですが、Gmailで特定のアカウントが「迷惑メール」として
 自動振り分けされてしまっていた(モチロン、迷惑メールではありません)のでブラウザでgmail
 をチェックして「迷惑メールを解除」しなければ、iPod Touchに読み込めなかったのですが、
 最新版ではGmailアカウントに対しては自動的に「迷惑メール」のフォルダができており
 (Gmailで作成したフォルダが読み込まれるようです)、非常に便利になりました。
 コレだけで、個人的には2,480円の価値があると思います。
○スプリングボード
 スクロールできるようになっているんですね。
 コリャ、便利。
 配置換えも、ツールなしでできるのが快適です。

今まで愛用していたツール達が使えないのは不便ですが、もうチョットでまたJailbreak手順も公開されるようですので、その際はまた「脱獄」したいと思います。

しかし、そろそろSDK公開の声も聞かれるようになっています。
一説によると、元々の「2月公開」から、1~3週間ぐらい遅れそうというのが最も有力そうですが、これで新ファームとJailbreakのイタチごっこも終焉を迎えそうです。

なにより、Jailbreakのたびに各種Installアプリの情報を更新するのが非常に手間だったもので・・・・。

まぁ、一刻も早いSDK公開、楽しみにしています。

あとは、Installerでいままで各種便利アプリを公開頂いていた皆様。
また、SDK公開後も素敵なアプリの公開、お待ちしております。

最後に残念だったのが、手元にTouchを購入したときにもらった「iTunes Card」があって、コレを購入資金の足しにしようと思っていたのですが、方法がわからなく(間違えた?)、普通のクレジットカード払いになってしまいました・・・・・。
2008.02.27 iPod Touch 1.1.4ファームウェア登場
さて、各種サイトでiPod Touchのファームウェア1.1.4登場が報じられていますね。

ワタシのTouchは1.1.2のままで、1.1.3には特に必要性が無かったのでアップグレードしていませんでしたが、今回は挑戦しようと思っています。

どうやら、1.1.4のJailbreakについては「ZiPhone」が使えそうとのコトですが、「ZiPhone」の作者様のページを見ると、「まだ1.1.4にアップグレードしないで下さい。現在、テスト中です」(意訳)のコメントが・・・・。

まぁ、ワタシのiTunes(7.6.0.29)上では、まだ1.1.4が届いていないので、もう少し待ちですが・・。

しかし、iPod TouchのSDK配布。
予定の2月もあと少しなのに、まだ推測のみが飛び交っている状態。
んんんんんんん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
待ち遠しいですね。
2008.02.26 MDR-D333LW
さて、我が家にiPod Touchがやってきて2ヶ月が経過しようとしています。

で、最近すっかり「iPodで音楽を聴く」という本来の目的にも使用するようになり、ヘッドホンをイロイロ試しています。

先日購入した「MDR-KE30LW」ですが、長期間利用していると、次のようなコトがわかりました。
・コード巻き取り部分が根元(オーディオプレイヤーに接続する方)にあるのと、、iPod Touchで使っていると、イヤホン部分の形状から、どうしても常に「引っ張られる」感じがある。

コレが少々キツくなり、新しいものを購入しました。

またまたSonyの「MDR-D333LW」です。
MDR-D333LW_W.jpg


始めは、耳にかけるタイプでコードが収納できるモノをイロイロ物色していたのですが、やはり重さが重くなっており、長時間聞くにはしんどそうです。
音質の方も、耳に掛けるタイプのものはどうしても音漏れがスゴイので、ボリュームも上げがちです。
今回の使用目的は、通勤(自転車)中での使用がイチバンでしたので、30過ぎのオッサンとして悩みましたが思い切って「オーバーヘッドバンド式」のものを購入しました。
モチロン、購入に際しては
・コードが巻き取り式である
・できるだけコンパクト
・長時間聞いていても疲れない
が条件でした(コンパクトさに関しては、オーバーヘッドバンド式としては小さいですが、耳かけ式、イヤホン式と比べればかなりデカい・・・・)

色は、ホワイトですが、あとはシルバー、レッドしかなく、もう少しバリエーションが欲しいですね。

実際に購入してみると、コード部分は布巻で、なかなかいい感じです。
ジャック部分は、かなり小さく、耐久性に不安はありますが、小さいので邪魔になりません。

肝心の音質については、やはりイヤホン、耳掛け式と比べるとかなりいいです。
密閉型なので、音もあまり漏れないので、カッコさぇ気にしなければ、電車でも使えます。
(耳かけ式は電車では使えない・・・・)

あと、使ってみてのポイントはまだまだ寒いこの季節。
自転車で使っていると、意外に耳が暖かくいい感じです。(夏は怖い・・・)

あと、最後にこの製品を耳に掛けた状態で、コードを引っ張ると、巻き取りの音(カラカラ~)がかなり五月蝿いですので、気をつけましょう。 (^.^)
2008.02.25 iPod TouchにFileZillaで接続する
さて、ワタシのiPod TouchはFW 1.1.2のままで、すっかり安定してしまいました。
今日、ふと久々に設定変更する必要があり、FTP接続しようと思うと、スッカリ方法を忘れてしまっていました。
メモ代わりに設定方法を公開しておきます。

必要なもの:FileZilla Portable
SFTP接続が可能なFTPクライアントですが、この「Portable」は、USBメモリ等
       にもインストールできるので、愛用しています。

接続方法
[1]Jailbreak済みなおかつSSHがONになっているiPod Touchを無線LANに接続します。

[2]File Zillaの設定は次のとおり。
aaa.jpg

  以下、各自の環境で変更する必要がある点です。
  ホスト:iPod TouchのIPアドレスです。
      IPアドレスの調べ方はコチラ
  パスワード:通常は「alpine」ですが、変更されている方はコチラも変更して下さい。

コレで、簡単に接続できます。

       
2008.02.24 iPhoneが当たる!!
fon
ワタシもいつも拝見しております「iPod Touch ラボ」さんが、1,000,000PVを記念されてiPhoneのプレゼントをされています。
本日24時までの応募ですので、皆さんも奮ってご応募下さい。

iPod Touch ラボさんは、「iPhone・iPod touch ラボ」にパワーアップされております。
今後のご活躍にも期待ですね。
2008.02.24 Cube3
さて、我が家の愛車ももうスグ車検。
で、もうスグ第二子が生まれるコトもあり、非常に手狭でしたので、ついに愛車を買い換えました。

今回購入したのは、日産のCube(キューブ)の7人乗りモデル。
「キューブ3(キューブ キュービック)」デス。

cube_01.jpg


元々は走るクルマが好きなのですが、今はヨメ+コドモ&財政難で、自分の希望は言えません・・・・。
生まれて初めて購入する「実用車」。
イロイロ見てみましたが、確かに「便利」なのでしょうが、デザイン等がイケてません。
今回は「走り」については、「諦めて」いますので、デザインで勝負。

で、キューブキュービックに決定しました。

ベースとなるキューブから、約17cm伸ばしただけで、「7人乗り」日産の営業マンも「7人は乗れません」・・・って。
まぁ、7人乗ることは無いのですが、最後列は「子供用」と割り切って購入です。
(実際に7人も乗ったらエンジンが非力なんで走らないでしょうし・・・)

とりあえず、購入したのはベーシックな「15M」というグレード。
実は、CVT嫌いなんですが、まぁこのガソリン高騰の世の中&少しでもパワーが欲しかったんで、今回は1.4 4ATは見送り。

で、とりあえずの購入情報です。

○指定したオプション
 ・5 Year コート
 ・インテリキーのリモコンを1つ追加(ヨメさん用)
 ・HID(キセノン)ランプ

ダケです。
オーディオ、ナビは今のクルマから移植するのと、カーペットはYahooオークションで8,000円程度で販売しているので、(ディーラーOPだと29,000円もします・・・)ガマン。

とりあえず、納車が待ち遠しいです。

○今回の変更予定
 ・ホイール:とりあえず16インチが10万円を切っているので。
 ・車高:予算の都合上(・・・・)ローダウンスプリング濃厚
      (IMPULフロントグリルを購入しなければ、車高調!!)
 ・フロントグリル:IMPULが欲しい。
 ・オーディオ:今のクルマから移植
 ・ナビ:今のクルマから移植
 ・ショートアンテナ:ヤフオクで。
 ・ステアリング:今のクルマから移植

と、ワタシ的に「最低限」の選択。
(総予算20万程度の予定)

納車後(・・っていうか、納車日)に、既に原形は無くなる予定なので、とりあえずコレからオークション等を物色します。

また、納車されたら画像等UPしたいと思います。
2008.02.14 劇速 MAPLUS ポータブルナビ2
さて、本日は昨日のMAPLUS ポータブルナビ2快速計画もようやくひと段落し、メモリースティック(4GB)を購入してきました。

で、ISOイメージ、住所データ(サイトからダウンロードできるもの)を全て1枚のメモリースティックに入れるコトができました。

で、昨日はISOイメージのみでは起動しないとお伝えしましたが、偶然にも方法を発見しました。

PSPのXMBの画面にてSELECTボタンを押すと、「M33 VSH MENU」というものが起動します。
ココで、[UMD ISO MODE]という項目を[M33 driver]に設定すると・・・・・。

動きました!!!。

で、購入したメモリースティックの効果か、昨日お伝えしたよりも、更に高速化が!!
なんと、起動からタイトル画面表示までの時間が

「約7秒」

驚きました。
地図表示などのレスポンスもサクサク動き、快適デス。

あと、最後に蛇足ですが、UMD吸出し自体の違法性はグレーみたいですね。
ただ、吸い出したISOのUMDは持っていないと違法(まぁそうですよね)というのがネット上の見解のようです。

平野レミのプレミアムレミパン

平野レミのプレミアムレミパン

販売価格¥10,500

●熱源を選ばずIH200V(SGマーク取得)にも対応 ●水差し口は大きな楕円形にリニューアル ●オリジナルレシピブック付 ●蓋は水受け機能つきのスタンド式 ●鍋の食材が回転しやすい鍋底の形状。 …

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ
さて、ようやくPSPも「3.90 M33」となったところで、ようやくスタートラインです。

当初目的の「MAPLUS ポータブルナビ2高速化計画」の発動です。

ここまで、約4時間、ホント、疲れました・・・・。

では、早速。

ご注意。
※UMDからメディアを吸い出すのは、違法?だと思われます。
※一応、ワタシは吸い出したUMDもそのまま所有しているので「問題なし」と思い込み、進めます。
※すべての作業は自己責任にてお願い致します。
※この手順は、PSP CFW3.90にて行っております。


[1]【PSP本体】PSPの電源を入れます。

[2]【PSP本体】吸い出したいUMDメディアを入れます。

[3]【PSP本体】[SELECT]ボタンを押します。

[4]【PSP本体】表示されるメニューより[USB DEVICE]を選択し、→キーを数度押して[UMD DISK]を選択します。

[5]【PSP本体】[SELECT]ボタンを押します。

[6]【PSP本体】PCとUSBケーブルを接続し、[設定]→[USB接続]にて接続します。

[7]【PC】PC側でPSPのフォルダ見ると、UMD9660.ISO(ゲームによって異なるかも知れませんが)というようなISO
  ファイルが見えるので、PCにコピーします。

[8]【PC】コピーが終わったら、適当な名前をつけましょう(わかりにくいので)

[9]【PSP本体】×ボタンを押して、USB接続を終了します。

[10]【PSP本体】[SELECT]ボタンを押します。

[11]【PSP本体】表示されるメニューより[USB DEVICE]を選択し、→キーを数度押して[Memory Stic]を選択します。

[12]【PSP本体】[SELECT]ボタンを押します。

[13]【PSP本体】PCとUSBケーブルを接続し、[設定]→[USB接続]にて接続します。

[14]【PC】PSPのドライブのルートに「ISO」フォルダを作成します。

[15]【PC】[14]で作成したフォルダに[8]のISOファイルをコピーします。

[16]【PSP本体】×ボタンを押して、USB接続を終了します。

[17]【PSP本体】次回よりはUMDをメインで使わないので、UMDから起動しないように設定しておきます。(任意)
  [本体設定]→[UMD自動起動]を切にしておきます。

これで、準備は完了です。

あとは、ゲームを起動する際に[ゲーム]→[メモリースティック]から起動すればOKです。

追伸・・・
  ちなみに、MAPLUS ポータブルナビ2を吸い出したISOファイルは「1.65GB」もありました・・・・。
  コレに、拡張の住所データなどを加味すると、2GBのメモリースティックでは足りません・・・・。
  ISOファイルを圧縮する方法などもあるようですが今回は「速度重視」なので、4GBのメモリーを購入することにします。
  実際にゲームを起動しましたが、やはりISOのみでは起動しませんでした。
  MAPLUSポータブルナビのUMDを入れれば起動します。
  起動にかかる時間を計測してみましたが、
  UMD→約22秒
  MS→約14秒
  と、1.5倍速!!非常に快適です。

  イヤ~、苦労した甲斐がありました・・・・。


2008.02.12 ようやくCFW3.90になりました。
ようやく、我が家のPSPもファームウェア1.50になりました。
で、いよいよ、CFW3.90への更新です。

ちなみに、過去の記事
 ・PSPファームウェア3.90から1.50へのダウングレード
 ・パンドラバッテリー自作??
 も、あわせてご覧下さい。

さて、CFW(カスタムファームウェア)にも、イロイロ種類があるようですが、今回は、
GPSを動かすのが目的なので、最新ファームウェアの機能にも対応している「M33」と呼ばれているものを
適応します。
ただ、このCFWもポンと最新版を入れればいいという訳ではなく、今の3.90に対応するものを入れようとすると、
1.3.52のCFWを適応
2.3.52のCFWを3.52-Update4に更新
3.3.90にアップ
と段階を踏まなければいけないようです。


※準備するもの
 ・PSP FW1.50本体(※UMDを抜いておき、無線LANも切っておく)
 ・PSPのバッテリーはフル充電しておき、下記手順は指定が無い限りACアダプタに接続したまま行います。
 ・PCとPSPを接続するUSBケーブル
 ・途中、時間がかかる処理があるので、PSPの省電力設定などはOFFにしておいた方が良いかも知れません。
  バックライト:[設定]→[省電力設定]→[自動バックライト オフ] 切
  自動スリープ:[設定]→[省電力設定]→[自動スリープ] 切


  ■■ 作業準備 ■■
  [1]【PC】とりあえず、最新にする前に、次のCFWを入手しておきます。入手後は解凍しておいて下さい。
    (1)CFW 3.52 M33 http://dl.qj.net/General-Apps/pg/12/fid/14167/catid/151
    ※下記2サイトはウイルスバスター2008では「有害サイト」とされており、サイトへジャンプすることができません。
     ウイルスバスターを終了するなり、サイトを許可するなりしてダウンロードして下さい。
     ※[Download]以外のリンク、ポップアップしたウインドウには触れないようにしましょう。
     ※安全の為、ダウンロードしたら設定を元に戻した方が良いでしょう。
    (2)FW 1.50アップデータ http://www.psp-hacks.com/file/4
    (3)CFW 3.52のアップデータ http://www.psp-hacks.com/file/1209
    (4)CFW 3.52のアップデータ4 http://www.psp-hacks.com/file/1231
    (5)CFW 3.90のアップデータ http://dl.qj.net/PSP-Custom-Firmware-3.90-M33-PSP/pg/12/fid/15825/catid/163
    (6)FW 3.90アップデータ http://www.psp-hacks.com/file/1406


  [2]【PC・PSP本体】PSPの電源を入れ、PCとPSPをUSB接続します。
   (PSP側で、[設定]→[USB接続]を忘れずに)

  ■■ FW 1.50へのパッチ ■■

  [3]【PC】 [1](1)の解凍フォルダにある「1.50only」のフォルダにある次のフォルダをPSPの\PSP\GAMEにコピーします。
   ・kxploitpatcher
   ・kxploitpatcher%

  [4]【PSP本体】×ボタンを押下してUSB接続を終了します。

  [5]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択し、[KXploit Permanent Patcher]を実行します。

  [6]【PSP本体】PSPが再起動しますので、×ボタンを押し、パッチを適合します。

  [7]【PSP本体】通常のメニュー画面が起動したら、[設定]→[USB接続]でUSB接続モードへ。

  ■■ CFW 3.52 M33 の適用準備 ■■

  [8]【PC】 [1](1)の解凍フォルダにある「M33CREATOR」のフォルダをPSPの\PSP\GAMEにコピーします。

  [9]【PC】 [1](2)の解凍フォルダにある「EBOOT.PBP」というファイルを「150.PBP」という名前にリネームします。

  [10]【PC】 [1](3)の解凍フォルダにある「EBOOT.PBP」というファイルを「352.PBP」という名前にリネームします。

  [11]【PC】[9][10]のそれぞれのファイルを\PSP\GAME\M33CREATORにコピーします。

  [12]【PSP本体】×ボタンを押下してUSB接続を終了します。

  [13]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択し、[3.52 M33 CREATOR]を実行します。
    本手順、次手順はかなり時間がかかります。実行の前にPSPの省電力設定などをすべてOFFにしておくことを
    おススメします。
     バックライト:[設定]→[省電力設定]→[自動バックライト オフ] 切
     自動スリープ:[設定]→[省電力設定]→[自動スリープ] 切

  [14]【PSP本体】PSPが再起動します。
    再起動後、順次パッチが適用されますので、暫く待ちます。
    ワタシの場合、「Writing 3.52 firmware...」のトコロで、10~15分程度かかったように思えます。
    ※ここで電源が切れたりすると、PSPが壊れます。
    ※結構時間がかかります。途中で画面が真っ暗になった場合(スクリーンセーバー?)は、十字キーなどを
     押すと、表示されます。

  [15]【PSP本体】
    Done.
    Press X to exit.
    と表示されたら、×ボタンを押します。

  ■■ CFW 3.52 M33 の適用 ■■

  [16]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択し、[3.52 M33UPDATE]を実行します。

  [17]【PSP本体】PSP再起動後、「If you don't agree, press R button to exit」と表示されますので、
    ×ボタンを押して実行します(Rボタンはキャンセル)

  [18]【PSP本体】「Press X to shut down the psp.」と表示されれば完了です。
    ×ボタンを押します。

  [19]【PSP本体】PSPの電源を入れ、[本体設定]→[本体情報]を開き、
    「システムソフトウェア 3.52 M33」となっていれば、正常です。

  ■■ CFW 3.52 M33 Update-4 の適用 ■■
  [20]【PSP本体】通常のメニュー画面が起動したら、[設定]→[USB接続]でUSB接続モードへ。

  [21]【PC】 PSPのフォルダに\PSP\GAME150という名称のフォルダを作成します。

  [21]【PC】 [1](4)の解凍フォルダの\PSP\GAME150にある「M33Update4」のフォルダをPSPの\PSP\GAME150にコピーします。

  [22]【PSP本体】×ボタンを押下してUSB接続を終了します。

  [23]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択し、[M33 update]を実行します。
    ※タイトルは表示されませんが、「3:33:33」と赤字で表示されているものです。

  [24]【PSP本体】PSP再起動後、「Press X to do the update.」と表示されますので、
    ×ボタンを押して実行します

  [25]【PSP本体】アップデートが終了したら、「Press X to shutdown the PSP」と表示されますので、
    ×ボタンを押すと、電源が切れます。

  [26]【PSP本体】PSPの電源を入れ、[本体設定]→[本体情報]を開き、
    「システムソフトウェア 3.52 M33-4」となっていれば、正常です。

  ■■ CFW 3.90 M33 の適用 ■■
  [27]【PSP本体】通常のメニュー画面が起動したら、[設定]→[USB接続]でUSB接続モードへ。

  [28]【PC】 [1](5)の解凍フォルダにある「UPDATE」のフォルダをPSPの\PSP\GAMEにコピーします。

  [29]【PC】 [1](6)の解凍フォルダにあるEBOOT.PBP」のファイルを「390.PBP」にリネームします。

  [30]【PC】 [29]でリネームした「390.PBP」をPSPの\PSP\GAME\UPDATEにコピーします。

  [31]【PSP本体】×ボタンを押下してUSB接続を終了します。

  [32]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択し、[PSP アップデート ver 3.90]を実行します。

  [33]【PSP本体】PSP再起動後、「Press X to start the update, R to exit.」と表示されますので、
    ×ボタンを押して実行します(Rボタンはキャンセル)

  [34]【PSP本体】通常のPSPのアップデートの画面が表示されますので、○ボタンを押して開始します。

  [35]【PSP本体】→キーを押し、使用許諾契約で「同意する」を選び、→キーを2回押し○ボタンでアップデートを開始します。

  [36]【PSP本体】PSPの電源を入れ、[本体設定]→[本体情報]を開き、
    「システムソフトウェア 3.90 M33」となっていれば、正常です。

お疲れ様でした。無事終了です。


2008.02.12 気合でパンドラバッテリー作成
さて、先ほどPSPのダウングレード方法をご紹介しましたがワタシのPSPは残念ながらファームウェアが3.90だったので「パンドラバッテリー」が必要でした。
で、イロイロ考えましたが

思い切って、自作しました。


正直、ほとんど奇跡に近く成功しましたが、かなり壊しかけましたし、実際自作したパンドラバッテリーは、二度とPSPに接続する気が無い状態になり、結局バッテリーを無駄にしてしまいましたので、Yahooオークション等の製品もしくは代行サービスを利用した方が良いでしょう。

念のため(?)方法を記載しておきます。

1.前提条件
  PSPのバッテリーが「MADE IN CHINA」のモノである。
  (MADE IN JAPANではダメらしいです。)
  ※MADE IN CHINA でも100%かどうかはわかりません。

2.慎重に殻を剥く
  側面全体にある接続面に対して、カッター等で切れ込みを入れていく。
  Point!! 一度にやろうとせず、何回、何十回もやるつもりで丁寧に。
  ※底面は、特にバッテリーのプラスとマイナスの接続面があるので注意。
   この辺です。
   DSC00118.jpg

  
  YouTubeなどの外人さんは、片面(画像の上では)だけ切れ込みを入れている
  ように見えますが、実際には全面に入れた方が良いでしょう。

  ある程度、切れ目を入れれば強引に剥がします。

  ※基盤部分と殻は、絶縁体orボンドみたいなものでくっついており、剥がし方に
   よっては、基盤のカバー?みたいなモノが一緒に剥がれてしまいます。
   ※3の手順でご紹介しているサイトの写真で、ボンドみたいに見えるもの。
   ※ワタシが壊したのは、中央の大きなチップの左側にあるボンドみたいな物体の
    真ん中にある長方形の物体が一緒に剥がれました・・・。

  以下、失敗例(ワタシの場合)デス。
  DSC00121.jpg

  無理やり剥がしたので、「チギれています・・・」

3.思い切って切断
  こちらのサイト(www41.atwiki.jp/pandora_battery/pages/17.html)を参考にさせて頂きました。
  こちらのサイトの写真のように、みんながうまく行くとは限りません。
  ヘタクソがやった写真がコチラ。
  DSC00113_20080212174629.jpg


  とりあえず、写真のピンの右下のアシを、切断すれば良いのです。

4.で、完成したのがコチラ。
  むりやり、テープで止めました。
  DSC00103.jpg


ネ、ヤメといた方がいいでしょ???
最近ワタシのPSPはすっかり「ナビ」と化してしまっています。

で、ゲームもあまりしないので、無条件にときどきファームウェアをアップグレードしてしまっていました。
(現在、最新の3.90・・・)

しかし、昔ファームウェアのアップグレードについて調べていた時期があったのですが、ファームウェアのバージョン3.00か3.50以降ぐらい(確か)は、GPSが使えなかったので、無視してしまっていました。
しかし、知らない間にファームウェアの改造技術も進んでいるようで、既にGPSも使えるようになっているではありませんか!!!!。

コレで、「MAPLUSポータブルナビ2」も、メモリースティックから起動して、スピードアップ&電池の持ちが良くなりいいじゃないか!!!。

で、早速最近の動向について調べてみました。

○ダウングレードに必要なもの
 ファームウェアのバージョンが3.70以前の場合:特になし(下記手順にて使えます)
 ファームウェアのバージョンが3.70以降の場合:「パンドラバッテリー」が必要
  ※しかも、パンドラバッテリーの作成にはファームウェア1.50のPSPが必要ですので、
   PSPを複数台持っている、または知人が持っている等でパンドラバッテリーを
   作成しないコトにはどうしようもありません。
   物理的に改造する方法もありますが、「大変危険」ですので、Yahooオークション等
   で入手した方が無難でしょう・・・。

○用語について
 ファームウェアダウングレード系で、よく出てくるものです。
 ・カスタムファームウェア
  PSPのファームウェア1.50をベースに、最新ファームウェアで提供されている機能を
  実装した「改造ファームウェア」のことです。
  ベースがファームウェア1.50なので、UMDレスでゲーム等が起動する訳ですね。
 ・MMS(マジックメモリースティック)とは??
   パンドラバッテリーを作成できたり、カスタムファームウェアを更新するプログラムが
   入ったメモリースティックのコトです。
   作成には、パソコンとPSPがあれば、作成可能で、下記に手順を紹介しておきます。
 ・パンドラバッテリーとは?? 
   元々、ソニーのサービス用のセキュリティーホール(?)を利用したもので、
   現在「どのバージョンのファームウェアでもダウンロード可能」となっているものです。
   種類は、2種類あり
   [1]ソフト的に改造されたパンドラバッテリー
     上記、MMS等で作成できるものです。
   [2]ハード的に改造されたパンドラバッテリー
     初期型PSP(1000)のバッテリーで、主に初期型「MADE IN CHINA」のもの
     の場合、バッテリーを分解して端子をカットするだけで、パンドラバッテリーに
     なるというものです。最近の「MADE IN JAPAN」のものは、ほとんとが
     このパンドラ化対策がされているものなので、[1]のソフト版にしないと
     いけないでしょう。
     ちなみに、ヘタクソが自作すると、こんな感じになります

○MMS(マジックメモリースティック)の作成
 さて、上記知識が無く、ファームウェア3.70以降(ワタシは3.90)でも「パンドラバッテリーを作ってダウングレードできる!!」と勘違いして、MMSの作成までは行いました。
  結果は、上記のとおりファームウェア3.70以降のPSPでは「パンドラバッテリー」の作成もできない(実行してもエラー「8002014C」になる)のですが、せっかく作成したので手順だけ公開します。


用意するもの
・PSP本体:PSP-1000(旧バージョンPSP)
・ファームウェアは3.90(古いものでもOK)
・メモリースティック:今回は2GBのものを用意
・PC(※管理人環境はWindowsXP)
・PCとPSPを接続するUSBケーブル

※注意点
 ・※ファームウェアのバージョンが3.70以降のものは、本手順ではパンドラバッテリーの作成(及びダウングレード)
  ができません。別途「パンドラバッテリー」を入手する必要があります。
 ・本手順実行後のPSPはSonyの保障対象外となります。(ダウングレードしなければOKですけどね。)
 ・失敗すると、PSPを破損する可能性があります。
 ・上記等を含む全てを自己責任の上、実施して下さい。
 ・手順は、間違えると最初から実行しなければいけない場合等が多いです。
  手順をよく読み慎重に操作願います。

※実行前の注意点
 ・念のため、バッテリーはフル充電しておきましょう。
 ・利用するメモリースティックはフォーマットされます。
  データが全て消えてしまいますので、バックアップしておきましょう。
 ・本体からゲーム等のUMDメディアは抜いておいて下さい。
 ・手順にある【】は、実行するもの【PC】【PSP本体】を指しています。

他のファームウェアのバージョンの方は、適時ダウンロード元、ファイル名など読み替えて実行すれば
できるかも知れませんが、管理人は試していませんので、悪しからず。

■MMS(マジックメモリースティック)の作成
[1]【PC】サイト
  より、「TOTALNewbi easyInstaller」をダウンロードします。
  サイト中段少し下(広告画像の右下あたり)にあるオレンジ色の[Download]をクリック

 [2]【PC】ダウンロードしたファイル
   「14749_TOTALNewbieasyInstallerPandorasmenu.rar」を解凍します。
   解凍先は、外国アプリを起動するので、Cドライブの直下など日本語パスが
   含まれないもしくは長くないパスが良いでしょう。

 [3]【PSP本体】メモリースティックを挿入し、PSPを起動します。

 [4]【PSP本体】[設定]→[本体設定]→[メモリースティックのフォーマット]を実行し、
   メモリースティックをフォーマットします。

 [5]【PC・PSP本体】をUSBケーブルにて接続します。
   ※【PSP本体】にて[設定]→[USB接続]を実行しておくことをお忘れなく。
   接続できたら、PC側で認識されているPSPドライブ(リムーバルディスク等の名前があり、ルートに「PSP」などのフォルダがあるメディア)
   のドライブレター(E:とかJ:とか)を覚えておきます。

 [6]【PC】[2]にて解凍したフォルダにある「START.exe」を実行します。

 [7]【PC】次の画面が起動しますので、何かキーを押します。
   PSP_001.jpg


 [8]【PC】次の画面が表示されますので、何かキーを押します。
   PSP_002.jpg


 [9]【PC】Windowsにて接続されているPSPドライブを聞いてきますので、
   [5]で確認したドライブ名を入力します。(例:Jなど)
※「:」は必要ありません。
   入力後、[Enter]キーを押下します。
   PSP_003.jpg

  ※上記ができない場合場合は、PCとPSPの接続がうまくいっていません。
   PSPのマニュアルなどを参照して接続を行ってください。
   (1)【PC】USBケーブルを一度抜き、しばらくしてから再度挿してみる。PCを再起動してみる。
   (2)【PSP本体】にて[設定]→[USB接続]はされていますか?
   (3)【PSP本体】には、「USBモード」と表示されていますか?

 [10]【PC】次の画面が表示されますので、何かキーを押してください。
   メモリースティックのフォーマットが始まりますので、しばらく待ちます。
   PSP_004.jpg


 [11]【PC】画面が100%になると、次の状態になりますので[Enter]キーを押下して下さい。
   PSP_005.jpg


 [12]【PC】次の画面が表示されますので、[Y](※[]は必要ありません)を入力したあと、、[Enter]キーを押下して下さい。
   その後、しばらく待ちます。
   PSP_006.jpg


 [13]【PC】次の画面が表示されますので、「何もキーを押さず」次の手順へ進んでください。
   PSP_007.jpg


 [14]【PSP本体】再接続を行います。[×]ボタンを押し、一度USB接続を解除してから、再度[設定]→[USB接続]を行います。

 [15]【PC】Pandora Menuの画面へ戻り、(画面は[13]の状態のままのはずです)、何かキーを押します。

 [16]【PC】次の画面が表示されますので、何かキーを押します。
   PSP_007.jpg


 [17]【PC】次の画面が表示されます。まず、PSPを1.50にダウングレードする為、
   1を選びます。([1]を入力して[Enter])
  その後、しばらく待ちます。
   PSP_008.jpg


 [18]【PC】画面が次の状態になったら[Y](※[]は必要ありません)を入力したあと、
   [Enter]キーを押下して下さい。
   PSP_009.jpg


 [19]【PC】次の画面が表示されますので、何かキーを押します。
   PSP_010.jpg

 
 [20]【PC】次の画面が表示されますので、何かキーを押します。
   PSP_011.jpg

 
 [21]【PC】ウインドウが閉じたらMMS(マジックメモリースティック)の作成は完了です。

 [22]【PSP本体】[×]ボタンを押し、USB接続を解除してから、電源を切ります。
   USBケーブルも抜いておきます。

以上で、MMSの作成は完了です。

2.パンドラバッテリーの作成
 [1]【PSP本体】手順1で作成したMMSが挿入されていることを確かめて、電源を入れます。
 [2]【PSP本体】[ゲーム]→[メモリースティック]を選択します。
 [3]【PSP本体】[Pandora's Battery Firm.Installer]を選択します。
 [4]あとはメニューに沿ってXボタン等でできます・・・・・
   (スミマセン、自作パンドラバッテリーが恐ろしかったので、画像を取るヒマがありませんでした・・・・)

以上で、ワタシのPSPも無事Ver1.50になりました。

また、次回改造手順などを載せたいと思います。




2008.02.09 「白ロム」買ってみました。
さて、最近すっかりiPod Touchに立場を奪われワタシが所有する「em-one」の出番が少なくなってしまいました。
しかし、em-oneを解約しようにも、「2年プラン」にて加入していますので、解約するとまだ2万円近い出費が必要になってしまいます。
また、iPod Touchも無線LANのみですので、まだまだ使用できないエリアがあるので、イーモバイルのアクセス網(まだ、コチラお穴だらけですが・・・)も捨てがたいので、ノートPCで利用したいとカード型端末が欲しかったのです。
候補としては、やはり最新の7.2MB対応の「D02NE」」「D02HW」等が欲しいのですが、なにぶん高価で手が出せません。
まぁ、3.6MBでも十分なので、今回は「D01NE」を購入しました。

pr_img18.jpg


購入先はYahooオークションです。
最近、オークションでよく出品されている「白ロム」と呼ばれるものです。
どうも、「白ロム」とは、一度登録したがその後使用していないものらしいのですが、本当にワタシのem-oneに付属している「emチップ」で使用できるのかが非常に不安でした。

結果は、「全然OK」でした。

em-oneから取り出したemチップをD01NEに差し込むだけで、ドライバをインストール(今回購入物には添付されていなかったので、イーモバイルのサイトよりダウンロード)するだけで、まったく正常に動作します。

コレで、イーモバイルの通信網も有効活用できそうです。
2008.02.08 iPod nano 3rdが我が家へ来襲
promo_ipodnano20080122.jpg


我が家にiPod nano 3rdがやってきました。

ワタシがiPod Touchをずっと触っているのを見て、ヨメさんが欲しがっていたのと、ワタシとヨメさんは今までSonyの「メモリースティックウォークマン」を使っていて、SonicStageで音楽の管理をしていたのですが、ワタシがiPod Touchへ移行したのでiTunesになり、両方を管理する(ヨメさんは、パソコンほとんど触らないので、音楽の更新はワタシの担当・・・)のが面倒だったので、購入することとなりました。

購入したのは、iPod nano 3rdの新色のピンク(8GBモデル)です。
気に入った点は、
・Cover Flow対応
・動画も再生できる
というトコロでしょうか??
まぁ、動画再生については、画面サイズが小さいので、字幕の映画などは少しツライです。
アニメ、邦画の視聴なら、携帯プラスアルファな感じで思ったより見れます。

ワタシはiPod Touchを使っているのであまり気がつきませんでしたが、改めてミュージックプレイヤーとしてのiPodを見ると、昔のiPod(Dockモデルの初期)からするとメニューの表示項目がカスタマイズできるなどの進化はしていますね。
やはり、この小さな画面でもCoverFlowのパラパラとジャケットをめくって音楽を探せるのは「快感」の一言に尽きます。
ひとつ、気になったのがメニューにある「ラジオ」の項目です。
メニューの設定項目にはあるですが、メニューを表示するように設定しても表示はされません。
ネットで検索してみても、それらしい情報が無かったのですが、推測すると「別売りのラジオチューナー内蔵のリモコンを接続したときに有効になる機能」なのでしょうか???
ん・・・・・・・・・。 謎です。

携帯ペン型釣り竿 俺のさお

携帯ペン型釣り竿 俺のさお

販売価格¥3,129

本体重量:117g、釣り上げ加重:約2kgまで、セット内容:本体・リール、備考:小型魚から中型魚まで対応。右利き・左利き共用。…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ
2008.02.07 EM-ONEアップグレードサービス終了
さて、em-oneをお持ちの皆様。

イーモバイルのサイトに気になる記事を見つけました。

「EM・ONEアップグレードサービスの終了のお知らせ」

EM-ONEをEM-ONEαと同等にするアップグレードサービスが、2008年3月5日(水曜日)21:00までをもって終了してしまうようです。

お悩みの方はお早めに。
さて、em-oneからすっかりiPod Touchに環境を移行してしまいました。
折角、WinodwsMobile6にバージョンアップしたem-oneもすっかり「お蔵入り」状態で、売却間近??
イーモバイルも最近は7.2Mbの高速機がドンドン出てきて、近いうちにem-oneも7.2MB対応気が出そうな予感・・。
なので、早く売却した方がいいのかな????

それはそうと、最近外でもiPod Touchでメールの送受信を行う機会が増えて、利用頻度からすると、
[1]Yahoo! BBモバイル:やっぱ、「マクドナルド」って目印はわかりやすい
[2]Free Spot:都心部では強いですね
となっており、大本命だった「FON」はあまり利用していない(・・・・というか、外で利用できたコトがない・・・・)状態です。
やっぱり、「FON」のAPは住宅街に多いので、都心部ではなかなかAPが増えないのがチョット辛いですね。
先日お伝えしたとおり、東京ではLivedoorのAPにFONユーザーが接続できるという非常に羨ましい環境なのですが・・・・。

さて、ようやくタイトルに戻りますが、iPod Touchの「モバイルメール」からauの携帯向けにメールを送信すると、必ず文字化けします。
理由は、iPod Touchのメールで使用している文字コードが「UTF-8」で、auの携帯電話も対応しているコードなのですが、iPod Touchから送信するメールの「このメールはUTF-8ですヨ」という指示が無いので、うまく変換・表示できないというお粗末なハナシ・・・。
ちなみに、auの携帯からのメールはiPod Touchでも読むことはできます。
iPod Touchのメーラーの問題なので、修正版が出るまで(出る予定もあるのか??)待つしかないようです。
対処方法としては、iPod TouchからSafari(ブラウザ)でGMailのサイトへ行き、Webメールから送信すると、大丈夫です。
なんか、auとGoogleは提供してるのに、そのぐらいの対応はしてくれてもよさそうなのに・・・・・。





○以下、なにやらスゴイキャッチコピーの商品です。
  「1秒で3本売れている!韓国NO.1コスメ!!BRTC ホワイト&リンクBBクリーム(2月中旬から順次発送)」
  1秒に3本とはスゴイ。
  このブログを書いてるときにも数十本売れているとは・・・・・・・・・。
BRTCホワイト&リンクBBクリーム

BRTCホワイト&リンクBBクリ
ーム

販売価格¥5,040

韓国の女性で、いまや知らない人はいないってくらい人気の「芸能人クリーム」をついに入荷しました!「芸能人クリーム」の正式名称は「BBクリーム」。有名な芸能人やメイクアップアーティストがこぞって使っていることからその愛称がつき、空前のブームに☆塗るだけでニキビ・肌…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ
2008.02.06 iPod Touch 32GBモデル登場
ipodtouch-hero.png


さて、iPod Touchに32GBモデルが発売されました・・・・。
相変わらず、ワタシがApple製品を購入すると、スグに次モデルが発売されます・・・・。

まぁ、今回は既存の8GB、16GBのお値段は据え置きで、新たに¥59,800にて「追加」されただけというのが救われますが・・・・。

まぁ、現在発売されているiPod Touchはファームウェアが1.1.3なので、Jailbreakしようとすると、1.1.1に戻さないといけないので、あまり興味はないのですが・・・。

とりあえず、今回は容量UP(とメール等のアプリ追加)だけなので、ワタシのTouchも「同等」になっているので、ヨシとしましょう。

あとは、夏~秋ぐらいに次期Touch(できれば、iPhoneが出てほしいのですが・・・)のときに買い換えるぐらいでしょうか??

fon
さて、FONユーザー(フォネロ)の皆さんに嬉しいニュース。

以下、今日FONから届いたメールです。

---------------------------------------------------
フォネロの皆さん、エイリアンの皆さん、こんにちは。
FONより皆様へ嬉しいお知らせがございます。

山手線内約2200ヶ所のライブドアアクセスポイントが無料で利用できます!

本日、2月4日、FONは株式会社ライブドアとの提携を発表いたしました。
この提携によりフォネロの皆さんはライブドアの全てのアクセスポイントが利用可能となります。

以下略
---------------------------------------------------

東京在住のフォネロには嬉しいニュースですね。

羨ましい・・・。
東京は、山手線圏内がほぼ無線LAN接続可能・・・。

大阪も見習って欲しい・・・・。

2008.02.03 iPod Touch用動画変換ソフト
fon
さて、iPod Touchに引き続き、ヨメさんがiPod namoを購入しました。

で、動画も見ようと思い、イロイロ物色してみました。

昨日、ヨドバシカメラへ行き、あったパッケージソフトをイロイロ物色してみました。
iPod用動画変換ソフトはイロイロありますが、今回思ったのは
「サポートが終了(アップデートが提供されていないものも含む)している製品が多い」コトです。
皆さんも、下記以外の製品でも購入前は是非製品HPをご覧になり、「最後のアップデータはいつ提供されているか?」をチェックするようにした方が良いかと思われます。
常に、進化し続ける動画フォーマットで、折角お金を出したのに、今後更新されないというのはかなり辛いです。

まず、今回の選定基準としては
[1]複数動画を一括で変換できる
[2]iPod Touch, iPod nano対応(もしくは設定で可能)
[3]できるだけアップデータが多く提供されるもの(安心感)
[4]価格が安い
[5]DVDからの変換は、別途ソフトを持っているので要らない(CLone DVD mobile)
です。
具体的な性能などは皆さんがブログなどで紹介されているので省き、あくまで「ファーストインプレッションとカンタンな使い勝手」に基づいて調査してみました。
下記、結果はすべて「主観的」なモノです。
また、1日程度でざっとみただけですので、アップデータの提供状況なども購入される前に是非チェックされて下さい。
また、今回フリーソフトは候補には入れませんでした。
「携帯動画変換くん」など、優秀なソフトは多いのですが、良く利用するのとインターフェースを考慮して、今回はパッケージソフトを購入することにしました。

文末に、全体としてオススメなものを記載しておりますので、ご参考までに。

-----------------------------------------------------------
Xilisoft Video Converter(動画変換プロ)
-----------------------------------------------------------
video-converter-pro-110.jpg


価格(ダウンロード版):4,980円
動作速度:◎ かなり早いです。CPU性能をフルに使っています。
複数動画変換:◎ Drag&Dropでカンタンに変換できます。
変換できる画像形式:○ 一般的な動画にはほとんど対応していますが、ワタシが所有しているAVIで一部変換できないものがありました。
iPod Touchとの相性:△ プロファイルを作成しないといけません。iTunesへの自動登録は別ソフト(「iPod 転送」)が必要
DVDからの変換:×
体験版:あり

総評:インターフェースはかなり洗練されており、非常に使い易いです。
   MACチックでかなりカッコいいです。
   複数の画像変換時も、デュアルコアっぽく2つ同時に変換していくので、かなり変換速度も速いです。
   (クアッドコア等でも実行プロセス数が指定できるので対応できると思います)
   ファイル名が約50バイトで切れてしまう(iPod側の制限のようですが)のがチョット残念。
   また、下記「iPod動画変換」があるからでしょうが、プロファイル(設定)にiPod Touchが無いのが残念です。
   今回調査したものの中では、コストパフォーマンスが良いものだと思われます。
ただ、気になったのが、商品紹介ページに「最新iPod 30G/80G MPEG-4ビデオ(640*480解像度)にも対応しています。」と一世代
   古いコメントが・・・・(2008/2/1確認)バージョンアップ頻度は遅いのかな???
   (※下記iPod動画変換には、iPod Touch用のプロファイルが用意されていました。)

-----------------------------------------------------------
Xilisoft Video Converter(iPod動画変換)
-----------------------------------------------------------
ipod-video-converter-110.gif

価格(ダウンロード版):2,980円
動作速度:◎ かなり早いです。CPU性能をフルに使っています。
複数動画変換:◎ Drag&Dropでカンタンに変換できます。
変換できる画像形式:○ 一般的な動画にはほとんど対応していますが、ワタシが所有しているAVIで一部変換できないものがありました。
iPod Touchとの相性:○ プロファイルはありますが、。iTunesへの自動登録は別ソフト(「iPod 転送」)が必要
DVDからの変換:×
体験版:あり

総評:上記動画変換プロからiPod対応の動画、音声形式にターゲットを絞ったものです。
   インターフェース等は動画変換プロと同じです。
   価格が非常に安いので、コストパフォーマンス抜群のソフトです。
   「とりあえず、カンタンに変換したい」という方にはオススメです。

-----------------------------------------------------------
TMPGEnc 4.0 XPress
-----------------------------------------------------------
TXP4_photo.gif

価格(ダウンロード版):9,800円
動作速度:○ ??ワタシの環境のせいか、CPU稼働率が75%程度でした。思ったより早くないように感じます。
複数動画変換:◎ Drag&Dropでカンタンに変換できます。
変換できる画像形式:◎ 一般的な動画にはほとんど対応しています。動画変換プロで変換できなかったワタシが所有しているAVIも変換できました。
iPod Touchとの相性:△ プロファイルを作成しないといけません。iTunesへの自動登録は未対応?でしょうか???
DVDからの変換:○

総評:この手の動画変換ソフトではイチバン有名な存在でしょう。
   「変換」に関しては様々な設定ができますので、コアなユーザーにはオススメです。
   ネットで見た限り、ユーザーサポートも対応がよさそうですし。
   とりあえず、どれも決め手なない場合は「これにしとけば間違い無い」と言えるソフトです。
   初心者にはチョット設定項目が多すぎて迷ってしまうかも知れません。
   iPod Touch用のプロファイルがあれば(自分で作ればいいんですが・・)、最強なんですけどね・・・。

体験版:あり

-----------------------------------------------------------
Movie to Portable
-----------------------------------------------------------
mto_photo.gif


「TMPGEnc 4.0 XPress」のエンジンをベースにポータブルデバイス(PSP,iPod,PDA,DSなど)に特化したソフトです。
「TMPGEnc 4.0 XPress」にはない(・・と思います)「フォルダ監視機能」があり、この機能を使えば変換したいファイル
をフォルダに入れるだけで自動変換してくれるので、便利です。
面倒なソフトはいやだという方にはオススメだと思います。
ただ、詳細な設定を望まれている方にはビットレート等の一切の設定が無い(みつからないだけ?)ので、ヤメておいた方が良いでしょう。

価格(ダウンロード版):5,400円
動作速度:○ 
複数動画変換:◎ Drag&Dropでカンタンに変換できます。
変換できる画像形式:◎ 一般的な動画にはほとんど対応しています。
iPod Touchとの相性:◎ iTunesへの自動登録のサポートされています。
DVDからの変換:○

体験版:あり


-----------------------------------------------------------
Movie Gate
-----------------------------------------------------------
JUCW-1620.jpg


動作速度:△ 
複数動画変換:× 1つづつ登録作業が必要です。
変換できる画像形式:○ 一般的な動画にはほとんど対応しています。
iPod Touchとの相性:△ プロジェクトを作成しないといけません。
DVDからの変換:○

総評:一応の機能は実装されていますが、価格が価格だけに、物足りなさそうです。
   しかも、最後のアップデータが2005年11月30日。
   複数変換もできないので、候補には入らないと思います。

価格(パッケージ版):16,590円
体験版:なし

-----------------------------------------------------------
honestech MPEG Encoder 4.0
-----------------------------------------------------------
動作速度:△ 
複数動画変換:○ 1つづつ設定画面が出てきます。
変換できる画像形式:△ 主にAVI系
iPod Touchとの相性:× MPEG/1,2のみ
DVDからの変換:×

総評:2002年9月発売のもので、既に「販売終了」となっている製品です。
   今後のアップデートも期待できないでしょう・・・。

価格(ダウンロード版):4,800円
体験版:なし

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ざっと、チェックが終わって・・・。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ホント、昨日(2008/2/1)に店頭に並んでいたパッケージについて調べたのですが、古い製品が多いですね・・・・。
在庫なんでしょうが・・・・・・。
やはり、動画関連のソフトはCPU、動画形式共に日進月歩のモノですので、サポートが要注意なのかも知れません。

その上で、私が現在購入への最終候補として考えているのが
[1]TMPGEnc 4.0 XPress
  今、イチバンの候補です。
  とりあえず、いちばんユーザーが多そうな感を受けます。
  「なんでもできる」「いろんな形式で変換できる」という点で、安心感があります。
  ただ、まだ購入に至っていない理由は
(1)価格
    9,800円。という価格が・・・
    下記にも書いていますが、対立候補の「動画変換プロ」が4,980円とほぼ半額
    なのに対し、「倍ほどはよさそうでは無い・・」というのがネックです。
   (2)インターフェース
    ホント、「なんでもできる」のでしょうが、チョット設定項目が多すぎな感を受けます・・。
   (3)変換
     ワタシた所有しているmpeg動画で1つだけ変換できないものがありました。
     また、対抗馬の「動画変換プロ」は変換できちゃったので、また悩みます・・・。 

[2]Xilisoft Video Converter(動画変換プロ)
  とりあえず、使い勝手が良かったです。
  変換する画像の登録から変換完了までが全て1つの画面でできているのが
  非常に好印象でした。
  候補2番手となっているのが
(1)変換
     ・avi形式のファイルで、なぜか変換できないものが1種類あった
     ・変換した動画で、音声・映像がズレるものが1種類あった
   (2)アップデータの提供
     チョット提供が少ないような・・・・
     あと、「iPod動画変換」ではあるiPod Touch, iPod nano用のプロファイルが
     無いのが残念・・・。
   という理由からです。
     
の2本です。
下記にそれぞれiPodに特化した製品が安価で提供されているのですが、
いずれ他のデバイスを買いそうなので、今回は汎用版にするコトにしました。
「とりあえず、iPod専用でもいいからカンタンに易く動画変換したい!!」という方には、
[1]Xilisoft Video Converter(iPod動画変換)
[2]Movie to Portable
の2本が安定してオススメです。

是非、一度体験版にて試してみてからご購入下さい。

ワタシの現段階での候補は
[1]TMPGEnc 4.0 XPress(約6割)
[2]Xilisoft Video Converter(動画変換プロ)(約4割)
で、おそらく「TMPGEnc 4.0 XPress」に軍配が上がるとは思います・・・。
ん・・・・・・・・、ソフト選びでこれだけ悩んだのは初めて・・。
動画変換ソフトって難しいですね・・・・・。



○巷で大人気「モッフルメーカー」
  「モッフル」とは何か知りたければ写真をクリック!!。
モッフルメーカー  (2枚焼タイプ)
2008.02.02 【非対応】iPod Touch用充電器
さて、久々のハズレです。

この商品は、iPod Touchに対応していません。

「MyBattery D4」という商品です。

単4電池4本をUSB給電させる為のBOXです。

USBに出せるということで、
・携帯
・em-one
・iPod
・PSP
等、ワタシが所有しているモバイルギア達をドコでも充電できると意気込んで購入しましたが、裏面に衝撃の記載が・・・
「iPod 4G/5G/Color/Photo/Shuffleには対応しておりません」
まぁ、電圧か何かの関係でしょうが・・・・・。
まぁ、携帯等で使えるので「無駄」にはなりませんが、iPod Touchという「大本命」に使えないとは・・・。

残念。

ゲルマニウム配合低反発ウレタン  リバーシブルマットレス8.5cm

ゲルマニウム配合低反発ウレタン 
リバーシブルマットレス8.…

希望小売価格¥59,850 → 販売価格¥10,290

日々の疲れを溜め込まないために、眠りの質を高めましょう!そこで是非手に入れたいのが体に負担を掛けないことで知られている低反発のマットレス。ずーっと欲しかったけれど、高価で手が出なかった…なーんて方もいらっしゃるはず。でも、今回ご紹介の敷きマットはこの大特価!も…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ
2008.02.01 モッフル???
さて、「モッフル」というモノが巷で流行っているそうです。

下記のようなオーブントースター+○○○で誰にでもカンタンに作れるそうです。
しかも、低カロリーで美味しい!!。

さぁ、アナタも「モッフル」の秘密を見てみよう!!!。

○巷で大人気「モッフルメーカー」
  「モッフル」とは何か知りたければ写真をクリック!!。
モッフルメーカー  (2枚焼タイプ)
2008.02.01 USB同期・充電ケーブル
さて、以前もiPod Touch関連のケーブルをご紹介しましたが、また買ってしまいました。

今回購入したのはコチラです。

bonelink-3.jpg


「BONE LINK」という商品です。

全長約8cm程度のケーブルで、少し曲がります。
横方向は約30°程度、縦方向は45°程度曲がります。

要は、小さくてかさばらないケーブルが欲しかったので・・・。

大きさなどは不満はありませんが、強いて不満を挙げるとすれば、接続部分が「カチ」っとはめ込むタイプではなく、強引に抜き差しするタイプだったコトでしょうか???

コレで、iPod Touchのリンク・充電ケーブルが計5本に・・・・・。

バックカメラ 車載 埋込みカラー型

バックカメラ 車載 埋込みカラー

販売価格¥6,090

純正のバックカメラなどが故障し交換にウン万円掛かってしまうケースありますよね(((!!(゚ロ゚ノ)ノそんな時には、このバックカメラ!埋め込み型、防滴防水ですので場所を問わず、どこにでも設置が可能!カメラが露出しているといたずらされたり外される可能性がありますが…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。