--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.26 個人情報保護の試験
さて、少し前までは毎日のように個人情報の流出が報じられていましたが、今は秋葉原の事件のような通り魔事件や、食品偽装などの事件が多く、少し個人情報の流出の事件が減ったのか、単に報じられる枠がないだけなのかわかりません・・・・・・。

しかし、大多数の企業(個人)にパソコンが設置されており、なにがしらの「個人情報」(自分のものも含め)が格納されている中、「個人情報を保護しよう!!」という意識が高まってきているのは間違いありません。

そんな中、こんな資格がありましたので、取得してみました。

[1]個人情報保護士認定試験
[2]企業情報保護士認定試験

一見すると、ほぼ同じように見えます。
実際。ほとんど同じようなものです。

指摘を恐れずに、ざっくりした感じでいうと、
(詳細は、それぞれの概要をご覧下さい)

[1]個人情報保護士認定試験
 ・個人情報保護法の理解
 ・個人情報保護実践に向けて基礎的な理解
[2]企業情報保護士認定試験
 ・企業等におけるシステム化に対する理解
 ・個人情報保護実践に向けて基礎的な理解

というような内容でした。
個人情報保護士認定試験、企業情報保護士認定試験の両方を受験したのですが、
内容的には、50~60%程度は共通の知識で受験可能ですので、どうせ受験するなら両方受験した方が、効率的(同じような試験を2つ取っても意味が無いという考えもありますが・・・・)だと思います。

昨日、記念すべき(?)第一回「企業情報保護士認定試験」の合格発表がありました。
実は、「絶対に落ちてる」
自信があり(?)、まぁ、とりあえず合格発表で確認しようと思ってみて見たら、

「おめでとございます」

と、合格。

自分でも不思議です。

・・・・と、いうのも今回は第一回の試験ということで、出題範囲は上記Webの情報のみで、テキストなどはありませんでした。
なので、Webの出題範囲をひたすら独学で勉強し、いざ試験当日。

「ゼンゼン、出題範囲の内容と違うやん・・・」


モチロン、申込者に配布されていた「模擬試験」の範囲とも異なり、ほぼ落選確実だと思っていました。
まぁ、とりあえずマークシート式だったので、全部埋めましたけど。

しかし、実際にはカラクリがあるのでしょう・・・・。
今回、合格発表時にWebでみた記載によると、「合格率は35%」となっていました。
合格の条件は「全問題中で80%以上の正解率」
しかし、受験前の条件では、。「課題1~4のそれぞれで80%以上の正解で合格」
となっていました。
「合格者の水増し????」とも取れる「ルール改正」ですね。
まぁ、ほぼ確実に「水増し」で合格になったウチの一人ですし、再度受験する費用、手間を考えればありがたいコトなのですが、いまひとつ釈然としませんね。
モチロン、元々のルールの場合に合格率が何%だったのかは非常に興味があります。

正直、「個人情報保護関連の資格は儲かるから資格をバンバン作ろう!!」というような意図も見えるような気がします。
そういうワタシも個人で仕事をしていますので、企業版のPマークの代わり(個人版)だと思い、受験して取得していますので、このような資格があった方が良いのですが・・・。

一方の「個人情報保護試験」の方は、はや12回目が開催されるよう(ワタシは昨年9月の第7回か第8回ぐらいの受験)で、盛況なようですが、試験内容も毎回変更されています。
(さすがに、ここ数回は落ち着いているようですが・・・)
「企業情報保護士認定試験」受験をお考えの皆様も、できれば第3~4回の実施を待って、テキスト等の整備と試験の方向性の確立を待ってから受験された方が良いかも知れません。

まぁ、折角取得した試験なので、あとはこれ以上ヘタに改定が進み、資格としての価値がなくならないコトを祈るばかりです・・・・・。

企業情報保護士の方はまだできたてなのでわかりませんが、個人情報保護士の方は2年ほどで「更新」が必要なようで、Web上でカンタンな試験?(取得以降の変更等??)を受ければ更新できます。
カンタンとはいえ、このような更新制度があるのは良いことなのでしょうね。



スポンサーサイト
2008.06.23 iPhoneとアイホン
さて、先日「7月11日発売」とアナウンスをされ、iPhone日本版のスペック等も明らかにはなっていますが、なかなか実際の契約プラン等が発表されなくて悶々とした日々を過ごされている方々が多いことでしょう。

ワタシもそんな中の一人でソフトバンクのHPを訪れるのが「日課」となっています。

で、今日もふとみてみると、トップページにようやくiPhoneの発売日について触れているページが・・。
ただ、リンク先はAppleのページで今までと情報は変化はありません。

しかし、あと2週間程度だというのに、この情報の少なさはチョット問題がありますね。
また、発売日にユーザーが振り回されてしまうのでしょう。

で、気になったのは、リンク下の文言。
Apple、Appleのロゴは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
??「アイホン株式会社??」
で、リンクを辿ってみると、ドアホン等を作られている企業さんのページ。
日本では、既に「アイホン」で商標が登録されているのでしょうね。
「アイフォーン」と「アイホン」
類似としてダメだったのでしょうね。

しかし、「アイホン」も宣伝になったのでしょう。

さて、先日の記事で書いたとおり、キューブの1ヶ月点検(実際には2ヶ月超ですが・・)に行ってきました。

やはり、フロントに「16×6.5JJ+40」では、5cm程度ダウンしていましたが、ほぼツライチ(+1~2mmハミ出し)では検査してもらえませんでした。

6×6.5JJ+53に履き替えて、再度で直しです。

しかし、最近のメーカーは厳しいですね。
指摘された点としては、
[1]フロントタイヤツライチ
[2]ナンバープレートのカバー(モチロン、普通のプラで赤外線対応ではないです)
がNGでした。

あと、ワタシのキューブですが、エアコンの吹き出しがオカシイです。
窓だけの設定にしてエアコンをONにしても、普通の上の吹き出し口から勢い良く風が吹き出します。
コレも、直してもらわないと・・・・。

まずは、ホイールの交換からですね。
2008.06.20 公衆無線LAN検索サイト
Fon


さて、ワタシが運営している「公衆無線LAN検索サイト」ですが、最近はかなり利用者が減ってしまいました。

・fon
・FREE SPOT
・HOT SPOT
・Yahoo! BBモバイル
・Livedoor Wireless
の公衆無線LANのホットスポットを検索できるサイトです。
携帯やiPod Touch等からも検索することができます。

上記の公衆無線LANスポットを無料で検索できます。
公衆無線LANを検索する機会がありましたら、是非とも!!。
基本的に、2週間に一度程度のデータメンテナンスを行っています。

このまま、利用者が少なくなったら閉鎖しなければいけません。
是非、ご利用、ご宣伝宜しくお願い致します。 m(__)m

チョット、宣伝でした。
2008.06.19 S11HTのチョット便利な設定
さて、EMONSTERことS11HTですが、毎回接続するたびに、「接続しました」っていうメッセージが出てきますよね?

あれがなかなかウザかったのですが、カンタンに消すことができるんですね。


[スタート]→[設定]→[音と通知]を選び[通知]タブを選びます。

「イベント」リストボックスで「接続の確立」を選び、
「□画面にメッセージを表示する」
のチェックを外します。

コレだけです。
皆さん、ご存知でしょうが・・・・。。
2008.06.19 WMWifiRouterの設定
さて、iPod Touchの専用無線LANルーター?「S11HT」
として大活躍するためのソフトウェア「WMWifiRouter」ですが、意外に詳細な使い方が記載してあるサイトが少ないので、わかる範囲で記載してみました。

20080401_15.jpg


ご参考になれば。

※基本的に、内容は管理人が意訳、使った感じで記載しています。
 また、どうしても分からない設定などもありましたので、その点はご勘弁を・・・・。

■WMWifiRouterの設定
【】内は初期値です。

Crash cleanup:最後に動作(接続できた?)したときの設定に復旧させるモードです。
       動作がおかしくなった時にするリセット処理のようなもの
       接続できない時に実行すると、良いようです。
       
       以下、実行手順です。
       [1]ソフトリセット(WindowsMobile)
       [2]WMWifiRouterを実行
       [3]Crash cleanupを実行
       [4]ソフトリセット(WindowsMobile)
       ※実際にはソフトリセットは必要ないと思いますが、
        WMWifiRouterのサイトでは上記の手順になっていました。
       
Configuration:各種設定
Auto start:【OFF】有効にすると、WMWifiRouterを起動させた時に、自動で接続するようになります。
Auto quit:【ON】ICSが終了したときに、通信を終了するモードです。
       使用中に突然つながらなくなるようでしたら、ここをOFFにしてみましょう。
Auto reconnect:【ON】接続が切れた場合に自動で再接続を行います。
        初めての設定の際はココがONになっていると、設定間違いの際に
        無限ループに陥りますので、設定が完了するまではOFFがおススメです。
Force ad-hoc only:【ON】adhoc(アドホック)接続モードの切り替え
          通常はONでOKですが、OFFにするとどうなる???
          情報ありましたらお願いします。
Wifi power boost:【ON】無線LANの電波強度を上げるモードです。
          本体(WindowsMobile)と離して使う場合にはONにしましょう。
          ただし、バッテリー消費は激しくなります。
Restart wifi on connect:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Unattended mode:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Use DHCP allocator:【ON】???情報ありましたらお願いします。
DMZ:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Port Mappings...ポートマッピング(割り当て)の指定を行います。
        特定のIPからの接続時にポートを割り当てることができますが、
        WMWifiRouterの使い方からして、通常は利用しないでしょう。
        ポート指定があるアプリケーション(オンラインゲーム、P2Pソフト等)
        を使用する場合等に設定を行います。
Network setup...WiFiルーターとして外部に公開される名称等を設定します。
Network Name:WiFiで接続される際に表示されるルーター名です。
      接続されにくい?名称にしましょう。
Security:暗号化を利用するかの設定です。
     Noneだと誰でも接続できてしまうので、WEPにして
     何か設定しましょう。
     通常の無線LANルーターのように長い文字列を設定する
     必要はありません。
     ワタシの場合、数字5桁でOKでした。
Passphase:Securityが「WEP」に設定されている場合の暗号キーです。
     (パスワード)
Key index:特に設定する必要はありません。
     接続機器側の指定でチャンネル(インデックス)の指定が
     ある場合に設定しましょう。
IP block:【192.168.3.x】:接続された機器に割り当てられるIPアドレスの種類です。
              特に変更の必要はないと思います。
              デフォルトだと、192.168.3.64等のIPアドレスが割り当てられます。
Cellular connection:【EMnet】接続先の設定です。EMnet未加入者はembにしましょう。
DHCP status...現在接続されている機器の一覧を見ることができます。
       不正に接続されていないか等、ときどきチェックすると良いでしょう。
Statistics..
Show log..ログを見ることができます。エラーの際などは確認してみましょう。
About...バージョン番号などを見ることができます。またここで自分のライセンスキーなども
    確認することができます。
License...使用許諾の内容を確認することができます。
Quit...終了します。

■とりあえず使うには・・・
 次の設定のみ変更すればとりあえず使えます。
 しかし、設定を間違えていると、自動再接続がループしますので、
 [Configuration]→[Auto reconnect]→[OFF]
 にして試されることをおススメします。

 [1]EMnet加入者
  何もしなくてもとりあえずつながります。
 [2]EMnet未加入者
  [Configuration]→[Cellular connection]→[emb]
 
■おススメ設定
 [1]Network setup
暗号化と名称変更ぐらいはしておきましょう。
 [2]Auto start
設定が安定したらONにしましょう。
  起動するだけで接続されます。
 [3]Wifi power boost
使い方にもよりますが、WindowsMobile機のスグ近くで使われる場合が
  多い方は、OFFにすることで、電池の持ちが良くなります。
  ただ、ときどき接続が切れてしまう場合があるようですので、その辺は臨機応変に。

■注意事項
 最新版にバージョンアップする際は、最新のcabファイルを入手して実行すればOKです。
 古いバージョンを自動的にアンインストールして、最新版がインストールされます。
 ただ、すべての設定が初期状態になり、再度ライセンスキーの入力も必要になりますので、注意しましょう。
 
では、快適な「移動無線LANルーターライフ」を!!!。
さて、ワタクシ愛用のブラウザ「FireFox」の3.0正式版が遂にリリースされました。

firefox_words.png


その中でも私が利用しているのはFireFoxPortableというUSBメモリ等に入れれる
レジストリに影響されないバージョンです。

今回は、既に日本語化されたものもダウンロードできました。

以下、手順です。

[1]ダウンロードサイトよりダウンロード
FFP_JA_001.jpg


[2]あとは、インストールするだけ。

カンタンです。

あとは、プラグインのアップデート待ちですね。

2008.06.12 EMONSTER lite (S12HT)
あっ!!!!。

よく見れば、「EMONSTER lite (S12HT)」には無線LANが無いじゃないですか・・・・。

「良かった・・・・・・・」

コレで、S11HTをつい2週間前に契約したワタシも救われるというモノ・・・。

まだまだ、S11HTの第一線は確保されてマシタ
2008.06.12 EMONSTER lite (S12HT)
fon
さて、突如として現れたEMONSTER lite (S12HT)

20080610_ht_01.jpg


・・・・って、S11HTを新規契約してまだ2週間・・・・。
相変わらず、ツイてない・・・・・。

S11HTと比べて、GPSがついてない以外、iPod Touchのルーターとして使っているワタシからすると、非常に魅力的なこの機種・・・・。

ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
「悔しい」

とりあえず、オークションで白ロム買うか・・・・。
それとも、iPhoneを買うか・・。

2008.06.10 バーチャルPCのvhdファイル減量
さて、ワタシは仕事等でVirtual PCを愛用しています。
理由は、いちいち環境を作成しなくても、一度環境を作成すればHDD上のイメージファイルを複製するだけで
ドコでも同じ環境で作業できるからです。
最近は、PCのスペックも向上し、たいていのPCではストレスなくバーチャル環境を実行することができます。
しかし、ワタシがメインで利用しているバーチャル環境で問題が発生しました。
最近、メインPCのハードディスクの容量が少ないなぁ~と思っていて、イロイロ用途など調べていたら、
「バーチャルPCのvhdファイルが15GBを超えていました」
それで、バーチャルPCを起動させ、実際の利用している容量を調査してみると、「2GB」ほど。
ワタシが利用しているVirtualPCの仮想ディスクは「容量可変」のタイプ。
イロイロ調べてみると、どうもVirtualPCの容量可変のものの扱いは、一度でもアクセスした領域は使用済みとなり、
ドンドン拡張されていくというような仕組みのようです。

それで、不使用な領域を開放するには、次の手順が有効でした。

[1]対象のVirtualPC環境を起動する

[2]VirtualPC上(ゲストOS上)でデフラグを実施
 できるだけ未使用領域(後ろの方)を減らします。

[3]「Virtual Disk Precompactor」の実行
 このツールは、VirtualPC上の未使用領域にゼロを書き込み、使用されていない状態に
 するツールらしいです。

 VirtualPC上(ゲストOS上)で、上部のメニュー
 [CD]→[ISOイメージのキャプチャ]を実行
通常はC:\Program Files\Microsoft Virtual PC\Virtual Machine Additions\Virtual Disk Precompactor.iso
 
[4][はい(Y)]を選択
 空き容量により、かなりの時間がかかります。
 暫く、待ちましょう。
 見てみると、c:\にZERO0000.TMPというようなファイルがドンドン作成されていきます。
 一般的なセキュリティーソフト(消したデータを復活させない)と同じような方式で、
 ファイルを作成、削除してるのでしょうね。

 ここで、vhdファイルの容量は15GB→10GB程に減りました。
 
[5]バーチャルディスク ウィザードの実行
 次に、バーチャルディスクウィザードを実行します。
 VirtualPC(ゲストOS)を終了し、Virtual PC コンソールから[設定]を選びます。

[6]次に、「ハードディスク1」等、対象のHDDイメージを選択し、[バーチャルディスク ウィザード]
 を選択します。

[7][次へ]をクリックします。

[8]「既存のバーチャルディスクの編集」を選び、[次へ]をクリックします。

[9]対象のvhdファイルを選び、[次へ]をクリックします。

[10]「圧縮する」が選択されていることを確認し、、[次へ]をクリックします。

[11]「元のファイルを上書きする」が選択されていることを確認し、、[次へ]をクリックします。

[12][完了]をクリックすると、圧縮が開始されます。

[13]処理が終わると、無事にサイズが少なくなっています。
 ワタシの場合は15GB→10GB→4.5GBと大幅にサイズが減少しました。

しかし、この処理には時間がかかる・・。
せめて、1クリックでなんとかならないものでしょうかね・・・。
2008.06.09 eneloop mobile booster KBC-L2S
さて、最近S11HTを購入し、iPod Touchで快適モバイル生活を楽しんでおります。

しかし、S11HT(EMONSTER)の電池の持ちは悪いですね・・。
「WMWifiRouter」を使って無線LAN共有していると、恐ろしいぐらいに電池を消耗します。

それで、外部電源を検討していたのですが、現在ワタシが所有しているのはリンケージ社の「ACL-40G」という電源です。

■容量比較
容量比較してみると
[1]KBC-L2S:5000mAh
[2]KBC-L3S:2500mAh
[3]ACL-40G:1300mAh
と、容量では圧倒的に「KBC-L2S」が圧勝です。

■サイズ比較
単純なサイズ比較では、
[1]KBC-L3S
[2]KBC-L2S
[3]ACL-40G
となりますが、[2][3]の差はごくわずかです。
KBC-L3SとKBC-L2Sの差は1.5倍ぐらいの違いです。
しかし、ACL-40Gは本体に充電のためのコンセントプラグが内蔵されているので、サイズ的に考えた場合はACL-40Gがワタシにとってベストです。

で、今回購入したのは「KBC-L2S」です。
image_lineup20.gif

購入のポイントは、
・基本的にはACL-40Gがメインなので、イザというときの容量重視
・タマにしか使わないので、自然放電が少ない
・USB給電が2つ同時に可能
というトコロでしょうか???

性能的には、
・iPod Touch
・S11HT
・携帯電話
をそれぞれカラの状態からフル充電まで充電できるスペックです。
とあるサイトでは、S11HT+KBC-L2Sで「WMWifiRouter」を8時間連続で利用できたと報告されているトコロもありますので、心強いトコロです。

しかし、最近のモバイルグッツ購入により、持ちあるくものが
・iPod Touch
・携帯(au)
・S11HT
・ACL-40G
・KBC-L2S
・各種USB充電ケーブル
と、総勢1キロ超!!
便利にすればするほど、「モバイル」からは遠のいてしまい、本末転倒な今日このごろです・・・・。
2008.06.05 ZiPhone 3.0 でJailbreak失敗!!!
さて、昨日の記事にしたアプリをインストールするまでは、約2ヶ月ほど「収監」されたままでした。
もうスグ発表のiPhoneファームウェア2.0待ちだったのですが、やはりGoogleカレンダーの同期ができるという魅力にはかなわず、JailBreakしました。

利用したのはZiPhoneでいつのまにやら3.0になっていました。
前回は、ファームウェア1.1.4+ZiPhone2.6で問題なくJailbreakできていたのでスッカリ油断していました。

状態としては、
[1]ZiPhoneで[Jailbreak]ボタンを押す
[2]しばらく待っていると、iPod側の画面で次のメッセージが表示
 If you want to make modifications to files:
 /sbin/fsck-fy
 /sbin/mount -uw /
 If you wsh to boot the system: exit
 launchd(3): can't exec/bin/sh for single user: no such file or directory
 ※launchd(3)の数字は適時変わりました。
[3]再起動しようが電源切ろうがPC側でiPod Touchが認識されなくなってしまいました。
 で、iPod側は常に上記メッセージが表示されてストップする状態。
 (なぜか、ケーブルを抜き差しするとメッセージが出ていました)

そこで、次の対応にて復帰することができました。
[1] iPod側のケーブルを抜く(PC←→iPod touchケーブル)
[2] Sleep/WakeボタンとHomeボタンを長押しする
[3] 電源オフ表示が出てもそのまま押し続ける
[4] 強制終了したらすぐにSleep/Wakeボタンを離す(Homeボタンはそのまま長押し)
[5] Homeボタンを押したままコネクタを接続
 ※ワタシは、ここでiPod内のZiphoneの処理が動き始め、無事Jailbreakされました。
[6] iTunesを起動する
[7] Sleep/Wakeボタンを押して電源オン(ここまでHOMEボタンは押したまま。)
[8] あとはiTunesの指示に従う

かなり、ビックリしましたが、まぁ無事に「脱獄囚」に復帰です。
次の収監は「NemusSync」が公式にインストールできるようになったらですね。
さて、いまや遅しと心待ちにしている「日本版iPhone」ですが、ついにニュースになりました。

コチラのサイトです。
ココココにもあります。

まだ、「確定」ではないのでしょうが、「ほぼ確定」には違いないですね。

まぁ、ワタシのキャリアはauですが、乗り換えることは確実でしょう。
できれば、DoCoMoがヨカッタんですけどね・・・・。
あとは、心配なのが料金プラン。
コレの状況によっては、S11HT+iPod Touchの方がまだアドバンテージがありそうですね。
(PCにもつなげるし・・・)

2008.06.04 iPod Touchのアプリを追加
さて、S11HTも機嫌よく稼動し、快適なiPod Touchライフを送っております。

また、遂に待ち焦がれていたアプリが出ましたので、早速インストールしてみました。

■Googleカレンダー同期ツール:NemusSync
 iPod TouchのカレンダーとGoogleカレンダーを「直接」Syncさせてくれるものです。
 待ってました。
 しかも、他のカレンダー同期ツールではGoogleカレンダーのメインとなるカレンダー
(もしくは1つ)しか同期できないのが、複数カレンダー、公開カレンダーと
 すべてのカレンダーを同期することができます。
 同期の方向も片方向、両方向と設定ができます。
 唯一の欠点といえば、同期させるのにアイコンからNemusSyncを起動させ、
 NemusSyncの画面の[Sync Calendars]をクリックしなければいけないというぐらいの
 ホント些細なモノぐらいです。
 モチロン、日本語の予定も全く問題ありません。
 以下、インストール手順です。

[1]リポジトリの追加
 Installerの[Sources]→[Edit]→[Add]にて追加
 「www.nemustech.com/iPhone/repos」

[2]GData Client Libraryのインストール
 Installerの[Install]→[All Packages]で「GData Client Library」を検索して
 インストール

[3]一度、ホームへ戻る

[4]NemusSyncのインストール
 Installerの[Install]→[All Packages]で「NemusSync」を検索して
 インストール


■ロック画面に予定表示:IntelliScreen
 NemusSyncを探しているときに、他の方がご紹介されていました。
 コレは、iPod Touchのロック中の画面に様々な情報を表示させることができるという
 スグれものです。
 表示できる情報としては、
 ・メール
 ・予定
 ・SMS(iPod Touchでは使えません)
 ・News
 ・天気
 ・ニュース
 ・スポーツ
 と多彩にあるのですが、日本で使える(というか意味がある)ものはメールと予定ぐらいでしょうか?
 まぁ、いつも見慣れたロック解除の画面が少しイメージが変わって良いかと思います。
 以下、インストール手順です。

[1]リポジトリの追加
 Installerの[Sources]→[Edit]→[Add]にて追加
 「http://intelliborn.com/repo」

[2]IntelliScreenのインストール
 Installerの[Install]→[All Packages]で「IntelliScreen」を検索して
 インストール

[3]ホームに戻り、一度iPod Touchの電源を切り再起動する
2008.06.03 S11HTをモデムとして利用してみる
さて、S11HTですが、「WMWifiRouter」があるのでUSB接続でモデムとして利用する必要はない(無線LANの共有でOK)のですが、「何かあったときに、接続する方法を知ってないとマズい」ので、試してみました。

案の定、わからないコトだらけ。

とりあえず、Comm Manager(フライトモードとか設定できる画面)で「インターネット共有」を選択し、
PCとの接続:USB
ネットワーク接続:emb(※em-net未加入の為)
に設定し、下にある[接続]をクリックします。

PCとS11HTがUSB接続されると、PC側で「新しいハードウェアがみつかりました」と出る。
で、自動で認識するのかな?と思いきや、
「Generic RNDIS」とやらのドライバは見つからないとのコト。
で、またもやGoogle様にイロイロ聞いてみると、
S11HTをPCでモデムとして利用するには
WindowsXP:ActiveSync
Windows Vista:Windows Mobile Center
が必要とのコト。

ワタシはWinXPなので、ActiveSyncをダウンロードしてインストール。
その後、再度接続すると、アッサリと繋がりました。

できれば、常駐モノのAcriveSyncは入れたくなかったんですけどね。
(だって、予定とかはiPod Touchで管理してるモンで、Windowsには用事が無いもので・・・)

まぁ、無事にできてヨカッタ。
2008.06.02 H11STとGoogleMap
さて、購入3日目ですが、S11HT。
結構使えます。

PDAとして、メール等はあまり使わない(・・・というか使わない)ので、もっぱらiPod TouchとWMWifiRouterを使ってモデムとして大活躍です。

「予想外」に使えるのがモバイルGoogleMap。
GPSとも連動できるので、なかなか便利です。
GPSの初期測位のスピードも「クイックGPS」を利用して事前に衛星軌道のデータをDLしていれば、PSPのGPSよりよっぽど早いです。(1~2分で測位できることが多いです)

ただ、残念なのがキャッシュできる範囲が狭いところ。
iPod Touchは結構広範囲までキャッシュに溜まるので、オフライン時もあまり不便はしないですが、S11HTの方はキャッシュの範囲が狭いのでオフラインではあまり使えそうにありません。
それ以外は、なかなか操作感もいいですし、おススメツールですね。

あと、キチンと計測していないのですが、電池の持ちが悪いような・・・。
とりあえずは様子見で。
2008.06.02 赤SIMと黒SIM
さて、S11HT(EMONSTER)ですが、まだあまり使い方を分かっていないですが、なんとか使っています。

で、既存em-oneの回線(赤SIM)を解約する前に、実験をしてみました。
ちなみに、
em-one,データカードなど:通信専用の赤SIM(赤いemチップ)
音声端末:音声・通信両用の黒SIM(黒いemチップ)
がそれぞれ付属しています。

その1:黒SIMでデータカードは使えるか?
 データカードD01NEをに黒SIMを挿してみました。
 全く問題なく使えます。

その2:赤SIMでS11HTはつかるか?
 挿すだけで、とりあえず、SIMロックは外れます。
 無線LAN等の機能は使えますが、通信はできません。
 通信を行うには、次の方法にて利用することができます。
 (自己責任で。)
 [スタート]→[設定]→[接続](タブ)→[接続]→[詳細設定](タブ)→[ネットワークの選択]
でEMnetをembに変更することで利用可能になります。
(em-netサービスを利用していない方は、通常で上記設定なので、そのままで使える筈です)
 状態的にはem-oneと同じになる訳ですね。
モチロン、音声通話はできないでしょう。

一応、互換性があるということで・・・。
ちなみに、解約時には「SIMにハサミを入れて返送してくれ」と言われました。
SIMロック解除対策でしょうかね??
2008.06.01 S11HT購入
さて、遂にS11HTを購入してしまいました。
「6月のiPhone発表まで待つ」予定でしたが、臨時収入がありフラフラ~っとヨドバシカメラに行き購入してしまいました。

pg_s11ht03.jpg


em-oneの回線は結局解約することに。
しかし、やはりイーモバイルの対応の悪さが露呈。
なんと、解約はショップではできないので、自分でカスタマーセンターに電話して解約しろとのコト。
しかも、解約までの手続きはこんな感じ。
[1]カスタマーセンターへ電話して解約を伝える。
[2]数日したら解約の為の書類及びemチップ返送用の封筒が送られてくる
[3][2]の封筒を投函
[4]イーモバイル側で受理して解約完了。
モチロン、お約束で[1]~[4]の期間は基本使用料などが発生するとのコト。
まぁ、購入時に説明は聞いていた(らしい)というコトなんで、仕方ないですけどね。

で、許せないのがココから・・・・・・。
現在、ワタシのem-oneの回線は「ライトデータプラン」。
しかし、EMONSTERを購入したので、使わない(っというか、今月中に解約します)ので「スーパーライトプラン」へ変更しようと思い、イーモバイルサイトで手続きを行い、[確定]ボタンを押したところ・・・

「ただいま、アクセスが集中し、回線がつながりにくくなっております・・・・・」

というメッセージが・・・・。
「そんな、アホな・・・・」
と、言うわ訳で、今月もライトデータプランで・・。
1,000円損しちゃいました・・・。

ちなみに、EM-ONEの回線の解約料金ですが、2年契約+本体代の解約料込みで、約10ヶ月の使用で28,000円・・・。
まぁ、コレははじめから了解していたので、仕方ない・・・・。

で、ここからが本題。
「EMONSTER」
早速、セットアップ。

■第一章:早速トラブル発生!!
 まず、つまづいたのが、購入したにも関わらず、「まったくネットに接続できない・・・・」
 で、モチロンスグに解決。
 どうやら、「お約束」らしく、ワタシはオプションのem-netに入っていないので、次の設定が必要でした。
 詳細はコチラまたはコチラ
 これで、接続先が「emb」になり、正常にネットすることができました。

■第二章:苦闘・モバイルGoogleマップ
 店頭でモバイルGoogleMapのデモをやっていたので、私もやっみようと思い、
 メニューを探してみる。
 「ん??? 無いな??」
 まぁ、この辺は置いといて、「別アプリでありました」
 PCでググッと検索してみてインストールしてみたのですが、
 「このアプリは通信が必要、キャリアに確認・・・・」のメッセージが・・・。
 で、調べていくうちに、原因が判明しました。
 「モバイルGoogleMapのバージョンが古い。」
 最新バージョンは、2.0.0.12です。
 EMONSTERのブラウザから 「http://www.google.co.jp/gmm/」にアクセスしてダウンロードしましょう。

 で、ようやく使えるようになりましたが、「思ったより使える」というのが正直なところです。
 地図を移動させるところは、iPod Touch版と比べるまでもないですが、結構使いやすいです。
 地図も、iPod Touch版より詳細まで出ますし。
 とりあえず、iPod TouchでGoogleMapだけ使う場合は、コッチでもよさそうです。

■第三章:悶絶・WMWifiRouter
 さて、EMONSTERの購入動機ともなった、「WMWifiRouter」
 コレが無いと、始まりません。
 で、早速サイトから体験版をインストール。
 ココまでは良かったのですが、参考にしたページ(em-oneの設定ページ)でレジストリ云々は
 EMONSTERでは必要ありません。
 em-netに加入されている方なら、何もしなくても(念のためWiFiのパスワードぐらいは設定した方が良いですが。)つながるハズです。
 em-netに入っていない方は、次の手順が必要です。
 でないと、ワタシのように、接続・失敗・リトライの永久ループに陥り、再起動するハメになります。
 手順は、次のとおりです。
 「WMWifiRouter」を起動後、右下の「Options」から
 [Configuration]→[Cellular connection]→[emb]
そうです。デフォルトでは、em-netに接続しにいく設定になっていたので、永久ループ。
 (キャンセルできるようにしておいて欲しかった・・・)
 ココで、embに接続するようにすれば、ちゃんと繋がりました。

 しかし、この「WMWifiRouter」素晴らしいですね。
 とりあえず、レジストしました。(ライセンスキーはまだ到着しませんが・・・)
 
 これで、皆さんのように「WiFiスポットを持ち歩く」コトができます。

■総括
 やっぱり、em-oneの時も痛感しましたが、WindowsMobileは使いにくいですね・・・・。
 当面は、
 ・iPod Touch用無線LANルーター
 ・GoogleMap端末
 としてしか使わないでしょう。

 iPod Touchとは比べるべくもないので、em-oneとの比較を。

 ○良いところ
  [1]動作が軽い。
  em-oneとちがい、割とサクサク動きます。
[2]小さい
   体積では、iPod Touchと同等ですが、em-oneと比べるとかなり小さいです。
  [3]専用メニュー
    S11HT専用のメニュー画面が意外と使えます。
    時計表示もカッコいいし、天気予報もある。
    あと、ランチャーもあるので、思ったより使えます。
  ○悪いところ
   悪いところは、まぁ当然ですが画面サイズだけですね。
   em-oneみたいに「REAL VGA」できるんでしょうかね??

とりあえずはこのぐらいで、また「REAL VGA」を中心に拡張できそうなものがないか調べてみたいと思います。


  
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。