--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.19 WMWifiRouterの設定
さて、iPod Touchの専用無線LANルーター?「S11HT」
として大活躍するためのソフトウェア「WMWifiRouter」ですが、意外に詳細な使い方が記載してあるサイトが少ないので、わかる範囲で記載してみました。

20080401_15.jpg


ご参考になれば。

※基本的に、内容は管理人が意訳、使った感じで記載しています。
 また、どうしても分からない設定などもありましたので、その点はご勘弁を・・・・。

■WMWifiRouterの設定
【】内は初期値です。

Crash cleanup:最後に動作(接続できた?)したときの設定に復旧させるモードです。
       動作がおかしくなった時にするリセット処理のようなもの
       接続できない時に実行すると、良いようです。
       
       以下、実行手順です。
       [1]ソフトリセット(WindowsMobile)
       [2]WMWifiRouterを実行
       [3]Crash cleanupを実行
       [4]ソフトリセット(WindowsMobile)
       ※実際にはソフトリセットは必要ないと思いますが、
        WMWifiRouterのサイトでは上記の手順になっていました。
       
Configuration:各種設定
Auto start:【OFF】有効にすると、WMWifiRouterを起動させた時に、自動で接続するようになります。
Auto quit:【ON】ICSが終了したときに、通信を終了するモードです。
       使用中に突然つながらなくなるようでしたら、ここをOFFにしてみましょう。
Auto reconnect:【ON】接続が切れた場合に自動で再接続を行います。
        初めての設定の際はココがONになっていると、設定間違いの際に
        無限ループに陥りますので、設定が完了するまではOFFがおススメです。
Force ad-hoc only:【ON】adhoc(アドホック)接続モードの切り替え
          通常はONでOKですが、OFFにするとどうなる???
          情報ありましたらお願いします。
Wifi power boost:【ON】無線LANの電波強度を上げるモードです。
          本体(WindowsMobile)と離して使う場合にはONにしましょう。
          ただし、バッテリー消費は激しくなります。
Restart wifi on connect:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Unattended mode:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Use DHCP allocator:【ON】???情報ありましたらお願いします。
DMZ:【ON】???情報ありましたらお願いします。
Port Mappings...ポートマッピング(割り当て)の指定を行います。
        特定のIPからの接続時にポートを割り当てることができますが、
        WMWifiRouterの使い方からして、通常は利用しないでしょう。
        ポート指定があるアプリケーション(オンラインゲーム、P2Pソフト等)
        を使用する場合等に設定を行います。
Network setup...WiFiルーターとして外部に公開される名称等を設定します。
Network Name:WiFiで接続される際に表示されるルーター名です。
      接続されにくい?名称にしましょう。
Security:暗号化を利用するかの設定です。
     Noneだと誰でも接続できてしまうので、WEPにして
     何か設定しましょう。
     通常の無線LANルーターのように長い文字列を設定する
     必要はありません。
     ワタシの場合、数字5桁でOKでした。
Passphase:Securityが「WEP」に設定されている場合の暗号キーです。
     (パスワード)
Key index:特に設定する必要はありません。
     接続機器側の指定でチャンネル(インデックス)の指定が
     ある場合に設定しましょう。
IP block:【192.168.3.x】:接続された機器に割り当てられるIPアドレスの種類です。
              特に変更の必要はないと思います。
              デフォルトだと、192.168.3.64等のIPアドレスが割り当てられます。
Cellular connection:【EMnet】接続先の設定です。EMnet未加入者はembにしましょう。
DHCP status...現在接続されている機器の一覧を見ることができます。
       不正に接続されていないか等、ときどきチェックすると良いでしょう。
Statistics..
Show log..ログを見ることができます。エラーの際などは確認してみましょう。
About...バージョン番号などを見ることができます。またここで自分のライセンスキーなども
    確認することができます。
License...使用許諾の内容を確認することができます。
Quit...終了します。

■とりあえず使うには・・・
 次の設定のみ変更すればとりあえず使えます。
 しかし、設定を間違えていると、自動再接続がループしますので、
 [Configuration]→[Auto reconnect]→[OFF]
 にして試されることをおススメします。

 [1]EMnet加入者
  何もしなくてもとりあえずつながります。
 [2]EMnet未加入者
  [Configuration]→[Cellular connection]→[emb]
 
■おススメ設定
 [1]Network setup
暗号化と名称変更ぐらいはしておきましょう。
 [2]Auto start
設定が安定したらONにしましょう。
  起動するだけで接続されます。
 [3]Wifi power boost
使い方にもよりますが、WindowsMobile機のスグ近くで使われる場合が
  多い方は、OFFにすることで、電池の持ちが良くなります。
  ただ、ときどき接続が切れてしまう場合があるようですので、その辺は臨機応変に。

■注意事項
 最新版にバージョンアップする際は、最新のcabファイルを入手して実行すればOKです。
 古いバージョンを自動的にアンインストールして、最新版がインストールされます。
 ただ、すべての設定が初期状態になり、再度ライセンスキーの入力も必要になりますので、注意しましょう。
 
では、快適な「移動無線LANルーターライフ」を!!!。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/274-236a5b80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。