--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.20 ポータブルUSB電源
さて、iPhone 3G, iPhone 3GSと、iPhoneを使い始めはや1年余り・・。
すっかり「生活の一部」となり、もはや「体の一部」デス・・・・。
そんなiPhoneなので、常に電池の残量が気になります。
実際、一日中使おうとすると、電池が持ちませんので、予備バッテリーの携行は必須となっています。

ワタシが現在愛用している予備バッテリーは、
「eneloop mobile booster KBC-L2S」で、満足しているのですが、
今度は、この「KBC-L2S」の電池残量が気になるという状態で、もはや
「電池残量恐怖症」ともいえる状態です。
あと、最近は携帯電話(仕事用のau)やその他のデバイス(Bluetooth ヘッドセット)、PSPやNintendo DS等、充電が必要なデバイス対して「USB充電」できる環境で、
「コンセント」よりも「USB」の方が必須な環境です。

で、またまた「充電グッズ」を購入しました。

ts202-01.jpg

今回購入したのは、
iPhone 3G充電用 ポータブルUSB電源 WH
というものです。(商品名はあまり良くないですが・・・・)

価格は、ヨドバシカメラで980円。
乾電池が4本付属していてこの値段はナカナカのものです。

現在愛用している「KBC-L2S」との比較です。

まずは、サイズの比較
IMG_0377.jpg
IMG_0378.jpg

と、体積的に若干「KBC-L2S」の方が小さいですね。

とりあえずその他の比較です。

■iPhone 3G充電用 ポータブルUSB電源
 ×USB端子は1つ
 ○乾電池が使えるので、イザというときに電池が使える
 ○公称では「充電容量:1700mAh」と少ない(KBC-L2Sは5,000mAh)ですが、
   コレはあくまで普通の乾電池ですので、eneloop等を4本セットすれば
   KBC-L2Sを超える容量になりそうです。
  (検索すると、eneloop単三型は1本2,000mAh(正規の情報ではない)とありますので、
  単純計算で、2,000mAh×4=8,000mAhとはならないとは思いますが、
  ソコソコの容量にはなるでしょう)
 ×充電は別途機器が必要(乾電池以外での運用時は、荷物が1つ増えてしまう・・)

■KBC-L2S
 ○USB端子が2つ(※iPhone使用時は実質1つしか使えないのですが・・)
 ○コンパクト
 ○単体で充電ができる
 ×値段が高価
  (iPhone 3G充電用 ポータブルUSB電源は乾電池付属のみなので、若干アンフェアですが。)
 ○ストラップホール付き(iPhone 3G充電用 ポータブルUSB電源はナシ)
  ※まぁ、必要ないとは思いますが、一応・・・・。

とまぁ、あとは個人的な利用スタイルで、
 常に回りにUSB環境があるヒト:KBC-L2S
 それ以外 :iPhone 3G充電用 ポータブルUSB電源
(KBC-L2Sの残量が気になって仕方ないというヒト・・・・・)
というような感じでどちらを使うか選択できますね。

それにしても、iPhoneも日本上陸から2年もしないウチに、スゴイ普及率ですね。
単体(iPod用も兼用できますが・・)の携帯電話に対してコレだけ
サプライが増えているのはスゴイことだと思います。

昨日、ヨドバシカメラへ行ったときも、iPhone用のケース、充電グッツ等の特設コーナーがあり、
10名程度のヒトが物色していました。
iPhoneユーザーとしては、この活気は好ましい限りです。

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/373-67c3533a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。