--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AppleKeyboard.jpg

さて、先ほどの「ELECOM TK-FBP013」は微妙な結果に終わってしまいました。
続いては大本命「Apple Wireless Keyboard」です。

モチロン「純正品」だけあって、カンペキに動作します。

接続までの手順は
[1]iPadのBluetooth設定画面を出す
[2]Apple Wireless Keyboardの電源をON
[3]iPadに表示される数字をApple Wireless Keyboardにて打ち込む
というカンタン手順。

キーはすべて動作します。
驚くべきが、
・輝度調整
・音量調整(ミュートも可)
・イジェクトキー(iPad上でソフトウェアキーボードが表示されます)
までもがカンペキに動作します。

さすが「Apple」
非常にイケてます。
日本語変換も、[英数][かな]キーを押すだけとほぼストレスが無い環境。

「素晴しぃ!!」

あと、使ってみて驚いたのが、
[command]+[c]等のコピー、ペーストが普通に使えたコトです。
コレは便利!!。

ただ、日本語変換はチョット微妙。
変換候補が複数出る場合に、iPad上の画面に候補が出るのですが、それがキーボードでは選べない。
あと、変換対象の範囲を変更する方法も不明・・。
レスポンスが悪いのか、速めに打ち込んで変換すると、付いてこない場合がありました。
あと、今までiPhoneを使っていても、あまり長文を打ち込むことが無かったので気づかなかったのですが、
iPhone OSの日本語辞書はあまり賢くないんですね・・・。
ワタシは昔からPCを使っているので、今のATOK等「長文を入力して一気に変換」という
打ち方が身についておらず、基本的には一語単位で入力、変換をする癖がついています。
その場合、iPhone OSではある程度長文を入れるとソコソコの候補が表示されるのですが、
「単語」レベルで入力していくと、結構表示されない単語が多いことに気がつきました。

できれば、ATOK等がiPhone,iPadに対応してくれればいいのですが、
OSに近いトコロの機能なので実現(APPLEが許可するか)は難しいのでしょうね・・。

今後に期待デス!!。
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://alchemist009.blog51.fc2.com/tb.php/408-d1f82232

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。