--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.31 超スリムなUSBハブ
sub7.jpg

最近、USB機器がドンドン増えて、普段の利用で
・マウス
・iPhone(充電用)
・USB-WSIM(Willcom通信用)
・USBメモリ
と、最低でも4ポートが必要になってしまいました。

で、持ち運びがメインなので、緊急用にUSBハブを購入しました。

QUELLE(クヴェレ)

特徴としては、「薄い」「小さい」「カッコいい」「安い(他の製品と同程度)」と、購入の条件を全て満たしています。
ただ、1点改善要望があるとすれば、ケーブルが横に出るので、隣り合ったUSB端子の場合に隣に影響が出るトコロですが、並べ替えればいいだけなので・・・・。

ちなみに、USB-WSIM(WillcomのUSBモデムとして利用)を接続すると、電力不足なのか、接続がプツプツ切れます。(PC直刺しで解決)
スポンサーサイト
2009.03.30 どこでもwifi【電源編】
さて、どこでもwifi 3回目です。

どこでもwifiの電源は、
[1]eneloop
[2]付属のACアダプタ
が基本です。

とりあえず、eneloopで利用するのが前提なので、このサイズになっているのでしょうが、
できれば時間半分でも良かったので、電池2本のサイズになっていれば・・・・・
あと、付属のACアダプタも結構な大きさです。
eneloopの充電器は本体より少し大きいぐらいのものです。

なので、これらを常時持ち運ぶのはチョット辛い

で、気になったのが、他のブログでも『電源の端子はPSP、W-ZERO3と同じ』
というものです。
しかし、普通の『PSP対応』のものは、5Vのものは規格が同じなのですが、
500mAのものがほとんどです。
コレでは、おそらく使えない(750mAは必要と思われる)デスので、ご注意を。

□USB経由で電源を確保
で、今回購入したのはコチラ
UCC-04D.jpeg

USBのB端子から、PSP、W-ZERO3の形状に変換するものです。
『モバイルライフ株式会社 UCC-04D』
です。

以前、100均でも同様の製品を見かけたことがありますので、そちらでもイケるかも
知れませんが、とりあえず今回は380円のこの製品を利用しました。

結果、『普通に使えました』

とりあえず、緊急時の電源確保には、十分に役立ちます。

□eneloop mobilebooster
image_lineup20.gif
で、気を良くして、手持ちの『eneloop mobile booster KBC-L2S』にて上記ケーブルにて
試してみました。

電源が入り、通常の接続処理までは動いたのですが、途中で止まってしまいます。
おそらく、電流不足なのでしょう。
コレは、使えませんでした。

というのがとりあえず手持ちの機器での利用状況です。
いまのところ、ワタシはPCでの利用がメインなので、今回の検証で利用できた
USB給電で十分利用できることがわかりました。
ACアダプタの代わりは十分果たしてくれそうです。

お決まりですが、どこでもwifiのUSB給電等は、自己責任でお願い致します。
PCからのUSB給電に関しても、各PCのスペックにより異なりますので。

ご参考になれば。

2009.03.29 どこでもwifi【モバイル編】
さて、Willcomのどこでもwifi 第2回目として、モバイル編を。

とはいえ、実際には「どこでもwifi」からは逸脱します。

『だって、あんなデカイの持ち運べないモン』


ととまあこの商品『全否定』な感もありますが、ワタシの場合、他にイロイロ荷物が多い人間なもので・・・・・・
あと、3時間は利用できるのですが、仕事ベースでは数倍の時間が必要な為、持ち運びは他の手段を利用します。

12dh94000000bmpl.jpg

k今回購入したのはアイオーデータのUSB-WSIMというモノ

WillcomのSIMをUSB接続のモデムとして利用できるようにするというシロモノです。
ホントは、PCカードタイプのものが欲しかったのですが、オークション等で入手するしか手段がなく、
ととりあえず+Macbook Air用として購入しました。

Win,Macの両対応で、説明書どおりにセットアップすれば、カンタンに利用できました。

とりあえず、仕事用のWinノート用にはいつかPCカードタイプのものを入手するとして、当面の仕事はコレで乗り切ろうと思います。

次回は、【電源編】です。

【追記】バスパワー形式のHUBで利用すると、プツプツ接続が切れます。
    セルフパワーまたは直刺しにて利用すれば問題ありません。


2009.03.28 どこでもwifi【購入編】
dokodemo_wi-fi.jpg

さて、最近巷で話題?のWillcom どこでもwifiを購入しました。

目的は、仕事での通信費の節約で、今まではイーモバイルを利用していましたが、月に5500円程度掛かっていたのを節約するのが目的です。
開封インプレ等は、既に他のブログで紹介されていますので、とりあえず『他の視点』で紹介したいと思います。

□購入に際して
 とりあえず、通信速度が最大のネックです。
 いままで、e-mobile回線を利用していたので、とりあえず『遅い』です。
 場所によっては、ホントISDNで接続していた頃を痛烈に思い出さされます。
 ここだけは、覚悟して購入しましょう。

□接続性
 コレは、ホント優秀です。
 Windows, Mac, iPhone(iPod Touch)にて接続してみましたが、普通の
 wifi接続で全く問題なく使えます。

□プロバイダ
 これも、必須です。
 willcom標準のプロバイダでは、ホント使い物になりません。
 なにせ、ほとんどのサイトにブロックがかかるのですから・・
 幸い、ワタシが加入しているプロバイダが無料でダイヤルアップ接続をサポート
 してくれていたので、そちらを使っています。

とりあえず、
料金:安いので、問題ないと思います
プロバイダ:絶対確保が必要です。別途無料で使えるプロバイダを確保しましょう。
       (固定回線を持っていない方などは、知人のものを借りてでも??)
速度:メチャメチャ遅いので、覚悟しましょう。
可搬性:実機をみてもらえればわかりますが、常々携帯するには結構な大きさです。
     別途I/Fを用意しましょう。

ワタシの場合は、仕事でのデータ通信で、
・メール
・Webでの調べもの
ぐらいが主な用途ですので、スピードは覚悟していましたが、なんとか使えます。
しかし、ホント遅い・・・
で、使わないときには、実家等ネット回線が無いところで有効活用する(PC,iPod Touch)
為に、本機を購入しました。

というぐらいで、まずは購入編でした。

次回は、【モバイル編】をお届けします。
  
2009.03.27 EMNetの解約
さて、e-mobileを利用していますが、最近は、iPhone 3Gのお陰ですっかり「モデム」としてしか機能していません。
それで、チョット別の回線を導入しようかと検討中で、イーモバイルの利用料金を節約するために、EMnetを解約することにしました。

当初は、emnet.ne.jpのアドレスが欲しくて加入していましたが、最近すっかり利用しなくなってしまいましたので、月額315円の節約です。
(元々、他のEMNetサービスは使ったことがないので・・・・・)

それで、イーモバイルのMy Emobileのサイトを見てみても、なかなか解約方法が見つからない・・。
で、結局みつかったのは、次の手順です。
emb_remove.jpg

1.My EMOBILEのサイトにログイン

2.上のメニューにある「お問い合わせ」をクリック

3.中段の「お問い合わせ内容」から「EMnet解約」を選択
 (モチロン、メールアドレスも必要です)

以上で、問い合わせを送信すればOKです。

再度、EMNetに加入する場合も同じ手順(3の手順でEMNet追加を選択)でOKです。

モチロン、解約等についてはどのキャリアも対応が遅い(特に、イーモバイルは遅い??)ので、月末ギリギリだと、翌月まで持ち越されてしまう可能性がありますので、お手続きはお早めに・・・・。
あと、ネットの接続設定も「EMNet」から「emb」に戻すのもお忘れなく・・。

【追補】
夕方に解約申請をしたのですが、夜には「解約が完了しました」とスピーディーな対応でした。
イーモバイルのサポートには常々不満だったのですが、今回は満足デス。
2009.03.27 Byline
さて、iPhoneでRSSリーダーを使っています。

今までは、「NetNewsWire」というフリーのソフトを利用していたのですが、
今回「Byline」というソフトを購入しました。
購入理由は、各サイト、App Storeのコメントで評判が良かったので・・。

価格は、600円と高価(初期は1,000円以上していたみたいですが)ですが、毎日利用するアプリケーションなので、奮発してみました。
Byline.jpg

Bylineの特徴としては、
・Googleリーダーとの完全同期
・オフラインで読み込む
というのが特徴で、「Googleリーダーを使っているヒト」にはかゆいところに手が届くものです。

ワタシは、今まで「NetNewsWire」を利用していたので、専用(正確な表現ではありませんが)のRSSサイトを利用していたのを、今回新規にGoogleリーダーを利用し始めました。
皆さんの使い方としては、Bylineでざっと目を通して気になる記事は☆をつけておいて、PCでGoogleリーダーを見るという使い方をされていますが、ワタシはRSSで読む記事はiPhone完結するので、特にGoogleリーダーは利用していません。
(RSSサイトの新規登録と、フォルダ管理のみ利用)
しかし、Google系の☆をつける機能はやはり便利で、一般のRSSリーダーは主に新着のみを見るので、気になった記事はあとで探さなければいけません。
コレは、☆をつけておくと、後でも見れるので、非常に便利です。
また、「NetNewsWire」は記事のみ保存するのに対して「Byline」は画像も保存することができ、地下などでの閲覧時にストレスが少ないです。
更に、リンク先(本文)も含めてダウンロードできる機能も、まだ利用していませんが便利そうです。

問題点としては、皆さんも挙げられていますが、「動作スピードが遅い」というトコロでしょうか?
記事の数(数件~30件程度)の読み込みで、2~3分かかることも珍しくありません。
まぁ、これはオンライン時に起動させてほっておけばいいので、大した問題ではありませんが。

あと、思いのほか便利だったのが、「メモ」を登録できるコトです。
GoogleReaderか、Bylineで記載したメモも同期できるので、チョットしたメモを残すのに、Gmail経由で行うよりも便利そうな感じです。

iPhoneのRSSリーダーはかなりの数が出ていますが、かなりハイスペックだと感じました。
今後のバージョンアップで速度面の向上は期待です。
(iPhone 3.0になれば、バックグラウンドで取得できるようになって、気にならなくなるかも??)
2009.03.24 ibisMail for iPhone
ibismail.jpg

さて、iPhone用の純正以外のメーラーとして初となる高機能メーラーとして登場し、
初期機能にあまりにも?不具合が多く色々問題になっていた「ibisMail」がバージョンアップしました。
修正コメントとして、「基本的な不具合は潰れた」とのコト。

とりあえず、ワタシの環境では軽く使ってみましたが、落ちる等の不具合は出ていません。

確かに、初期バージョンの性能は悪く、まだまだ問題は山積していそうですが、とりあえず開発元が頑張って修正している姿勢には好感を覚えます。
まだ、個人的にはメインのメーラーとしては利用できなさそう(バックグラウンドで受信ができるようになる、iPhone OS 3.0以降で利用すると思います。)だと思っていますが、暖かく見守りたいと思います。

iPhone OS 3.0では、純正メーラーも横表示可能になる、添付ファイル複数対応等バージョンアップが図られますので、是非とも「高機能メーラー」として成長していってほしいものです。
2009.03.23 ThunderbirdとGmailのアドレス帳を連携
さて、最近なかなか記事にするものがなくて・・・・。
久々の投稿です。

さて、ワタシはGmailを愛用しています。
既に、自分のプロバイダのメールは既に移行完了して、Gmailのみの利用です。
最近は、ブラウザ上でオフラインでも見れるようになり、ドンドン進化していってますね。
基本、Gmailはオンライン上で、ブラウザベースで利用するのが正しい姿なのでしょうが、
ワタシの場合は基本Thunderbirdにて利用しています。
(その他、iPhone等でも見ていますが、メインはThunderbird)

基本はThunderbirdにて利用しているので、アドレス帳などは、モチロンThunderbirdがメインです。
しかし、最近、ブラウザでもGmailを利用する機会が増え、なんとかGmailとThunderbirdでアドレスが同期できないか調べてみました。

すると、こんなものがありました。
ZindusLogo.jpg
ダウンロードはコチラ

Thunderbirdのアドレス帳と、Gmailの「連絡先」(コンタクトリストとも言うらしい)を同期してくれるもので、コレで、一発解決。

しかも、ワタシはThunderbirdを2つ利用していて、
1.個人用
2.仕事用
の2つのThunderbirdを利用しているのですが、それぞれの同期も双方にzindusをインストールすることでGmailを介して同期されます。
素晴らしい!!!。

あとは、iPhoneのアドレス帳とも同期してくれるといいんですが・・・・。

ますます、メールライフが快適になりそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。