--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.14 TMR-BT8iP VS SBT01【通信編】
kime.gif


さて、ようやくiPhone用Bluetoothアダプタ「TMR-BT8iP」の真価を見ることができます。
SBT01との比較で、実際に通信品質についてです。

おさらいですが、ワタシの通勤ルートは、自転車で約40分(バイクで15分)程度のコースで、
コースの90%近くが両側3車線もある国道に沿って行くルートになります。
途中、大阪一の繁華街「梅田」を通過するので、電波的にはかなり厳しいルートです。

ペアリングはモトローラS9と行っています。

「TMR-BT8iP」非常に良好です。
途中、0.5秒ぐらいの音とびが2回、0.5秒×3回ぐらいの連続の音とび×3回ぐらい
で辿り着きました。
正直、「TMR-BT8iP」が初めてのBluetoothアダプタとして利用したとすれば、
「Bluetoothって結構音とびするな・・・」とマイナス評価なのでしょうが、
SBT01の「行程の50%以上音とび」からすると、劇的な変化だといえます。

前回の【サイズ、使い勝手編】では、SBT01に軍配があがりましたが、実際の通信品質では
TMR-BT8iPの圧勝です。
しかし、Bluetoothアダプタの製品で、こんなに性能に差があるものなのですね・・。
一般人からすると、無線機器を購入してこれだけの音とびが発生するモノなら

「返品沙汰」
        

だと思うのですが・・・・。
また、Bluetooth関連の製品はまだまだ高価ですので、購入して失敗した際のダメージも大きく、「Bluetoothのトラウマ」として今後のBluetoothの発展に大きな影を落としそうです。

とりあえず、ワタシの判定では
「SBT01」は屋外では使えない。
(・・・て、Bluetoothって基本的に屋外で使うモノじゃなかったでしたっけ???)

あと、今日は電車で長距離を移動する機会がありますので、そちらのレポートも後日UPしたいと思います。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/324-ffd5ab23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。