--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.01 ELECOM TK-FBP013をiPadで使ってみた
TK-FBP013BK_01.jpg

さて、iPadが我が家に到着し、狂喜乱舞の日々が続いており、以前から「iPad用」に購入した
Bluetoothキーボード「ELECOM TK-FBP013」を試すのをスッカリ忘れていました・・・・。

今回、iPad用のキーボードとして、
[1]ELECOM TK-FBP013
[2]Apple WirelessKeyboard(JP)
の2種類を準備していたのですが、まずは「ELECOM TK-FBP013」から。

先に結果を書くと「使えません・・・・」
(※解決策はあるかも知れません)

接続は通常のBluetoothキーボード同様、
[1]iPadでBluetoothの設定画面を開く
[2]TK-FBP013背面にあるConnectボタンを押す
[3]TK-FBP013の[Fn]+[F1](複数台認識できるので[F1]は状況に応じて選択)
[4]iPadに表示される数字をTK-FBP013にて打ち込む
だけで、サクッと認識しました。

さて、ココからが問題。
本製品は英語キーボードとして認識されるようです。
半角・全角の切り替えは[Win]+[Space]で認識されることは確認したのですが、
記号(\[]/....等)がキートップの印字と合わない・・。
本機には[Windows/Mac]とモードを切り替える機能もあるのですが、
それでもおんなじ。

とりあえず、本機を「日本語キーボード」として
iPadに認識させる方法を見つけないと、完全には使えなさそうです。
(日本語キーボードを英語環境でお使いの方には問題ないかも知れませんが。)

とりあえず、「サクッと完全に使えるものではない」ということだけが今日の収穫でした。
2010.6.3 追記
 どうも、記号が正しく打てない原因は、
 キーボードが「ASCII配列」で認識されるという現象らしいです。
 まだ、解決策は見つかっていません。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/407-ab9fd3a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。