--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.20 PLANEX MZK-NAS02SG
NAS
ワタシのメインマシンを昨年リニューアル。
遂に、憧れのMacbookProに変更になった。
しかも、超速SSDモデル。

日々、快適なPCライフを過ごしています。

以前までは自作のWindows機を利用しており、PCのマザーボードのRAID機能+
HDDを5台利用で3TB程度のデータ(ほとんどが動画・・・)の利用状況でした。

ただ、新しい愛機MacbookはSSD。
SSDとしては大容量の256GBですが、3TBの容量の前ではまったく歯がたたない・・・。
なので、過去のデータを見るときだけ、旧愛機を起動してネットワーク越しに参照する毎日。

そして、遂にNASの導入を決意した次第です。

そもそも、NASに大しての知識もゼロ状態からの商品選び。
とりあえず候補としてスグに上がってきたのが、
IO-DATAのLANDISK HDL-XR8.0
ネット上で7~80,000万程度の品。
で、暫く悩みつつ、調べていくと、どうも今この手の商品でイチバン熱いのが
「QNAP」社の製品。
で、調べると、
TS-659 Pro+
TS-559 Pro+
TS-459 Pro+
TS-439 Pro II+
TS-439 Pro II
あたりにターゲットを選定。
この時点でスッカリIO-DATA,BUFFALO等は候補から外れます。
だって、HDDが自分で交換できないって・・・・。
(できないことはないみたいですが、色々面倒そうなので・・・・・)
で、その間に「Drobo FS」にも浮気しそうになり、色々悩みました。
だいたい、1ヶ月ぐらい悩みました・・・。
こんなに悩んだのは初めて。

で、「Drobo FS」はかなり魅力的だったのは、
・異なるHDDを追加しても普通に認識してくれる
・デザインがカッコイイ
ところだったのですが、ネット上でいろいろ調べてみると、
追加ソフトウェアの品質がイマイチとのこと・・・。
しかも、かなり特殊な製品のようで、なにかあった場合は個人レベルでは手が出せないようで・・・。

ということで、「無難」に「QNAP」社の製品にすることに。

そこから更に悩みは深くなり、
今、HDDの個人向け製品の最大容量は「3TB」が最大。
ただ、この3TBが曲者で、古いPC、OS等(ワタシのこれまでの常識の環境)では、認識できない状態。
32ビット環境メインで2TB以上の容量が認識できない・・という。
これを克服する為には、HDDをフォーマットする「ファイルシステム」を新しくしないといけなく、
また色々ややこしい。

で結論は、従来機器との整合性と、まだ1台15,000円程度する3TBは諦め、
2TBでいくことに。
QNAP社の製品は基本的に「ファームウェア等はすべて同じ」が原則のようで、
少々古いものでも最新のFWにすることでソフト的には同じになるということなので、
そろそろ出る(か、もうでてる?)FWで3TB対応もされることでしょう。

で、次はHDDの搭載台数。
4,5,6台で悩みましたが、予算等の都合で結局4台構成に。
そもそも、RAID5でしか組めない(金銭的に)ので、
5,6台と増やすことで、HDDの故障率
(RAID5の場合(・・というかRAID全般)は、基本的にHDDの台数が増えると、故障率は上がります。
 まぁ、当然なはなしで5台あれば、そのうち1台が故障する確率は高くなる。
 6台になれば更に・・・・という訳)
が上がるということを「とりあえずイッパイ欲しい」という物欲をねじ伏せ、4台構成に。

となると、
TS-459 Pro+
TS-439 Pro II+
TS-439 Pro II
が最終候補に。

次はCPU。
基本的(というかほぼ)この3種の性能はCPU以外は同じ。
最新の「TS-459 Pro+」のみが「デュアルコアCPU」と、NAS初心者のクセに
「ハイスペック好き」の血が騒ぎます。
しかも、前述のとおりQNAP社の製品はFWが長く提供されそうですので、
できるだけ「土台」は良いものの方がいいのは必然。
ですが、
TS-459 Pro+ : 67,800円
TS-439 Pro II+ : 94,800円
と、27,000円程度の価格差。
コレって、安いHDD4台ぶんの差。

とりあえず、主な利用はファイルサーバーとしてですので、
「グッと我慢」して、TS-439 Pro II+に決定。
スペックを調べても、読み込みはほぼ同等で、書き込みが10%程しか違わないので・・。

と、ここまで約2ヶ月ぐらい悩みぬき、遂に「TS-439 Pro II+」をポチっと購入。

4562193457192l.jpg


・・・と前置きが死ぬほど長かったのですが、ようやくNAS本体が決定。

で、この記事のタイトルへと向かうにはもう少し寄り道を。

次はHDDの選定になります。
まぁ、高いほど良いものはあるのですが、
2TBでは現在WD20EARS (2TB SATA300)がイチバン人気のようですが、
QNAP社のWEB上で「非推奨品」となっているではありませんか・・・・。
これまで、HDDを購入するのは安いを基準にしていたワタシからすると、かなり衝撃な情報。
やはり、HDDも1個の製品である以上、各社かなりの「個性」があるようです。

で、またまたHDD選定のラビリンスに突入。
しかし、今回は基準が割と明確で、
・パフォーマンスより省エネ、省発熱で回転数は5,400~5,900
・容量は当然2TB
・QNAP社の動作確認HDDに掲載されている商品

ということで、アッサリ
[1]SEAGATE
 ST32000542AS (2TB SATA300 5900)
  5,900回転

[2]Samsung
 HD204UI [2TB SATA300 5400]
 5,400回転

の2つに候補を決定。

で、今日早速買いに行きました。
HDDの場合、初期不良等もあるだろうということで、基本的には近くのショップで購入することに
しているので、大阪 日本橋に突撃。

で、アッサリ「ST32000542AS」×4を購入。

でここからが本題。
既存環境の1.5TB×3が余ってしまうので、HDDケースを物色。
希望としては、1つは既に用途が決まっているので、残りの1.5TB×2を
「NASデータの中でも更に重要なものをバックアップする用」
として、利用する為に、
RAID0 or 1対応ケース(まぁ、バックアップ用なんで、今回は容量を考えRAID1かな?)
を物色。
すると、だいたい価格は5,000円程度。
中には、独自の技術で2つのHDDを1つのように見せかけて使えるものもありますが、
今回はおとなしくRAID対応を探していると、7~8,000円程度。
USB3,0等「先端」スペックを備えると10,000円が見えてきてかなり悩む。
そんななか、ふと「PLANEX MZK-NAS02SG」が目に止まりました。
お値段10,780円と、チョット高め(実際帰って調べてみると、実売9,000円程度)
でしたが、とりあえずRAID対応のNASとしては思いがけないお値段で思わず購入。

帰ってからググッてみると、評判はあまり宜しくない様子。
まぁ、主に利用する訳ではないので、とりあえずはヨシとします。

4941250163175_L1.jpg


・・・とまぁ、なんか「NAS内蔵用のHDDを購入しに行って、別のNASも一緒に購入」という
意味不明な行動をとりつつ、家に帰宅。

メインNAS(なんだこの単語・・)である「TS-439 Pro II+」が届いていないので、
既存環境からの移植もできてないので、HDDが余ってない。
ということで、今はまだ「箱」だけの「PLANEX MZK-NAS02SG」。

とりあえず、環境ができたらスグに使えるようにと箱を開けてみます。
すると、見た目的には白くて結構いい感じ。
最近、この手の製品を購入した場合の「お約束」になりつつある
「デカイACアダプタ」だったのはチョット残念ですが、10,000円程度でこの品質は大満足です。
なんと定価は\34,800。
あんまり売れなかったんでしょうね。。。。。

で、とりあえずHDDのないNASを電源投入。LANに接続。
で、製品に載ってあるIPアドレスから設定画面へ移行としても、接続されない。
仕方がないんで、PLANEX HPからツールをダウンロードしてみると、アッサリみつかり、
IPアドレスを自動付与にして、自宅ルーター側でMACアドレス指定でIPを固定化。

ファームウェアを最新版に更新しただけで、本日の検証は終了。
もちろん、今日できることはこれだけなんで、電源もOFFに。

以下、ファーストインプレッションです。
(10,000円程度で購入できるNASとしてが大前提)

○外見
 ・とりあえず満足(白くツヤツヤした箱)
 ・ACアダプタがチョットデカイ(やっぱり、電源内蔵がいいなぁ~。)
 ・使わないであろう、以下のライセンスをゲット
  (1)動画万能(動画変換・保存ソフト)※Windows7では使えない
  (2)携帯万能Lite(携帯メモリ編集ソフト?)
  (3)POWER ERASER 抹消プロ(データ完全抹消ソフト)
   ※コレはもしかしたら使えるのでは???
しかし、なんでNAS買って携帯や動画の編集ソフトが手に入るんだろうと思ったら、
  全部PLANEXの製品なんですね。
  体験版付けて製品価値UP & ソフトも買ってね!という感じなのでしょう。
 ・付属のLANケーブルは50cm程度とチョット短すぎ。
 ・設定画面はまぁ普通。
 ・POWER ERASER 抹消プロはもしかしたら使えるかとおもったのですが、
  付属CDには収録されていない。
  製品HPで調べても見つからない・・・・。
  どうやったら使えるんだろう??
 ・動作音はまぁ普通。となりに置くと少し気になるが、まぁNASなんで
  離れたところに設置するので問題なし。
 ・初期状態のタイムゾーン設定が日本じゃなかった・・。こんなの初めて見た・・。
 ・シャットダウンするときの「ビープ音」が笑えるぐらいショボい・・・。
 


あとは、設定してから再度レビューします。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。