--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、先日ウチのヨメさんが遂にiPhoneに乗り換えました。
もちろん、3GSの32GBモデル。

やっぱり、同じモノとはいえ、新品は羨ましいですね。
ヨメさんは毎日嬉々としてiPhoneと戯れています。

で、そんなコトはどうでもいい(?)のですが、今回iPhoneを契約(3月中旬)時に、
ソフトバンクの店員が「無線LANルーターを無料で提供しておりますが、如何ですか?」と
突然聞かれてビックリ!!。

無線LANルーターといえば、数千円はする品物。
「レンタルじゃなくて、「提供」ですか??」
「返さなくていいんですか??」
等、小市民的な質問を投げかけても
「差し上げます」
とのコトだったので、モチロン「お願いします」の一言。

で、その日は新しいヨメiPhoneの設定等にバタバタしてたので、スッカリルーターのことは
忘れてました。
で、「そういえば、ルーターっていつ来るんやろ??」と思ってたら2週間ほどした昨日、
突然ソフトバンクから郵送されてきました。

ウキウキしながら箱を開けてみると、
fonn.jpg

!!!!!!!!


「fonのルーターが入っていました」
箱が小さいので、もしかしたら「Airmac Expressでも入ってるんか!!!」と
喜んだだけに、チョット残念。

ご存知無い方もいらっしゃるかと思いますので、サラっとfonについて触れておきます。
「fon」(フォン)とは、カンタンに言うと「自分の無線LAN環境を提供するから、その代わり
他の人のfon無線LANにも入らして」というような「バーター」で無線LANを相互
に貸し借りするようなサービスです。
加入(昔はルーターは無償でしたが、今は有償)し、自宅のインターネット環境に
fonルーター(La Fonelaといいます)を接続すると、
[1]自分の家用のクローズ(いわゆる普通の無線LAN)
[2]他のfonela(fonユーザーのコト)
の2つの無線LANネットワークが出来きるというモノです。
モチロン、セキュリティー的には「ある程度」確保されているので一般利用には問題ないと思います。
(たぶん、きっと・・・・)

ワタシもfon日本上陸直後は期待して加入していたのですが、
やはり「自宅」に設置するので住宅地がメインで都市部ではなかなかスポットが見つからず、
そのうちiPhoneで3Gネットワークがドコでも使えるのでつい先週我が家の初代La Fonelaの
電源を落としたトコロだったので、ビックリしました。

Softbankとfon。いつの間に・・・。

まぁ、最近Softbankが「ソフトバンク電波改善宣言」を発表したトコロなので、チョット期待していますが、
コレでも配布されるルーターはきっとfonのルーターなのでしょうね。
そうすると、店舗等でもfonが広まっていけば、fonのサービスも「復活」するかもですね。
スポンサーサイト
さて、相変わらずiPadについて新しい情報も出ないしやることが無いので、
暇つぶしにワタシが購入した「iPad用キーボード」
ELECOM TK-FBP013とApple Wireless Keyboardを比べてみることにしました。

=====================================================================
※両機ともに、現時点ではiPadにて使えるという「保証」はありません。
=====================================================================


とまぁ、前置きはこれまでにして、モチロン接続相手のiPadが発売されていない以上、
サイズの比較のみです。

[1]全体を比べてみる
IMG_0598.jpg
 モチロン、ELECOM TK-FBP013の方が小さいですが、Apple Wireless Keyboardも
 ナカナカのものです。
 今回、持ち運び用にケースを探してみましたが、モチロンピッタリのサイズはなく、
 ELECOM TK-FBP013    : A5サイズ
 Apple Wireless Keyboard : B5サイズ
 の袋を購入しました。
 ただし、100均等で売られているものは、A5サイズと記載してあっても、
 入り口が狭くなっており、入らないものもあるので、購入時には
 実機を持ち込んでの選択をおススメします。
 (キーボード持ってウロウロするのは多少(?)恥ずかしいですが・・・・・)
 
[2]重ねてみる
 IMG_0599.jpg
 もう少し大小をわかりやすく比較するために、縦に重ねてみました。
 写真で見てみると、左端がピッタリくっついていないような感じですが、
 (ちゃんと重ねたかどうか、撮影時の記憶が曖昧です・・)
 その辺は「ご愛嬌」で・・・・・。

[3]高さを比べてみる
IMG_0600.jpg
横から見てみると、
IMG_0601.jpg

 高さは、ELECOM TK-FBP013の方が高いです。
 あと、ELECOM TK-FBP013はチルト機能もついており、更に高くなります。
Apple Wireless Keyboardは電池収納部分以外はホントに「板」なのがよくわかると思います。
 実際に手に取ると、ホント「アルミの板」という感じで、改めて感動です。

※番外編
 以前、レビュー時に「Let's Note Rシリーズのキーボードみたい」と書いてましたので、
 一応実証してみました。
 PCはワタシの愛機 Let's Note R4です。
 IMG_0602.jpg
IMG_0603.jpg

 ネ。一緒でしょ??
2010.03.27 ELECOM TK-FBP013
TK-FBP013BK_01.jpg

さて、先日iPad用(候補)Bluetoothキーボードについていくつか探してみましたが、
今日たまたま電気街へ行った際に、思わず衝動買いしてしまいました。

ELECOM TK-FBP013 デス。(詳細はコチラ

前回の紹介では特に特徴もなく「サラっと」紹介していただけだったのですが、
実際に手にとって見るとナカナカのもので、
肝心の打鍵感(?)もヨカッタので、思わず購入してしまいました。

購入に至ったポイントですが、
・電源
 単4電池2本なので、急な電池切れもOKです。
・Macモード
 コレが最大のポイントでした。
 Bluetoothキーボードは、Mac用のものは純正以外あまりなく、
 恐らくiPhone(対応されるあどうか未定ですが), iPad共に
 「Appleキーボード」がベースになってくるかと思いますので、
 Windowsのキーボードでは使えるかどうかが非常に不安でした。
 (同じHIDプロファイルだからOKかも知れませんが。)
 で、この製品については、[fn]キーと[f12]キーを押すと
 Windows, Macとそれぞれモードが変わるという仕様。
 動作対応機種にもMac OS X 10.5~10.5.8~10.6と最新まで
 対応しているので、コレならほぼ確実に繋がる!!
 ということで、人柱決定デス。

 ちなみに、Macモードにすると、このようになります。
macmode.jpg

・価格
 購入価格で5,250円と、まぁまぁの価格
・打ちやすさ
 キーボードとしては、パンタグラフ式のキーボードで、
 イメージとしては、Let's NoteのRシリーズに近い感じで
 普通より若干狭いですが「使えないことはない」という感じです。
 ワタシは既にAppleキーボードを購入しましたので、
 普段はAppleキーボード。
 外出用にElecomという感じでの使い分けを想定しています。
・色
 今回購入したのはブラックモデルです。
 ホワイトモデルもあります。
・イケてないところ
 電源スイッチが本体裏にあり、少し操作し辛いのが難点です。

あと、その他の機能としては、
相手先(PC,Mac,携帯)を最大9台登録でき、[Fn]+[F1]~[F9]で
切り替えることもできるので、複数台使用をお考えの方はいいのではないでしょうか?


とりあえず、iPad購入後に続編をお知らせします。

iPad発売日が発表されていないのに、既にキーボードが2本・・・・。
末恐ろしい・・・・。
昨日、仕事帰りにフラりと立ち寄ったお店で、SonyのPS3用キーボード「CECHZK1JP」が目に留まりました。
もしろん、知っている製品なのですが、ふと「コレってiPadで使えるんだろうか?」という疑問がフツフツと・・。

先日、Apple Wireless KeyboardをiPad用に購入したのですが、やはり普段持ち歩くには
やや大きい・・・・。
・・・という訳で、Bluetoothキーボード(小さなもの)を探してみました。

■ご注意
 そもそも、iPad(iPhone)にWindows,携帯用のBluetoothキーボードが繋がる・使えるかどうかは全くもって不明です。



■IXRON HID対応 bluetooth miniキーボード kb850
 KEY_01.jpg

 http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090228/ni_cmwire.html
 (メーカーサイトが見当たらない・・・・ もしや、もう無い??)
 小型のBluetoothキーボードです。
 ○良いところ
  サイズ
  短4電池×2
  安い(3,800円~4,980円程度)
  一応、Mac OS X対応となっているので、iPad(iPhone)で使える可能性アリ。
 ○悪いところ
  デザインが・・・・

■Sony CECHZK1JP
 Key02_.jpg

 http://www.jp.playstation.com/peripheral/ps3/
 PS3用のワイヤレスキーパッド
 Bluetooth接続なので、PCとは普通に接続できるとのコト。
 実は、大本命です。
 ○良いところ
  サイズ
  USBで充電可能
  安い(3,800円~4,980円程度)
  記号等の入力に、実は上部側面に「L、Rボタン」的なボタンがあり、
   それを押しながら入力するというのがもしかしたら便利カモ!!
   さすがにSony!!考えてますネ

 ○悪いところ
  PS3のコントローラにくっつけて使うタイプなので、単体での持ちやすさは?
  通常のキーボードよりキーが少ないので、足りないキーがあった場合にどうなる??

■ロジクール diNovo Mini
 key_03.jpg

 http://www.logicool.co.jp/index.cfm/keyboards/keyboard/devices/3848&cl=jp,ja
 発売時に話題になっていた製品ですね。
 ○良いところ
  カッコイイ
  フタ付き
 ○悪いところ
  充電が専用アダプタなのが劇的にマイナス
  たっ、、、高い。。。。。
  英語キーボードとして認識されそう(PCはパッチ[サポートソフト]アリ)

■リュウド Rboard for Keitai RBK-2100BTJ,RBK-2000BTII
 key_04.jpg

 http://www.reudo.co.jp/rboardk/rbk-2000bt2.html
 携帯可能なサイズなのに、折りたたんでフルサイズに近いので、
 長時間のタイピング等、非常に良さそう
 ○良いところ
  他の製品と違い、「折りたたみ」なので広げればかなり現実的なサイズになる。
  短4電池×2
 ○悪いところ
  スタンドは携帯用なので、iPhoneはイケそうですが、iPadは100%ムリでしょうね・・。

■ELECOM TK-FBP013
 key_05.jpg

 http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fbp013/
 PC用のミニキーボードですね
 ○良いところ
  普通のキーボードです。
 ○悪いところ
  チョット、持ち運びには大きいカモ?

■メーカー不明 BT-053KB
 key_06.jpg

 http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091226/etc_btkey.html
 とりあえず、コンパクトですね。
 ○良いところ
  PC用なので、Windowsキー等もあります。
  短4電池×2
  安い(3,980円)
 ○悪いところ
  デザイン

とりあえず、ざっとこんな感じですね。
個人的に、価格・性能から見て
 [1]RBK-2100BTJ
 [2]Sony CECHZK1JP
アタリを購入してしまいそうな感じです。

とはいえ、まずはiPadが発売されて、「人柱」(パイオニア)の方々に期待デス!!。

2010.03.23 Apple Wireless Keyboard
AppleKeyboard.jpg

さて、ナカナカ情報が出ない「iPad」ですね。
世の中では「買う」「買わない」等の論争やアンケート等も行われていますが、
ワタシは「購入決定」派です。

そんな中、毎日「新しい情報はないかな?」と日々様々なソースをチェックしているのですが、
ホント、情報が無いですね・・・。

だいたい、「4月末」っていつやねんっ!!!。
と日々悶々とした日々を過ごしている訳ですが、ついにガマンできずに
「Apple Wireless Keyboard」を購入してしまいました。

ワタシはWindowsのみの環境ですのでモチロン「iPad」専用です。
既に発表されている純正オプションでは、
「iPad Keyboard Dock」
がありますが、コレはどうみても「縦置き専用」なので、チョットNG。
世の中にBluetoothキーボードは多数ありますが、基本Windows用がほとんどで、
Apple用は数が少ない。

あとは、このデザイン、小ささ(普通の打鍵できる大きさ)で、やはりApple製品の
美しさ・カッコよさでAppleKeyboardにスグ決定。

問題は、「英語」「日本語」のどちらにしようかと悩みました。

選択肢としては、
[1]日本語キーボード
[2]英語キーボード
[3]両方
で悩みました(笑)

見た目的には、英語キーボードが圧倒的にカッコいいのですが、
・日本語・英語の切り替えキー
・¥等日本語特有のキー
・記号等のレイアウトの違い
で、今回は無難に日本語用キーボードをチョイスしました。
最後まで、「じゃぁ、両方買えばいいジャン」という悪魔の囁きに耐え忍びながらでしたが・・。

モチロン、上記に関しても「Macでは」解決方法は全て存在するのですが、
iPad(iPhone OS上)ではどうなるかわからなかったもので・・。
参考になったには、iPhoneでJailBreakすればBluetoothキーボードが使えるという
アプリがあるそうで、その説明の中で、OSが日本語環境で英語キーボードを使う際に
イチイチ切り替えが必要等の解説があったのも、重要なポイントでした。

iPadが発売された途端、「Apple Wireless Keyboard」が品薄になるのは
容易に予想される為、とりあえずは無難なモノを選択。
気に入らなければまた買えばいいんですから・・・(お金があったらネ・・)

あとは、iPhoneでもiPhone OS 3.2でBluetoothキーボードが使えるようになればいなぁ~。
(ホントに使うかどうかは微妙ですけど・・・)

iPadが「予想外」に使えるようであれば、自宅・職場用にもうひとつ買い足そうと妄想中です。
2010.03.05 PDA-STN2BK
main_PDA-STN2BK.jpg

iPhone, iPhod Touch用のスタンドです。
「デスクトップスタンド PDA-STN2BK」

詳細はコチラ

このスタンドは、iPhoneを縦でも横でも使うことができます。
商品詳細ページでは「動画再生に最適」とありますが、
少し高くなっており、動画を見るのに丁度いいポジションです。
確度調整等はありません。

実際、使ってみると、縦にしても横にしてもちょうどいい高さでナカナカお気に入りです。
また、ご覧のとおりシンプルなデザインですのでカバー付きのiPhoneでも使えるのが
いいトコロです。
強いて欠点を挙げるとすれば
・価格:購入時1,500円程度でしたが、もうチョット安く・・
・ケーブルが整理できない
 (製品紹介では背面の穴にケーブルを通して・・と書かれていますが、
  もうチョットケーブルを固定できる仕組みが欲しかった・・)
というぐらいですね。

見えない(見えにくい)トコロでは、底とiPhoneを引っ掛けるところに
それぞれゴムが貼り付けてあり、グリップしてくれます。

まぁ、使用感もなにも見た目でほぼ全てがわかる商品ですので・・・。
2010.03.02 AKI WORLDFLEXIBLE LOCK(LK-HW-001)
通勤用にマウンテンバイクに乗っています。
既に、1年ぐらい乗っていて1,000キロぐらい乗りましたが、やはり
「ママチャリ」とは性能と利便性で色々異なる点があります。

まず、購入時に驚いたのが「カギ付いてないん??」というトコロ。
これまで、U字ロックの小さいのをつけていましたが、最近こんなものを購入しました。

「AKI WORLDFLEXIBLE LOCK(LK-HW-001)」です。

コレは、自転車のブレーキの台座に固定するタイプのロックで、馬蹄状になっています。

取り付けはカンタンで、
[1]ブレーキを固定しているネジ(2本)を外す
[2][1]の位置にロックをつけ、付属のネジに交換して取り付ける
というカンタンなもので、工具も付属しているので誰でも10分もあれば
十分に取り付け可能でしょう。
台座も多少幅、左右にアジャストできる余裕があり、対象車種も幅広いのではと思います。

■取り付けてロックしたらこんな感じになります。
IMG_0539.jpg
IMG_0540.jpg

■走行時はこのように本体にロック用のピン(?)が出ていますので、そこにロックします。
IMG_0541.jpg

■カギ部分にはフタがあり、防塵、防水効果がありそうです。
IMG_0542.jpg

使用感はナカナカ良好で、MTB系では走行時に「カギをドコに置こうか?」と悩んでいたので
非常にいい感じです。
思ったより、カッコ悪くもならないですし・・・・。
とりあえず、「普段のカギ」としてはいいのではないでしょうか?
あと、今回はリア側に取り付けましたが、フロント側でも取り付けできる(たぶん出来ます。)のは
ポイント高いのではないでしょうか?
2010.03.01 Phone Finder
先日、iPhoneを紛失してしまいました・・・。
幸い、気づいたのがスグで、30分以内に手元に戻ってきましたので
事なきを得ましたが、私にとってiPhoneは既に「最重要」の部類に入るガジェットで
大半の情報はGoogle様に保管(管理?)して頂いているのですが、無くなる(壊れる)と
翌日には自腹で購入しないといけないという事実には変わりありません。

そんなタイムリーな瞬間に「Phone Finder」というアプリを見つけましたので、
「即購入」してしまいました。
※色々条件があるアプリなので、最後までお読みになられることをおススメします。

かなり前からAppleから「Mobile Me」というサービスがあり、
・iPhoneの位置をメールで取得できる
・iPhoneにロックを掛けることができる
・iPhoneを初期化できる
というほぼカンペキなサービスなのですが、なにせ年間9,800円という金額が高い・・・。
しかも、今はMacユーザーでないのでメリットもあまり無い・・・
(Mobile Me自体が元々はストレージサービスで、Macとの親和性がスゴイサービスですので・・・・)

なので、同等(?)と思われる「Phone Finder」を購入してみたのですが・・・・・。

■できること
 ・iPhoneの位置をメールで取得できる

■手順(初期設定)
 [1]【iPhone】「Phone Finder」を起動
 [2]【iPhone】[Settings]を押して、「Email」「Password」を入れます。
   ※ここで入れるメールアドレス宛にメールが届くので間違えないように。
   ※パスワードはメールのパスワードではなく、以降の手順で
    サイトにて入力するものなので、お好きなパスワード&覚えておきましょう。

■手順(実際に使う)
 [3]【PC】Phone Finderのページへ行きます
 [4]【PC】Find Pageをクリックすると、次の画面になりますので、入力します。
  ※このEmailとPasswordが[2]で登録したものと一致しておく必要があります。
  ※文章は、日本語だと上手く送信できない場合がありました。
   (できた場合もあります・・・原因は不明です)
   メールが届かなく、エラーも出ないので予め考えている文面でテストしておきましょう。!!
pf001.jpg

 [5]【PC】上手く送信できると、次の画面になり、iPhone側にメッセージが届きます。
pf002.jpg

 [6]【iPhone】このような感じでメッセージが届きます。
  ※入力イメージとメッセージが異なるのはワタシの手抜きです。
   モチロン、入力したメッセージが届きますのでご心配なく・・・。
IMG_0543.png

 [7]【PC】設定していたメールにメールが届きます。
   このメールの「Click to View On Map」をクリックすると、iPhoneがある場所の地図が表示されます。
pf003.jpg

■注意
 ここまでを「普通」に読むと「神」アプリなのですが、実は
 上記のようにスムーズに「落としたiPhoneの場所がわかる」訳ではありません。
 下記のような「キビシー」条件があります。


■条件
 ・iPhoneでPhone Finderに対して「通知(プッシュ通信)」「位置情報の通知」が許可されていること
 ・iPhoneにパスコードが掛かっていないこと
 ・[6]の画面で[表示]が押されること。
([閉じる]が選択された場合には、Phone Finderが起動されることが条件になります)

■実際
 ワタシはiPhoneはロックするようにして利用しているので、
 使えないコトが判明しました・・・・・
 恐らく、これらの条件はほぼiPhone側(SDK側)の「制限」により
 起こっているとは思うのですが、「実用的」とは言いがたい状態です。
 SDKの制限が解除されるかなんらかの工夫で自動で位置が通知されるかの
 どちらかが実現されるまでは「待ち」のアプリになってしまいました・・・。

「残念・・・・・」
「惜しい・・・・・」
「アト一歩!!!!」

「ガンバレ、Phone Finder!!」
「ワタシの210円が無駄にならないように・・・」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。