--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.15 TEIN スーパーコンパクト
さて、またまたキューブ キュービックのパーツです。

今回購入したのは「TEIN スーパーコンパクト」(GSP32-G1AS3)です。
いわゆる「車高調」ですね。

今回は、予算的にだいぶ苦しく、ローダウンスプリングだけにしようかと思ったのですが、どうせ気に入らなくなって買い換えるのも目に見えていたので、思い切って車高調にしました。
で、対象だったのが、
[1]HKS C-Compact
[2]テイン スーパーコンパクト
の2種類です。

今回は、アッパーマウント付きにしようと思い、イロイロ探していましたが、主なものがこの2種類でした。HKSのC-Compactはネット価格100,800 円でした。
TEINの方は、アッパーマウント付の方が120,000~130,000円ぐらいの値段だったのですが、ワタシが普段利用している通販のショップに見積もりを出してみると、なんと「101,220円」とほぼ同じ値段で購入できることが判明(だたし、JCBカードが使えなくてリボ払いができませんでした・・・・)
で、とりあえず思い切ってTEINを購入。
※リアは、純正アッパーマウント等の部品を移植する必要があります。
DSC00042.jpg


購入のポイントは、前後共に16段階の減衰力調整ができるコトでした。
以前も、TEINの車高調はつけていたのですが、この減衰力調整が意外と便利です。
ある程度なら、乗り心地を調整できるので、購入後も調整が利くからです。

キットに含まれているのは、上記写真プラス
・防錆スプレー
・車高調整レンチ
・減衰力調整レンチ(?)
が含まれていました。

しかし、購入時にも惹かれましたがこの「巨大なアッパーマウント」
DSC00045.jpg

DSC00046.jpg


アッパーマウントレスと比べて2~3万高いので、「いい仕事」してくれるでしょう。(・・きっと)
(ベーシックコンパクトとスーパーコンパクトの違いは、アッパーマウント+減衰力調整の有無です)

あとは、チョット心配だったのがリアの減衰力調整でしたが、モチロンリア側もしっかりと調整できます。
取り付け後にどうやって調整できるのかが不明ですが・・・。
(イチイチ、ホイール外さないとダメならツラいですが・・・・)

とりあえずは、基準値で取り付けてみようと思います。
また、クルマが到着したら、記事UPしたいと思います。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/240-2e581324

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。